My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 07日

NEW! 最近の記事




056.gif056.gif056.gif・・・・・magnifika2 に続く056.gif056.gif056.gif
第2巻ものぞいていただけたら嬉しいです。

[PR]

# by magnifika | 2016-05-07 00:11 | 投稿インデックス/Post Index
2013年 08月 21日

アラスカ ミスティ・フィヨルド  Misty Fjord, Alaska

056.gif次の記事 The following post: アラスカ ジュノーの町中で  Downtown Juneau, Alaska



6月22日(金) 日の出 05:14  日の入り 22:42 
Thu. June 21 Sunrise 05:14 Sunset 22:42

e0140365_18422541.jpg



e0140365_1844635.jpg



e0140365_18474347.jpg



e0140365_1848145.jpg



e0140365_18483455.jpg



e0140365_1850484.jpg



e0140365_18504064.jpg



e0140365_18511831.jpg



ミスティ・フィヨルドに行くには:
e0140365_1853324.jpg



e0140365_18534237.jpg


ASUKA II は今回寄港せず通過したケチカン/Ketchikan with cruise ships, which our ASUKA II just passed this time
e0140365_1911551.jpg


オランダ・アメリカ・ラインの「ザーンダム」6.1万トン
いつぞやサグネイフィヨルドについてお世話になったオランダ・アメリカ客船社の人気キャプテンCap. Albert Schooderbeek(アルバート シューダ-ビーク船長)はひょっとしてこの船に乗っておいでかしら。

Zaandom of Holland America Line 61000 t.at Ketchikan
e0140365_1915771.jpg


セレブリティ・クルーズの「センチュリィ」7万トン 左
Century of Clebrity Cruise 70000 t. at Ketchikan Left
e0140365_1925267.jpg


この日も明るく長~い夜/Another long and bright night
23:00
e0140365_19144461.jpg


e0140365_19153952.jpg


「北のヨセミテ」と言われる広大なミスティ・フィヨルド国定公園の中にあるミスティ・フィヨルドは、雨の多い地形でいつも霧にまかれている.「ミスティ・フィヨルド」と呼ばれるようになった所以である。正式には「国定天然記念物」に指定。

海面から900mの高さにそびえる岩壁は壮観な自然の創造物。約5~7千万年前に出来たのだろうとのこと。雪解け時なのであちこちの岩の割れ目を水流が走りダイナミックな滝になって海面に流れ落ちる。

森林が水辺を覆っているので多様な動物たちが見られると聞いていた。ホテルマネージャーの川上さんが乗客のために双眼鏡で熱心にブラウンベアを探してくれたが今日は熊も休暇なのだろう。現れることもなくちょっとがっかり。このフィヨルドへのアクセスは3方法。
1) これから通るケチカンから60kmをカヤックでくる
2) クルーズ船に乗る
3) ケチカンかジュノーで観光用飛行機を使う。

アラスカはまだまだ興味をそそられる地です。

Excerpt from Wikipedia about Misty Fjord;
The area is called "The Yosemite of the North" for its similar geology. Light-colored granite, about 50 to 70 million years old has been sculpted by glaciers that gouged deep U-shaped troughs throughout the monument. Many of the glacial valleys are filled with sea water and are called "canals", but they are not man-made in any way; the walls of these valleys are near-vertical and often rise 2,000 to 3,000 feet (600 to 900 m) above sea level, and drop 1,000 feet (300 m) below it.
[PR]

# by magnifika | 2013-08-21 10:36 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 19日

あっ、白頭ワシ! Look! A Bald Eagle!

6月21日(木) 日の出 05:11  日の入り 22:04 気温18℃ 水温15℃
Thu. June 21 Sunrise 05:00 Sunset 22:04 Temp. 18℃ Water temp. 15℃

e0140365_122455.jpg


e0140365_132136.jpg


A pair
e0140365_195067.jpg


木のてっぺんの白い点が彼らの巣/A white dot of the tree top is their home
e0140365_17589.jpg


22:00 今日は久々にディスコにも行って、よく眠れそう…おやすみなさい!
      After disco-dancing, another good day has closed. Good night, Alaska!
e0140365_1184565.jpg


アメリカインディアンのほとんどの部族がハクトウワシを聖なる生き物とみなす文化を持つという。またアメリカ合衆国の国章の中心デザインもハクトウワシである。

友人と船内のすし店「海彦」で食事をしていると、対岸の樹上から大きな鳥がすぐ目の前を飛翔してゆく。思わずその雄姿に食事も忘れて見入る。その美しい飛翔を実際目のあたりにして、これはなるほど一国の国章にふさわしいと感じ入る。ハクトウワシは同じパートナーと生涯沿うて生きるという。だからよく見ているといつもペアでいる。「ハクトウワシ保護法」で手厚く守られているがアメリカインディアンがその羽を伝統儀式や正装に使用するについては申告後厳しい条件と審査をクリアーすれば許されるのだそうだ。

The Bald Eagle is a sacred bird in some Native American cultures. It is both the natinal bird and national animal of the United States of America. The figure appears on its Seal. Once you see the beauty and dignity of theirs, you will agree on that. They mate for life. There is always another around when you see one Bald Eagle.
[PR]

# by magnifika | 2013-08-19 15:47 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 18日

アラスカ・マリン・ハイウェイ航路沿いの風景 Photo Sketches along the Alaska Marine Highway

6月21日(木) 日の出 05:11  日の入り 22:04 気温18℃ 水温15℃
Thu. June 21 Sunrise 05:00 Sunset 22:04 Temp. 18℃ Water temp. 15℃


コーモラント島付近 Near Cormorant Island
e0140365_2325414.jpg


e0140365_23433287.jpg



明らかに一軒家とみられる家々が散在していて、アラスカは隠遁生活の第一候補に。
Alaska is the most appropriate for hideaways.
e0140365_23442870.jpg



ベラベラ(昨夕ローカルショーのクワクワカワク族と同系の北系クワクワカワク族の土地)を通過
Passing Bella Bella, the land of Bella Bella tribe, the northern neigbour of Kwakuwakawakw that gave us a wonderful stage the day before.
e0140365_23455167.jpg



e0140365_23464914.jpg

[PR]

# by magnifika | 2013-08-18 23:48 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 18日

狭い航路をアラスカへ Cruising Northward to Alaska

6月21日(木) 日の出 05:11  日の入り 22:04 気温18℃ 水温15℃
Thu. June 21 Sunrise 05:00 Sunset 22:04 Temp. 18℃ Water temp. 15℃

アラスカ・マリン・ハイウェイの航路を行く/Cruising on the same route as Alaska Marine Highway

e0140365_17463719.jpg


e0140365_17544283.jpg


Rocky Mountains
e0140365_1845721.jpg


06:00 セイムーア・ナローズ無事通過/Seymour Narrows
セイムーア・ナローズ: その潮流の速さで知られるこの狭まった海峡はバンクーバー島とクアドラ島間の5キロメートルの水域で幅はその名のとおり平均750メートルと狭い。船乗りの間では「世界でも最悪の航海域」と言われているとか。現在は取り除かれたそうだが、以前はこの水面下に「リプルロック」という二つの峰を持つ活火山があって、時には爆発もしたそうだ。

06:00 Safely passed through Seymour Narrows
Seymour Narrows is the marine passage between Vancouver Island and Quadra Island and known for strong tidal currents. It is about the 5-kilometer stretch of 750 meters wide. Many captains think it is the vilest stretches of water in the world.

生き物の気配: 静かな海域を航行中、あちこちの水中、水面に生き物の気配が・・・
After entering calm sea area, we saw and felt the sign of living creatures in and on the water.
e0140365_17491197.jpg



e0140365_17554545.jpg



e0140365_17495683.jpg



e0140365_1864124.jpg

[PR]

# by magnifika | 2013-08-18 18:11 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 15日

バンクーバー出航風景 Photo Sketches of Departure from Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

21:30 定刻どおりの出港 Departure on time
e0140365_2194564.jpg
 


e0140365_21105310.jpg
              


ライオンズゲートブリッジ/Lions Gate Bridge
e0140365_21112422.jpg



e0140365_2112353.jpg



e0140365_2112402.jpg



e0140365_21133167.jpg


出港と同時に空気感や水の色ががらりと変わり、いよいよ北極と赤道のほぼ真ん中の北緯40度の世界に入ってゆく感覚が五感を通して感じられる。思えばなんと長い航海だったろう・・・40日ほど前には南緯40度付近を航海していたのだから。

Soon after the departure, the touch of the air on my cheeks and the colour of the water changed dramatically. Now we enter the intermediate zone between the North Pole and the Equater. Looking back, about 40 days ago, we were around latitude 40 degrees. south.
[PR]

# by magnifika | 2013-08-15 21:48 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 15日

バンクーバー出港前 Before Departing from Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

船から見えるスタンレーパークとライオンズゲートブリッジ 出港後この下をくぐりアラスカへ
Stanley Park and the Lions Gate Bridge viewed from my ship, uncer which we pretty soon sail to Alaska
e0140365_1510426.jpg




バンクーバーの街とノースショアマウンティンズ The city of Vancouver & North Shore Mountains
e0140365_15112935.jpg



キャビンの真下にゴマフアザラシ君がお別れのご挨拶に
A spotted seal came right down my cabin to say adieu
e0140365_15115480.jpg



「レ ラ ラ ダンサーズ」/ Le-La-La Dancers
e0140365_15121746.jpg



e0140365_1513710.jpg


バンクーバーローカルショー「レ ラ ラ ダンサーズ」 西海岸原住民クワクワカ ワク族の伝統ダンスと歌
トーテムポールが商業的に需要に応じて作られるようになってもクワクワカ ワク族は静かに伝統を守り通したため後に数々の博物館・美術館がこの部族の伝統を手本に修復を手がけることが出来たという。この日は捕鯨の伝統歌と踊りを披露してもらった。

Predeparture Vancouver Local Show by Le-La-La Dancers of the native tribe "Kwakuwaka'wakw" It is a tribe to played an important role in restoring totem poles in the later days. They kept their own tradition when totem poles were commercially made by many other tribes. They showed us their dance of catching a whale.
[PR]

# by magnifika | 2013-08-15 15:15 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 10日

バンクーバー スタンレーパーク Stanley Park, Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

e0140365_11254480.jpg



馬車に揺られて・・・/ Photo-sketches from the horse-drawn carriage

e0140365_11274747.jpg



e0140365_11293466.jpg



e0140365_11301845.jpg



e0140365_1131619.jpg



e0140365_11342827.jpg



e0140365_11352212.jpg


e0140365_11362474.jpge0140365_11363193.jpg












e0140365_11394610.jpg


バンクーバーには世界に名だたる優れた公園スタンレー・パークがある。緑が香る広大な園内には水族館、ビーチ、レストラン、バラ園、ミニゴルフコース、テニスコート、シーウォールと呼ばれる海沿いをぐるっと囲むトレールなどなど数々のアトラクションやアクティビティの施設がととのっている。しかしそれぞれが巨木の針葉樹林に隠れて散在しているのでまるで深い森を散策しているのびやかな感覚がある。

なかでもブロックトンポイントの手前の案内所&ショップのある広場のトーテム・ポールは素晴らしい。ASUKA IIの乗客の方がここにある10分の1ほどのサイズの現代のトーテムポールを購入されたが送料別で50数万円だったとのこと。ご参考までに。

公園ヘは街から歩いても1.5kmくらいなのだけれど、今回は夕刻出港なので、タクシーで直接公園へ。公園には1時間ほどで園内をうまく回ってくれる馬車のツアー(大人1人:30カナダドル)がある。馬車のステーションからそれに乗る。


Vancouver has a world-famous good park next to the downtown area. Stanley Park, that is. In the Park full of green, you will find an aquarium,restaurants, beaches, rose gardens, mini-golf course, tennis courts, a long trail named Seawall along the sea, plus various facilities for attractions and activities.

Above all things, the totem poles in the square on the way to Brockton Point are magnificent. Just for reference; one of the ASUKA II passengers purchased a modern totem pole of about a tenth size of the tallest one here for US$ 5,000 excluding shipping fee.

We took a Horse-drawn Tour of about an hour in the park. It starts from the station every 30 minutes in the season the fare is CAD 30 .
[PR]

# by magnifika | 2013-08-10 11:40 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 08日

バンクーバー市街へ Back to Downtown Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20


e0140365_11393062.jpg



e0140365_11573828.jpg



e0140365_11583835.jpg


街に戻り、サンフランシスコでもそうだったように、我が家のヘッドフォンコレクターのあらかじめの計画に従いシーモア通りのオーディオ専門店へ。

その専門店はいくつも試聴室があって、音楽により各室とも最適条件を完璧に備えている。内装の趣味もとてもいい。あれこれ各室で長時間聞かせてもらい、見積もりなど依頼して店を出る。

オーディオ店の近くのコーヒーショップで素晴らしく美味しいターキーとブリーのサンドイッチで遅い昼食。スタンレー公園へ向かう準備完了!

*オーディオショップ情報 Info of the audio shop: "hi-fi centre" 578 Seymour St. Vancouver

Back in town, I had to follow a Mr. Headphone-collector's plan to visit an audio shop at Seymour St. as well as in San Francisco. He had an engagement of a visit beforehand.

The shop has several audition rooms, each of which is nicely equipped and decorated in a good taste. After spending hours listening to various kinds of music in a perfect condition in different rooms, we asked for a quotation including shipping and left the shop.

We had late lunch of turkey & brie sandwich at the coffee shop nearby, which was super delicious. We were all ready for Stanley Park!
[PR]

# by magnifika | 2013-08-08 12:01 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 06日

北バンクーバーキャピラノ渓谷公園 Capilano Suspension Bridge Park, North Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

e0140365_22505767.jpg


A giant totem pole
e0140365_22521668.jpg



e0140365_22531114.jpg



Capilano Suspension Bridge
e0140365_22551012.jpg



e0140365_22554619.jpg



e0140365_22561410.jpg



e0140365_22571057.jpg



e0140365_22574937.jpg



e0140365_22584467.jpg



e0140365_22592583.jpg



e0140365_2301237.jpg


A forest in the water
e0140365_8524693.jpg




入港後すぐ港からタクシーに乗り北バンクーバーにあるキャピラノ吊り橋公園へ。植物のない海を渡る生活が長くなると、無性に緑のかおりが恋しくなる。きょうはカナダ西海岸の雨林からたくさんのフィトンチッドを分けてもらおう。胸いっぱいにその精気を蓄えアラスカ紀行に備えよう。

公園内にはトーテムポールのコレクション館や、高木間に渡された木製の通路があって木々の間を高い位置で散策できる。

キャピラノ渓谷にかかる吊り橋は全長137メートル、高さ70メートル。横揺れの激しいスリル満点の吊り橋。タクシーのドライバーによると、ちょうど一週間前、手からバックを落としてしまった人がそれをとらえようとして転落死したという。「どうぞきをつけてくださいね」と親切な注意をしてくれた。

そろそろ街に帰ろうという頃、船のキャピラノオプショナルツアーをとったかたたちがやってきた。私たちは公園―港間のシャトルバスの運行を知り、それに乗って港まで帰った。シャトルバスはシーズンには30分に1回、無料で所要時間はタクシーと同じく20分ほど。

Right after the arrival, we took a taxi to Capilano Suspension Bridge Park. We have crossed over the sea day after day and started missing the scent of trees and plants. That brought us to the Park of rain forest on the Canadian West Coast.

The Suspension Bridge over Capilano River is 137 meters long and 70 meters high from the River. It sways much sideways with the weight of the people. Our taxi driver told us that a man fell over to death off the Bridge just a week before. He tried to grip on the bridge wire, dropped his wallet out of his hand, and he reflexively gave a fatal stretch to his body trying to catch it. The driver gave us a lot of local social information and kind wishes on our trip and cruise.

The air in the Park filled us with enough phytoncide. We went back to the town all refreshed.
[PR]

# by magnifika | 2013-08-06 23:20 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 04日

バンクーバー入港 Arriving at Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

e0140365_1540788.jpg



The Lions Gate Bridge
e0140365_15404998.jpg



e0140365_15412646.jpg



e0140365_15415946.jpg



e0140365_15424527.jpg


タクシー同様に使われている水上飛行機/ Sea planes as taxi
e0140365_15501915.jpg


e0140365_1551419.jpg



早朝7:00 「ライオンズゲートブリッジ橋」をくぐりバンクーバー港にゆったりとはいってゆくと街の姿が空を背景に浮かび上がってくる。バンクーバー港のシンボル「カナダプレイス」の白帆のデザインの建物が視界に入ってくる。

バンクーバーは太平洋の暖流と大陸の冷気を遮るロッキー山脈に守られ、過ごしやすい気候に恵まれているので世界でも有数の住みやすい都市。人々も穏やかで優しいし人種差別もブラジル同様ほとんどない。すっかり引退したらバンクーバーにでも移り住もうかしら・・・などと、ちらりとよぎるものが・・・

船の入港時、バンクーバーで行われる独特な検査に「ジプシーモス=マイマイ蛾」検査がある。マイマイ蛾は日本でも時折大発生し果樹や森林に害をもたらしている。カナダでは衛生検査官が乗船しキャビンのベランダ等も対象になる検査が行われる。

また外出するには何の検査もなくカナダに入国し街に出られるが、船に戻るときには次の寄港地が米国アラスカのジュノーになるため手荷物検査、米国入国対面審査がターミナル内でおこなわれる。うっかりパスポートを所持せず下船してしまうと大変なことに・・・
またこの日は2000人を乗せた大型客船「アイランド・プリンセス」と1300人を乗せた「フォレンダム」が同時入港していて入国検査に時間がかかる模様。「これを見越した時間の配分を」と船側から忠告がある。

さあ・・・今日は一日のびのびとバンクーバーを楽しませてもらおう!

07:00 We passed under the Lions Gate Bridge aka the First Narrows into Vancouver Harbour. The city was there waiting for us in the morning light. The harbour's symbolic white sails of Canada Place that I had missed were in sight.

Vancouver is favoured with a mild climate thanks to warm current of the Pacific and the Rocky Mountains shielding the city from the cold continental wind. The people are kind and gentle, and racial stress is next to nothing just like Brazil. Many retired people move in to Vancouver. That I understand very well.

Ships arriving here undergo CFIA's (Canadian Food Inspection Agency) inspection while in the port, that is, of gypsy moth harmful to orchards and forests. They inspect to the velanda walls of each cabin.

Another formality we have to be careful about is that we can go out freely to the town without any formality at the terminal, but when returning to the ship we must have the baggage checked and immigration formality cleared by the US authorities because the next port is Juneau, Alaska. In this kind of situation, make very sure that you have your passport with you. Otherwise, you will never be able to return to the ship especially on the day like today when two other passenger liners, Island Princess with 2000 people, and Forendum with another 1300 keep the officers busy.
[PR]

# by magnifika | 2013-08-04 16:03 | クルーズ/Cruise
2013年 07月 27日

ご無沙汰しております! Long Time away from My Gallery!

ご友人のみなさま

ご無沙汰しております。世界一周クルーズの記事を突如中断して一か月、実はこのひと月は初めて経験した悪夢のような日々でした。

家族の一員がある日突然緊急手術を要すると医師に告げられ、入院し即手術をほどこされました。9日後退院。退院3日目に高熱で再入院、命の瀬戸際を往復。明らかな手術感染症でした。本人が体力があったためどうにか生き延び退院にこぎつけましたが、院内感染の恐怖を身をもって経験しました。今思えばそんなに早急な手術は不要であったことに気づき、医師の不十分な説明のまま「緊急」という言葉に踊らされた家族一同今反省することしきりです。

院内感染は時に、自分の抱える病よりも恐ろしいことを知りました。

ご無沙汰のお詫びがてら、何かのご参考になればと、家庭内のことで恐縮ですがアップしてみました。

ちなみにこんな本がベストセラーになっています。/ The book titled "47 rules to avoid being killed by medical doctors" is the best selling book in Japan since the end of December '12. They sold 880,000 copies in 6 months.The auther is a medical doctor of the 40-year career in hospitals.
e0140365_10183612.jpg


It is a long time since my last post!
I was undergoing the nightmare-like days for the past one month for the first time in my life.

One of my family members was suddenly told by the doctor to be in need of an urgent surgical operation. We wavered with the word "urgent" uttered by the doctor and agreed with his direction of operation.

It took nine days at hospital before the patient came back home. A nightmare arose three days after that. His temperature rose as high as 40℃ /100°F and became uncontrollable. He was hospitalized again and had to spend 20 more days there to fight back obvious operational infection. As he has been a man of physical strength, he could survive this time. But if your family member happens to be physically weak or aged, infection could overwhelm his or her life. We now regret that we were foolishly carried away by the doc's simple one word 'urgent'. Thinking back, there was no such urgency that we did not have time for second opinions at other hospitals.
Sometimes nosocomial infection is more scary than your own disease.

I had led a life of "Leap before you look". Now I realized a real meaning of the original saying.
[PR]

# by magnifika | 2013-07-27 21:48 | 日常のあれこれ/Tidbits
2013年 06月 30日

ファン・デ・フカ海峡 Juan de Fuca Strait

6月19日(火)
Tue. June 19

e0140365_0263945.jpg



e0140365_027914.jpg



右舷アメリカ、左舷カナダ
e0140365_027355.jpg



e0140365_0275656.jpg



サンフランシスコ出港の日はたまたま「父の日」で男性諸氏には飛鳥IIのスタッフからゴディバのチョココーティングのクッキーのボックスが手渡されて、その日は各氏が船の若々しいスタッフたちの「お父さん」 楽しい雰囲気が広がる。

昨日18日は、気温もぐんと下がり12℃、海水温は9℃。サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフで昼食に食べたカニがいけなかったか、パートナー3Gにとっては惨めな航海の一日となるも夕刻には回復。サンフランシスコで交代乗船の副船長のテーブルでフォーマルデイの楽しいのディナーテーブルを囲む。
またこの日のエンターテインメントはアヴナー・アラッドさんというピアニストの本格的なショパンの夕べで、コンサートはスタンディング・オベイションとブラボーで拍手が鳴りやまなかった。素晴らしい演奏家を招いてもらったASUKA IIのスタッフに心底感謝したものである。

今日も気温は11℃で、船上はみなさんセーターを着用し始める。デッキに出るときは真冬のいでたちでも寒い体感である。米国の東海岸沖合は鯨の保護策のため一定区間航行速力10ノット以下に制限されている。静かに航行する船を囲む海上にはあちこちにクジラの潮が吹きあがる。

19:00ごろからいよいよアメリカとカナダ間のファン・デ・フカ海峡に入る。右舷にアメリカ側のオリンパス山、
左舷にバンクーバー島の先端ヴィクトリアが同時に見られる海峡で、前方にはカスケード山脈が望める。

The temperature dropped drastically to 12℃. My partner 3G was not feeling well and spent a miserable day yesterday. We had gorgeous crab lunch at the Fisherman's Warf restaurant in San Francisco. Probably something did not suit him. By the time we had to dress up for a formal evening, he recovered and enjoyed wonderful dinner table of our newly embarked co-captain, and later a piano concert of Chopin by pianist Mr. Avner Arad. The concert ended in standing ovation and long-lasting applause.

The temperature stayed around 10℃ this day, too. The passengers started to wear winter outfit. Out on the deck, we needed something like a down coat.

The speed of the ship cruising along the east coast of North America is ristricted up to 10 knots as one of the measures to protect whales. While cruising gently, we saw whales spout many times.

Around 19:00, we approached Juan de Fuca Strait, the strait between Canada and America. On the right is Mt. Olympus, America, and on the left is Victoria, the tip of Vancouver Island.
[PR]

# by magnifika | 2013-06-30 00:29 | クルーズ/Cruise
2013年 06月 21日

サンフランシスコ 2日目フォトスケッチ 水族館など Photo Sketches of the Second Day in SF

6月17日(日) サンフランシスコ 2日目 朝のジョギング・水族館・出港
Sun. June 17 The Second Day of San Francisco

6:00 フォートポイントまで海沿いをジョッギング&ウォーキングし折り返す。  Started jogging along the bay coastline up to the Fort Point and back for breakfast at the Ship.
e0140365_0221737.jpg


フォート・ポイント Fort Point  
e0140365_0374630.jpg


10:00 「アクエリアム・オブ・ザ・ベイ」 Aquarium of the Bay
e0140365_0293271.jpg



e0140365_0231751.jpg



e0140365_025479.jpg e0140365_0263992.jpg










e0140365_02723.jpg
e0140365_0285916.jpg


e0140365_0455849.jpg
e0140365_0471011.jpg



21:00 霧の中をバンクーバーへ向け出港 Departure in the fog for Vancouver
e0140365_0585689.jpg

e0140365_0585349.jpg

e0140365_0594511.jpg

e0140365_10890.jpg



Sayonara, San Francisco!
[PR]

# by magnifika | 2013-06-21 01:04 | クルーズ/Cruise
2013年 06月 13日

サンフランシスコ夕景 Evening Views of San Francisco

6月16日(土) サンフランシスコ停泊
Sat. June 16 Overnight in San Francisco

部屋のバルコニーにて迫りくる夕暮れを眺める
Watching dusk gathering at the cabin balcony


e0140365_225932100.jpg



e0140365_2312051.jpg



e0140365_2322097.jpg



e0140365_233022.jpg



e0140365_2333588.jpg



e0140365_234761.jpg


何度か訪れているサンフランシスコだが、今日はほんとうに美しいと思った。人工の街と自然とが黄昏の色彩の中で完璧な調和を見せていた。飲み物を片手にバルコニーで無言で長時間、私もその調和の一部になったかのような時間に恵まれた。謙虚で素直な気持ちに包まれながら・・・

In the evening, I was in the stunning dusk at the cabin balcony with a glass of drink. I thought San Francisco was a beautiful city in the past several visits, too. But the beautyiful coloration this time carried me away into a strange feeling as if I were a part of an exquisite harmony of its nature and artificiality . The time wrapped me magically with a modest and gentle feeling.
[PR]

# by magnifika | 2013-06-13 23:08 | クルーズ/Cruise
2013年 06月 13日

サン・フランシスコ 乗物2種 Two means of Transportation in San Francisco

6月16日(土)
Sat. June 16

e0140365_1381994.jpg



e0140365_1384549.jpg



キャデラック・ショールーム=ドン・リー・ビルディング Cadillac Showroom [aka Don Lee Building]
e0140365_1393719.jpg



e0140365_1401150.jpg


キャデラックビルの名物「ゴールデン・ベア」 Golden bear statue on Cadillac Building
e0140365_1404958.jpg



e0140365_1413341.jpg



Our ship, ASUKA II
e0140365_1421138.jpg



e0140365_1423834.jpg



早速、すがすがしい午後を楽しもうと外出。タクシーを待っていると自転車の後ろに客席を取り付けた乗物のハンサムな青年から声をかけられ、交渉成立。30ドルでユニオン・スクエアまで。土曜日で静まり返ったフィナンシャル・ストリートにはさわやかな6月の風が吹き渡り、一味違った乗物を選んで大正解。ユニオン・スクエアまで20分ほどで到着。

ユニオン・スクエア近くの専門店でパートナーのおもちゃさがし。しかしお目当てのものが入手できず、その店で郊外のショップに「ミュニ・バス」38番に乗っていってみたら、とすすめられる。「ミュニ・バス」ははじめて。バス停で戸惑っているとやさしいサンフランシスカンがあれこれルートマップを調べてくれ、バスの運転手さんにも行き先を確かめてくれ、乗り方も教えてくれた。ミュニ・バスは乗車時2ドル払えば90分以内なら何度でも乗り換えられる。乗り換え降車時トランスファー・チケットを必ずもらって、と丁寧な説明だったので戸惑うことがなかった。またどの運転手さんもとても優しい。

パートナーの求めていたものは結局郊外店にもなかったので、面白くなってきたミュニ・バス乗車でいくつも乗り継ぎVan Nessに到着。Van Ness 1000番地には有名なキャデラックショールーム=ドン・リー・ビルディングがあるのでそれを見て、またミュニ・バス47番に乗りフィッシャーマンズ・ワーフへ。ピア39の通りを夕風に吹かれて船に帰る。

We took a bike-ricksha pedaled by a young man from the port to the Union Square. The June breeze was very pleasant under the blue SF sky while going through the empty Saturday Financial Street to the Square. Only 20 minutes and US$30 took us to the destination.

My partner wanted something at a specialty store near the Union Square. But they did not have one and advised him to visit a store in the suburb by taking a muni bus No.38. It was a very first time for us to use a muni bus. At the bus stop, we might have looked bewildering when a San Franciscan lady kindly asked us, "Which bus are you taking?" Then she checked the route, told us to pay two dollars each to the driver, that enables us to transfer as many times as we need in 90 minutes, but not to forget to get a transfer ticket when getting off, and finally made sure of No. 38 when a bus came. We gained confidence and enjoyed muni bus rides transferring a few times, although my partner could not get what he wanted at the suburb shop, either.

We even transferred to Van Ness and went to famous Cadillac Showroom Building [aka Don Lee Building] built in 1921. and took muni bus No.47 to the Fisherman's Wharf. In the evening breeze, we walked back to the ship through Pier 39.

P.S. パートナーのおもちゃ/My partner's toys
他の人と同じく耳は2つしかないのになぜ何十個も必要なのかしらん・・・
My partner has only two ears as other people do.
I always wonder why he needs some tens of them.

e0140365_1482149.jpg

[PR]

# by magnifika | 2013-06-13 02:04 | クルーズ/Cruise
2013年 06月 10日

サンフランシスコ入港 Golden Gate Bridge, SF

6月16日(土) ゴールデンゲート・ブリッジをくぐりサンフランシスコ入港
Sat. June 16 Entering the Port of San Francisco

e0140365_23512929.jpg



e0140365_23521357.jpg



e0140365_23522797.jpg



e0140365_2353260.jpg



e0140365_2354272.jpg



e0140365_038350.jpg



アルカトラス通過 Passing Alcatraz
e0140365_01060.jpg



e0140365_012090.jpg



SFのパイロット船
e0140365_031112.jpg



キャプテンたちの多忙な時間 Busy for controlling
e0140365_054927.jpg



e0140365_063352.jpg


毎日のようにイルカの跳躍やクジラの潮吹きなどを眺めて過ごすうちに、アカプルコを出港して6日目、14時入港予定であったが、後方よりの速い潮流で3時間以上早く9:45にゴールデンゲート・ブリッジをくぐり、10:40サンフランシスコに着岸。よく晴れて霧の都らしからぬ美しい朝の入港。

11:10 入国審査の係官が乗船(サンフランシスコではたいていのポートと同様、船内で入国審査が行われる。(ニューヨークなどは下船してターミナル内で延々と指紋、虹彩、書類、面接が行われる。) 結局ここでもすべての審査を終えて外出可能になったのは13:30頃。こういうことが当たり前の時代となっているが、その方が本当は異常なのだ。純粋に旅を楽しみたい人々が、いったんはあたかもテロリストか犯罪者のようにあつかわれるのだから。

While we enjoyed watching dolphins following our ship and whales spouting day after day, the ship went on cruising and brought us to San Francisco after 6 days from Acapulco. The scheduled arrival time was 14:00 but the current from the back of the ship was unexpectedly rapid and we were under the Golden Gate Bridge so early as 9:45. We anchored at the Pier 35 at 10:40. The weather was beautiful. There was no sign of noted fog at all.

At 11:10, immigration officers got onboard for clearance of the passengers just as at most of other ports, but not like N.Y. There we disembark and must make a long line in the terminal building for individual checkups of the finger prints, irisea, passports, plus a direct interview with one of the officers.

After all, here in San Francisco, we were free to go out finally around 13:30. How much I miss the days of easier travels before so many hijacks and terrors took place.
[PR]

# by magnifika | 2013-06-10 00:08 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 16日

イルカの躍動とウミガメ The Flashes of Dolphins & The Sea Turtles

6月12日(火)  クジラの保護区カボサンルーカス岬沖を航行。
Tue. June 12 Cruising off the Cape of Cabo San Lucas


なんという命の躍動! What breathtaking views of life!
e0140365_23463414.jpg



e0140365_23472486.jpg



e0140365_23513669.jpg



e0140365_23581879.jpg



e0140365_23503716.jpg



e0140365_23521094.jpg



船のエンジン音でぷっと浮上するおびただしい数のウミガメ
A number of sea trutles floating up
e0140365_043855.jpg


e0140365_061017.jpg



カリフォルニア・カボサンルーカス沖
e0140365_23454053.jpg

[PR]

# by magnifika | 2013-05-16 00:09 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 14日

アカプルコ‐6 お土産  Acapulco, Mexico-6 Souvenir

ジャヴィエール・セルヴィン作陶器 Javier Servins
e0140365_21255542.jpg



e0140365_21222013.jpg



e0140365_21231670.jpg




オリナラ漆器  Olinalás
e0140365_21293441.jpg


e0140365_21331768.jpg


e0140365_21302160.jpg e0140365_21315446.jpg













今回はグアナファト州タランダクアオにあるセルヴィン工房(Ceramica Servin)の品々とオリナラ漆器をおみやげに・・・

ジャヴィエール・セルヴィンさんの作品購入。海外でも人気が出ている工房の作品はひとつひとつことなり二つと同じものがない。楽しい作品の数々は帰国後それぞれ友人知人たちのもとへ。それぞれの楽しみ方をしていてくれるかしら・・・

オリナラ漆器はゲレロ州オリナラ村の伝統工芸品。細かな動植物の模様が特徴。


I bought beautiful pieces of ceramic ware made by Javier Servin, which are getting known worldwide in recent years. Ceramica Servin is in Tarandacuao, Guanajuato State of Mexico.

Olinalá lacquer ware is the traditinal industrial handicrafts of Olinalá Village, Guerrero State, the state where Acapulco is.

Both the Javier Servins and Olinalá trays may be settling nicely at our friends' and acquaintaces' home by now in Japan.
[PR]

# by magnifika | 2013-05-14 21:36 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 13日

アカプルコ-5 民族舞踏 Acapulco, Mexico-5 Mexican Folkloric Show

6月11日(月)
Mon. June 11


e0140365_03950.jpg


出港前のローカルショーはメキシカン・フォルクロリコ・フェスティバルというグループのメキシコ民族舞踏。あでやかな衣装とメキシコ独特のマリアッチのリズムで出港前のひと時心が高揚する。

みなさまにも楽しんでいただこうと、動画も載せてみました。よろしければ・・・各イメージの上の矢印をクリックしてお楽しみください。

Acapulco's local show was the stage of "Mexican Folklorico Festival ". Their bright-coloured costumes and lively Mariachi music was the wonderful farewell show. The time for us to say good-bye to Acapulco, the last port of Latin America, was around the cornor.

I hope you would enjoy the stage in movie by clicking on an arrow on the image.

マリアッチの楽団 Mariachi Group














2006年メキシカン・フォルクロリコ・フェスティヴァル  Mexican Folklorico Festival 2006
[PR]

# by magnifika | 2013-05-13 00:23 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 12日

アカプルコ-4 港界隈 Acapulco, Mexico-4 Harbor Area

6月11日(月)
Mon. June 11

船のデッキからのフォトスケッチ Photo Sketches from the ship deck

サンディエゴ要塞 港から通りひとつ隔てたところにある要塞。空から見るととてもきれいな星形をした要塞
Fuerte de San Diego across the first street from the Portwhose shate is of a star if looked from above 

e0140365_19481099.jpg



e0140365_19583114.jpg



船を下りてターミナルを出たところにあるレイナ公園とその先のオルノス・ビーチ Parque de la Reina, Terminal Maritima, and Playa Hornos
e0140365_19522545.jpg



e0140365_19531345.jpg



e0140365_1956849.jpg


カニを取る土地の人たち Grabbing crabs for dinner?
e0140365_19565120.jpg



ターミナル内のコーヒーハウス Coffee shop in the Terminal
e0140365_201282.jpg



e0140365_202980.jpg



e0140365_203546.jpg



e0140365_204047.jpg

[PR]

# by magnifika | 2013-05-12 20:07 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 12日

アカプルコ-3 街を歩く:壁画 Acapulco, Mexico-3 City Walks: Murals

6月11日(月)
Mon. June 11

ラ・ケブラータ通り市役所前の道路下トンネルの壁画群
The murals along La Qubrada street under the road in front of the City Hall 
e0140365_0464811.jpg



e0140365_0481499.jpg



e0140365_0485129.jpg



e0140365_0494237.jpg


今回、港周辺で仕事をする人が口々に言っていたことは、アカプルコの経済の悪化。今までアカプルコに入港していた大型客船が、カリブ海のクルーズ人気とともに皆カリブ海側の港に入港してフロリダ方面に行ってしまうので、ASUKA IIの入港が半年ぶりの大型客船の入港だというのだ。子供の進学費用もままならなくなりつつある、と嘆かれる。せいぜいお財布の許す限りのお買い物をして参りましょう・・・

この前、2006年7月23日に訪れた時もメキシコは大統領選挙の年であった。2006年7月2日の大統領選挙で、ライバルである民主革命党のロペス大統領を微妙な票差で破り、カルデロン氏が勝利した。

今回も街中でたくさんの選挙運動のビラを手渡されたが、候補のペニャニエト前メキシコ州知事の優勢が垣間見えた。帰国後知ったが7月1日の投票結果はやはり制度的革命党(PRI)のベニャニエト氏(45)の勝利となった。

カルデロン氏の敗因は、強硬な麻薬組織撲滅政策の過程で多くの死者を出して失敗したこと、失業率の悪化、メキシコペソの弱体化などが挙げられている。新たな大統領の元で人々が良い日常を欧化できる日が実現されますように・・・

We heard a lot of local people around the port complaining a downturn of economy. Big ocean liners that used to come to Acapulco have shifted their cruising area to the Caribbean side. They say ASUKA II is the first big ocean liner visiting Acapulco. One of the workers said he was wondering if he should allow one his sons to go to university.

It is the year of the presidential election in Mexico. The upcoming election day is July
1. We got many campaign handouts on the street, which we still keep. Through the impression in the town, We felt that present Mexico State Governer PenaNieto (PRD) might win over President Calderon, who was elected President in 2006 when we visited here last around this time of the year.

We came to know later that Mr. PenaNieto was elected President, who is rather so young as 45.

Mr. Calderon, they say, failed in wiping out drug trafficking, stopping the lowering unemployment rate, and downturn of Mexican Peso. Especially on the process of exercising strong force to get rid of drug trafficking, some tens of thousands died.
I hope new President will be successful in implementing his pledges.
[PR]

# by magnifika | 2013-05-12 00:51 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 11日

アカプルコ-2 街を歩く:ソカロ  Acapulco, Mexico-2 City Walks:Zocalo

6月11日(月)
Mon. June 11

タスコの銀山に行くつもりでいたが、少し疲れも出てきていたのでアカプルコはのんびり過ごすことにした。以前訪れた折に、ほとんどの観光スポットを歩いてしまっていたので、きょうはぶらりと旧市街を歩いてみよう、ということに。

We changed our first plan to visit Taxco, a town of silver mining as we felt a little tired. As we visited most of the tourist spots last time we were here, we decided to enjoy taking a walk in the old quarters of the city.

土地の人たちの生活が垣間見えるソカロ(中央広場)
Zocalo, Central Square, is the place you can see local people's life
e0140365_22375721.jpg



e0140365_22383468.jpg



e0140365_22391056.jpg



ソカロにあるカテドラル Cathedral at Zocalo

ソカロには美しい聖堂があって善男善女が立ち寄っては祈りをささげてゆく。木陰には物を売る人、休息を取る人、楽しく買い物をする人、遊ぶ子供たち・・・そんな日常の生活が、聖堂の前の広場に繰り広げられていて見飽きることがない。

People just stop by at the beautiful Cathedral facing Zocalo, the Central Square. In the shade of big trees, people gather・・・people who sell things, buy them, have a break,and there is carefree laughter of children playing. Such ordinary sights of their life never bore me.

e0140365_22484554.jpg



e0140365_22491379.jpg



e0140365_22494177.jpg



e0140365_2250258.jpg



e0140365_22504373.jpg

[PR]

# by magnifika | 2013-05-11 22:59 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 11日

アカプルコ-1 入港  Acapulco, Mexico-1 Arrival

6月11日(月)
Mon. June 11

e0140365_1033092.jpg



e0140365_1034917.jpg



左にオルノス・ビーチを望む。その海岸沿いの奥が新市街。The Hornose Beach on the left with the new city area at the far end of the sea line.
e0140365_10345134.jpg



メキシコ民族舞踏団が埠頭まで歓迎のあいさつに Mexican Folkloric group for welcome greeting to us at the pier
e0140365_10353382.jpg



巨大なコンテナ船がASUKAIIの後ろで新車の積載作業中  A huge cargo ship behind our ship, busy with loading cars
e0140365_10361315.jpg



早朝5:00ごろからアカプルコの灯が視界に入ってくる。宝石をちりばめたような地形のフォルムが少しずつ少しずつ近づいてきて、5:30には土地のパイロット船が水先案内をし始める。入港はいつもクルーズにしかない一つのドラマの幕開けのようである。デッキに出ると昨日とは異なる空気、音、香りなどが五感を通して伝わってくる瞬間。アカプルコは灯がきれい!

In the early morning, around 5:00, Acapulco shaped with thousands of jewelry-like lights started gradually coming closer. At 5:30, a local pilot ship approached our ship to guide us. Entering the port is alway like an overture of a stage special to a cruise. You go out to the deck, and that is the moment we feel through our five senses the different air, sound, scent, from yesterday's. Acapulco's lights are pretty, one of the very best in what I saw.
[PR]

# by magnifika | 2013-05-11 10:37 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 10日

メキシカン・デッキ・ディナー Mexican Deck Dinner

6月10日(日)
Sun. June 10

明日にメキシコ、アカプルコ入港を控えて、夕刻から「メキシカン・デッキ・ディナー」が開催される。プールサイドはすっかりメキシコの雰囲気にしつらえられている。メキシコの歌手マウロ・カルデロンとマリアッチのトリオ・バガブンドスが乗客を海上にいながらにしてメキシコのど真ん中に誘う。

Mexican Deck Dinner was held in the evening prior to arrival at Acapulco, Mexico, tomorrow. The pool side party site was full of Mexican atmosphere with Mexican dishes and music. We had Mauro Calderón, a Mexican great singer and Los Vagabundos, a trio Mariachi group. Their music brought us to Mexico on the ocean.

e0140365_2335331.jpg



マウロ Mauro
e0140365_23355350.jpg



バガブンドスの面々 The Vagabundos
e0140365_233714.jpg
 


e0140365_23375361.jpg

[PR]

# by magnifika | 2013-05-10 23:41 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 09日

エルニーニョ&ラニーニャ誕生の海 The Birthplace of El Niño & La Niña

6月9日(土)
Sat. July 9

e0140365_21231021.jpg
パームコート(11階ラウンジ)の中央でいつもで静かに竪琴を奏でる彫刻像: 富永直樹作「天国への賛歌」
"Paean for Heaven" a bronzえ statue by Naoki Tominaga playing the harp at the Palm Court Lounge on the 11th floor

e0140365_21323639.jpg

 
昨日19:00過ぎプンタアレナスを出港し今朝はニカラグアとの国境沖を航海中。
天気は晴。東北東の風が15mと強いが波は1.5mと静かである。太平洋はいつも東風が吹いている。

この海域の海水温が12月ごろ上昇する現象を「エルニーニョ」という「。ちょうどクリスマスごろに起こるのでエルニーニョ(男の子、イエス・キリスト)と呼ばれるそうだ。この現象は長期にわたりオセアニア、アジアの気象に大きな影響をあたえる。日本では梅雨が長引き、暖冬となる。

これに対しここ東太平洋海域の温度が下がると「ラニーニャ」現象が起こる。日本海の豪雪地帯は大雪に見舞われ厳しい冬となる。

We left Puntarenas at 19:00 yesterday and now are cruising off the border between Nicaragua and Costa Rica. The east wind is a little strong as always in this area of the sea, but it is fine and the sea is rather calm.

This is the birthplace of El Niño and La Niña. They named the phenomenon of the rise in sea water temperature in the area El Niño as it happens around Christmas. It gives big influence for a long period on the climate of the Oceanian and Asian countries. In Japan we have a longer rainy season and warm winter due to El Niño, and viceversa when the temperature fall invites La Niña.
[PR]

# by magnifika | 2013-05-09 21:23 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 05日

コスタリカ プンタアレナス Puntarenas, Costa Rica

e0140365_1251642.png


6月8日(金)
Fri. June 8

07:00 ニコヤ湾にあるプンタレナス客船大桟橋入港  Muelle de Cruceros, Puntarenas, in Golfo de Nicoya
e0140365_0285091.jpg


e0140365_0301984.jpg



アエリアルトラム(ゴンドラに乗って熱帯雨林を観察できる)への途中タルコレス川の橋の上から見たアメリカワニ(およそ4m)6頭目撃
About 4-meter alligator in the Tarcoles River viewed from the bridge on the way to Aerial Tram to tour the tropical rain forest from above There were 6 of them。
e0140365_0303935.jpg



手塚治虫氏の「火の鳥」のモデルにもなったという世界で最も美しい鳥「ケツァール」に出会えることも・・・と少し思いながらアエリアルトラムの乗って On the Aerial Tram vaguely expecting to see a quetzal, the most beautiful bird in the world, if I am lucky enough
e0140365_0373349.jpg



e0140365_0382381.jpg e0140365_0391822.jpg











e0140365_0411354.jpg e0140365_0415982.jpg












e0140365_0423371.jpg e0140365_0431356.jpg












e0140365_0444367.jpg




e0140365_0514592.jpg




e0140365_112870.jpg



残念ながらケツァールにはお目にかかれなかったけれど珍しいカエルや鳥たちを目にすることができた。
I could not see a quetzal this time, but luckily saw a very rare frog and other birds.


ロス・スエーニョス・リゾートは素晴らしいビーチとヨットマリーナ、そしてゴルフ場のある素敵なリゾート
こちらでランチ いつかゆっくり訪れたい場所の一つ ガージョ・ピントが美味でした。
Lunch at Marriot Resorts Hotel Los Suenos with a beautiful beach, an international yacht harbour, and a golf course, the place I would like to come back some day
e0140365_0541273.jpg



e0140365_0542158.jpg



e0140365_055521.jpg



e0140365_056143.jpg


e0140365_0564462.jpg


e0140365_0572357.jpg



海岸からのわれらがASUKA II Our ship, ASUKA II viewed from the beach side
e0140365_0581672.jpg



e0140365_0585312.jpg



桟橋と陸を結ぶトロリー A trolley to connect the landing pier and the peninsula
e0140365_0593734.jpg


日本はコスタリカから多くを学んできた。まずはエコツーリズム。これは多くの国がコスタリカをお手本にしている。いわばエコツーリズムの先進国。国土の30%は緑に覆われ、850種の野鳥類、200種の哺乳類、110種のコウモリ、137種の蛇(うち22種の毒蛇血清を輸出)・・・およそ30,000種の生物がこの地に棲息している。
でも何より私が羨ましかったのは、マンゴが大きな箱一箱で3米ドルと知った時。迷いに迷って日本で500円のマンゴを購入し大事に抱えて帰宅する自分に憐れみを感じてしまった瞬間でした。

また小選挙区比例代表並立制を「コスタリカ方式」と命名し、かなり内容が異なってしまったものの、その導入をしている。コスタリカの人口は430万人、国会議員の総数は45人。日本は12000万人、国会議員の総数はなんと722人。何かおかしい・・・

コスタリカは常備軍を持たない中立国で、軍の維持に使う国費を教育、福祉に回し国公立大学までの教育と全ての福祉無料という政策を実施している。そのため識字率も高く海外からのインテルなどハイテク産業の投資を呼び込むことに成功して、質の高い経済メカニズムを維持している。しかし労働人口が一番多いのはやはり観光関係とのこと。中南米地域でのクーデターの心配もいらない数少ない国である。しかしどこに悩みはあるもの。首都サン・ホセ界隈では麻薬がらみの犯罪が年々増えているという。中米という立地のジレンマがうかがえる。

Japan has learned a lot from Costa Rica, first of all, ecotourism as well as many other countries have. Costa Rica is very advancing in this field. Thirty percent of its land is covered with green and has 5 percent of entire world fauna and flora. It has 850 species of wild birds, 200 species of mammals, 110 species of bats, and 137 species of snakes, the serums produced out of 22 species of which are exported. The land is home for some 30,000 species of living things.
What made me very jealous of them, though, was when I came to know that a big box of mangos cost only US$3.

We, the Japanese Diet introduced electoral system of single‐seat constituencies and proportional representation from Costa Rica, although the content is pretty far from that of the Costa Rica’s original concept. Costa Rica’s population is 4,300 thousand and the number of the assembly representatives is 45, while Japan has 722 to the population of 120 million. 

Costa Rica has no armed forces and is a nutral nation. Instead of spending tax for arms, they spend it to enrich the content of education and welfare. As a result, education at public schools and universities, and welfare expenses are free. Literacy rate is high and that invites many high-tech industries to the country. Intel is one of them. Accordingly the jobless rate is very low and the economy is stable. They do not have to worry about the outbreak of a coup d'etat. But every country has a headache. For Costa Rica, that is an increase of drug-trafficking and drug abusers in the area of its capital city San José.
[PR]

# by magnifika | 2013-05-05 01:13 | クルーズ/Cruise
2013年 04月 29日

太平洋 ブラウンブービー The Pacific Ocean Brown Booby

6月7日(木)
Thu. June 7

e0140365_23345992.jpg


e0140365_23343159.jpg



e0140365_23365322.jpg



e0140365_23382440.jpg


昨夕、パナマ運河の太平洋側の街バルボアを経て、船は太平洋をコスタリカに向け北上している。
1億8千万平方キロメートルというとてつもない大きさの太平洋は地球の地表の35%、地球上の海洋の50%を占めている。1513年にスペイン人バルボアが太平洋の発見者。その名はパナマ運河の太平洋側出入り口の都市の名前となっている。発見当時は「南の海」と呼ばれた。「太平洋」と命名したのはかのマゼランである。

太平洋に出ると早速ブラウン・ブービーと呼ばれるカツオドリの仲間が船の周囲を舞い始める。賢い彼らは大型船のマストなどをしばらく仮の宿にして魚の捕獲に励む。大型船のエンジン音で魚が移動するのを上手にとらえるのだ。しばらく彼らとクルーズを共にすることになる。サンフランシスコあたりまで一緒だろうか・・・

We passed Balboa, the Pacific-Ocean-side gate city of the Panama Canal yesterday evening, and are heading northward to Costa Rica. The Pacific Ocean is so big as 180million square kilometers, 35% of the face of the earth and 50% of the entire ocean area. Vasco Balboa, a Spanish politician and explorer, discovered the Pacific Ocean in 1513. Balboa called it "South Sea" at first, but Ferdinand Magellan named it "Pacific Ocean" later.

Brown boobies have started flying around our ship soon after we entered the Pacific. These wise birds make our mast and the high poles their temporary home and catch fish. They know well that the sound of a big ship's engine induces the movement of fishes. We enjoy watching them for some time, probably up to San Francisco.

2006年ブラウンブービ'ー関連投稿
2009年ブラウンブービー関連投稿

My 2006's post of Brown booby
My 2009's post of Brown booby

[PR]

# by magnifika | 2013-04-29 23:40 | クルーズ/Cruise
2013年 04月 25日

パナマ運河通峡-5 フォトスケッチ  Crossing the Panama Canal-5 Photo Sketches

6月6日(水) 
Wed. June 6

ここがネックになって大型船舶が通行不可のゲイラードカットにて At Gaillard Cut that is the bottle neck point to make a large-scale ship impossible to use Panama Canal
e0140365_2311464.jpg


今日はイベントも教室も閉じている。運河通峡それ自体が大きなイベント。日頃船の生活を支えてくれている多忙なスタッフたちも束の間の運河見物。
We have no classes and no events all day today. The Canal transit itself is the biggest event. Our staff who support our daily life accordingly have some time to enjoy the Canal. How nice to see them enjoying a moment of break.
e0140365_234085.jpg


でもブリッジは気を抜けない一日 / Besides, the Bridge doesn't have a moment to relax.
e0140365_237610.jpg





中米と南米を繋ぐセンテナリオ橋 Centennial Bridge to connect South America and Central America
e0140365_2382949.jpg



太平洋に向け高度を下げるオペレーションをするペデロミゲル閘門 
Pedero Miguel Locks to lower a ship toward the Pacific Ocean
e0140365_23103540.jpg


陸路のアクセスが良いためペドロミゲル閘門には通峡見学者が絶えることがない。
Because of easy land access, Pedro Miguel Locks always have many tourists to see ships in transit
e0140365_2313421.jpg



太平洋に一番近いミラフローレス閘門 こちらも見学者がいっぱい!
Miraflores Locks, the nearest to the Pacific Ocean, is also full of tourists!
e0140365_23153053.jpg


e0140365_23163458.jpg




アメリカ橋  The Bridge of the Americasセンテナリオが2004年に完成するまでパンアメリカンハイウエイの一部として南北アメリカ陸路を繋ぐ唯一の橋であったアメリカ橋 この橋をくぐると2か月ぶりで太平洋へ。  
The Bridge of the Americas, an important part of Pan American Highway, used to be the only one bride to connect North and South Americas up until the completion of Centennial Bridge in 2004. Passing the Bridge of the Americas, we came back to the Pacific Ocean after 2 months.
e0140365_23191933.jpg


e0140365_2320473.jpg


e0140365_2321575.jpg


か くして17時04分パナマ湾に放たれたASUKA IIの長い一日でした。
Thus ASUKA II was released in Panama Bay and finished a long day of transit at 17:04.
[PR]

# by magnifika | 2013-04-25 23:34 | クルーズ/Cruise
2013年 04月 24日

パナマ運河通峡-4 自然  Crossing the Panama Canal-4 Nature

6月6日(水) 
Wed. June 6

e0140365_21422639.jpg



e0140365_21431527.jpg



e0140365_21442284.jpg



e0140365_21443845.jpg



運河の巨大ワニ A huge crocodile of the Canal
e0140365_214623.jpg



もう一匹 Another one
e0140365_21471839.jpg



e0140365_2155225.jpg



e0140365_2148187.jpg



第3運河の大規模な工事現場 The large-scale construction site of the new canal 
e0140365_21502586.jpg


パナマ運河を取り巻く自然は素人目にも植物、動物の宝庫。第3運河工事後にも世界物流の拡大と自然がバランスよく共存できるとしたらそれは奇跡とも呼べるのではないだろうか。この写真の動植物がいつまでもその住処を失なうことがありませんように・・・

It does not take an expert to see that the environment of Panama Canal is a treasure-house of plants, and living things. It would be a miracle if expansion of the world distribution benefited by the new Canal and nature can coexist in a well-balanced condition. May this treasure-house be kept as it is!

資料・駐日パナマ大使館 / A source of information by Embassy of Panama in Japan
パナマ運河拡張工事 Panama Canal Expansion Project
[PR]

# by magnifika | 2013-04-24 22:02 | クルーズ/Cruise