人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 25日

5年生存者/Five-year Survivor


今月はこんなことも/ November is a month of celebration for my family such as this:
5年生存者/Five-year Survivor_e0140365_23441355.jpg



こんなことも/ and this:magnifika's birthday cake as was served by the hotel
5年生存者/Five-year Survivor_e0140365_2345550.jpg

あったけれど、今年はもうひとつの記念日が加わった5年生存記念日。/ and today is another anniversary for me to be happy about, magnifika's Five-year Survival anniversary from cancer.

2004年11月25日、癌の手術。荒海を一人必死で泳いでいるような日々。

その海から今日陸に上がる。再発も無く5年を無事生き延び晴れて生存者の仲間入り。

この5年は私自身には当然ながら、否応無く家族のそして私を取り巻く人々の日常にも余波が及んだ。仕事も何もかも全部手放し、長期戦に備えた。その当時を思い起こすと身勝手で大変申し訳ないことをしたという思いに捕らわれる。

術後、少しずつ日常生活が戻ってくると、勝間和代さんのような私は消えうせていた。人生でしたいことは本当はなにか、自分はどうありたいかを自らに静かに問うた。答えを無理に出すこともせず過ごしていくうち、泉から水が湧き出すように新鮮な望ましい私のありようが届けられた。

今日、日常そのものが至福である。病を経なければ心は今日にたどり着けなかったとしたら、5年前の手術は私の心の大手術でもあったと思う。

家族や私を取り巻く人たち、そしてわたしを今日という日に送り届けてくれた全ての人たち、私は感謝と生への愛しさで溢れそうです。


定期健診の勧めとストレスとの付き合い方
私のガンは定期健診で早期発見されたため今日を迎えることが出来たと思います。是非定期健診を!

またガン発生の原因はストレスが最大の因子であったと確信しています。ストレスを上手にあしらってください。

Underwent cancer operation on the 25 th of November, 2004. The days like swimming and struggling in the rough sea all by myself followed.

Finally I landed today from the sea. Without recurrence, I find me living today. I am now publicly added to the data of the 5-year survivors. Looking back over those days, a stir then leaves me a dull ache deep in my heart.

The past five years have changed not only my daily life and life style but also those of my family and the people related to me as I had to prepare for the coming fighting days with my disease. I abandoned my job career, too.

As my daily life came gradually back after the operation, I repeatedly asked myself about the priority in what to do in my life, and how I can be an ideal being as I and others can agree in the coming years. I did not force myself to form a hasty answer. In my slow but steady recovery, it welled up as fresh water from a spring and spread in me. It is a simple form of fresh and desirable life:

Today, daily life itself is a bliss. If it had not been for the cancer operation, my mind could not have reached this stage. In that sense, it may have been an operation of my mental being.

My trite but important advice: 1. Do not postpone your regular medical checkups!
2. Avoid stressful life or tame stress into a harmless one by all means.




コメント/Comments
[this is good] Happy birthday, wedding anniversary, and life! May you have many more and many happy years!
投稿情報: homebody | 2009/11/25 09:16

[this is good] Happy November! Happy five years and at least another 50 to you! Blessings to you!
投稿情報: Flamingo Dancer | 2009/11/25 10:15

Thank you so very much, homebody! It is one of the nicest things to have a good friend to join my celebration.
投稿情報: magnifika | 2009/11/25 11:35

Wow! It is very generous and sweet of you to wish me happiness of so many years more!
Thank you so much, Flamingo Dancer!!
投稿情報: magnifika | 2009/11/25 11:40

[this is good]
三つの記念日、中でも5年生存記念日、おめでとうございます。
人生何が起こるか分かりませんが、無駄なことは何もないのかもしれませんね。
magnifikaさんの今後のますますのご健康をお祈りいたします。
投稿情報: Poran | 2009/11/25 12:23

[いいですね]
災いと思われることも 切り抜けると 新たな幸せを運んできてくれるものですね。
叔母二人 42歳で癌になり 大手術を致しましたが、二人とも今も元気で暮らしております。もう38年位前のことですね。
magnifikaさんが 今後ますます楽しいブログを書き続けて下さって、
たくさんの元気を分かり合えることを 祈念いたします!
投稿情報: chika8315 | 2009/11/25 12:36

magnifikaさん一杯色々オメデトウございます。
お元気に成られて好かったわ!
magnifikaさんは元気印かと・・・思っていました。
力強い絵を何時も拝見してましたから・・・
magnifikaさんの色に心の色が出ていたんですね。
負けないぞ!って~~そう思いました。
此れからも・・・ちょっと浮世離れした~
magnifikaさんのブログ楽しみにしていますからね。
もう~一度お元気に成られてお・め・で・と・う・御座います。
投稿情報: Kappa | 2009/11/25 16:24

Poranさん、有難うございます!
あの頃はこの日を、よきブログ友だちに祝ってもらえる日があろうとは想像もしておりませんでした。失った以上を与えられている気がいたします。ほんとうにPoranさんのおっしゃるとおりだと思います。無駄なことは何一つない・・・心にしみます。
投稿情報: magnifika | 2009/11/25 21:51

振り返ってみると、この5年が今日に続いていたことに気づかされます。
叔母様のことなど伺うと心強い気がいたします。と同時に私自身も病に倒れた他の人の勇気付けになれるよう与えられた日々を大事に過ごしたいと思います。
chikaさんのお優しいコメント本当に嬉しいです。有難うございます!
投稿情報: magnifika | 2009/11/25 21:57

Kappaさん、有難うございます。
いえいえ、意気地のない私です。でもブログの友人たちに元気付けてもらい日々のエネルギーを頂いています。優しい言葉には命を吹き返させるような力がありますものね。
Kappaさん、いつもありがとうございます!
投稿情報: magnifika | 2009/11/25 22:11

「5年生存者」の文字で、「えっまさか元患者であったの?」とびっくりしましたですよ。
私の友人にも患者だったのが三人いました。
早期発見出来れば、もう怖くない病気の一つになりつつあるとか。
過去の作品にある種の“生々しい生への‘すごみ’にも近い迫力”がある理由が判った気もしたり。
あの黄白い花の集団から一本だけ下に落ちている花の絵です。
投稿情報: ガイレイ-ガイレオ | 2009/11/25 23:04

[いいですね]
おめでとうございます!
自分自身の事なのに、バランスを崩さないと見えてこないものってたくさんありますね。
周囲の人々からどれだけ自分が支えられてきたのかなんてことも。
polanさんがおっしゃっているように、人生に無駄なものなんて何ひとつないんだなと思います。
以前、charanさんが紹介されていた詩が蘇ってきたので、お祝いに置いて行きます(笑)


大きなことを成し遂げるために、
力を与えてほしい、と神に求めたのに、
謙遜を学ぶようにと、弱さを授かった。

より偉大なことができるようにと、健康を求めたのに、
より良きことができるようにと、病弱を与えられた。

幸せになろうとして、富を求めたのに、
賢明であるようにと、貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして、成功を求めたのに、
得意にならないようにと、失敗を授かった。

人生を享受しようと、あらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるようにと、生命を授かった。

求めたものは一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、
心の中で言い表せないものは、すべて叶えられた。
私はあらゆる人の中で、もっとも豊かに祝福されたのだ。

本当におめでとうございます(´∀`*)
投稿情報: Laka | 2009/11/26 11:34

そうですね。早期発見の医療技術も向上していますので、検診を怠らなければガンで命を落とすこともなく済むケースが多くなってきました。周囲の人に折りあるごとに「検診を」というものですから、もしかしたら陰で「検診おばさん」などといわれているかもしれません(笑)
絵は以前から好きだったのですが、病を得るまで時間がありませんでした。思わぬことで絵に向き合う時間に恵まれました。人生は出来の良い桐ダンスのようなもので、こちらが閉まるとあちらが開くようにうまく仕組まれていますね。
ガイガイさんも「検診」受けてくださいね!(蛇足!)
投稿情報: magnifika | 2009/11/26 19:29

Lakaさん、素晴らしい詩のプレゼント、ありがとうございます!おりおりに思い出して糧にしてゆきたいと存じます。
よきブログ友だちを得られたことも回復期の楽しみでした。これからもよろしくおねがいします。
投稿情報: magnifika | 2009/11/26 19:45

magnifikaさん、何も知らずに居ましたが沢山のお祝いおめでとうございます。ブログから何時も心に残るメッセージを感じてます。私は昨年の2月にストレスで体調を崩し暫く入院しました。だからおっしゃることがよくわかります。私は、入院して暫くしてダイビングを知り癒されストレスを少しでも和らげる事が出来ました。これからもスローでもいいですのでいろいろ楽しんでくださいね。いつか一緒にダイビング出来ると良いですね!(^^)! これからも、ブログの更新楽しみにしてます♪
投稿情報: Elena | 2009/11/26 22:12

Elenaさん、有難うございます。
それは大変な思いをなさいましたね。ほんとうにストレスは人の体の免疫力を極度に奪います。そんな時が病魔にとってのチャンスなのでしょうね。
ダイビングはとてもよいストレス解消法です。潜っている人たちの顔はみんなおだやかで、みんながやさしい・・・ いつかご一緒に潜りたいですね。
投稿情報: magnifika | 2009/11/27 08:26

ダイバーの皆さん、本当に優しい良い顔をしてますよね!何時の日か楽しみにしてます♪また一つ夢が増えました(*^^)v
投稿情報: Elena | 2009/11/27 13:10


いつか、きっと・・・・:)
投稿情報: magnifika | 2009/11/29 10:14

おめでとうございます。magnifikaさん(`・ω・´)
私には30mと離れていない家に同い年の幼馴染がいたんですが、二十歳を迎えることなく癌で旅立ちました。色々と今でも考えます。
 生きる事への感謝は、死を直視せずには得られない事だと思います。
magnifikaさんが、ますます元気に絵を描かれますように(^-^)
投稿情報: Anaguma | 2009/11/29 16:32

有難うございます!
ご友人のこと、本当に痛ましく伺いました。これから「生」を謳歌しようというときに死を迎えなければいけないなんて・・・
「生」は授かったものと感じるこの頃です。残された可能性に出来るだけ挑んで、同じ病に絶望している人の小さくとも希望の光になれるよう暮らしていけたらと思っています。
Anagumaさんのフォトからは、大きな力をもらっています。いつか写真展で本物を拝見するのも「生きて為す」ことのリストに入っていますので楽しみです。 
投稿情報: magnifika | 2009/11/29 19:32

おめでとうございます。
先日、高校の友人達5人が集まって話しました。女性一人は3年前に癌の手術をしています。その中で一人、お医者さんがいて、彼が言いました。いろいろ、病気はあるが一つだけ、確実なことは、5人は絶対にいつか死ぬということだ。
 一日一日を楽しく、充実して暮らすことが一番大事だと皆で話しました。要するに毎月飲み会しろってことかよと笑いました
投稿情報: KAZUHIRO | 2009/12/04 23:35

KAZUHIROさん、有難うございます。
ほんとうですね、人生はもらいもの。もらいものに長い、短いと文句をつけるわけに参りません。有難く頂き、大事に生きることが唯一受身側のできることです。
毎月の飲み会、聞いただけでこちらまで楽しいです!
投稿情報: magnifika | 2009/12/05 23:18

by magnifika | 2009-11-25 08:35 | 日常のあれこれ/Tidbits


<< my gallery 23: ...      伊豆高原温泉/The Izu ... >>