My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 31日

海の贈物 gift from the sea: ヨツアナカシパン Sand dollar


e0140365_22492455.jpg




ヨツアナカシパン sand dollar(ヨツアナカシパン: 伊豆半島大瀬崎。水深12m。砂地。相模湾から九州に分布。通常砂の中に生息するため慣れるまで気付かない。棘皮動物門のウニの仲間)

These sand dollars came from the 12m deep sand sea bottom of Ohsezaki diving spot, Izu Peninsula, Shizuoka, Japan.


e0140365_2321294.jpg





空 

「素晴らしい風船旅行」という映画を見に連れて行ってもらい空に憧れた。小型機を駈った。


陸 

馬との出会いがあり、頭の中は馬のことばかり。障害馬術に夢中になった。


海 

やがて海との出会い。スキューバ・ダイビングのギアを持って世界を回った。
そして1ダイブにひとつだけ、海中の小さな亡き骸か小石をBCDのポケットに入れて帰るようになった。

海はこんな宝物との出会いを用意してくれていた。
いつからかネームペンで出会いの日付と場所を記した亡き骸たちが貝の形の器の中にこんもりと盛られている。それぞれから海の音が聞こえてくる気がする。



SKY:
When I was a little girl, I was taken to see the French movie "Le Voyage en Ballon" by my sisters. And the sky had totally enchanted me. Some years later, I flew a light plane myself.

LAND:
There was an encounter with horses. Horses had occupied my mind, heart, and time. I had been absorbed in show jumping.

SEA:
Then came an encounter with the sea. I have visited many places on the face of the earth with my diving gear. I do not know from when, but I had made it a custom at each dive to bring back just one tiny remains of a deceased sea creature in my BCD pocket, to put in the shell-shaped plate of mine with a date and place of meeting in black ink. If I pick up one of them and bring it close to my ear, I can hear the sound of the sea where it lay.
[PR]

by magnifika | 2008-07-31 11:17 | 日常のあれこれ/Tidbits


<< 自家製リキュール home-m...      夕焼け the evenin... >>