人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 28日

海の遭難信号と沈黙時間 Maritime Distress Signal & Silent Period

5月30日(水) 終日航海
Wed. May 30 At Sea

e0140365_2323282.png


毎朝9時少し前にキャプテンから最新の航海情報が放送で流れる。それに加えて、楽しみなのが、船や海にまつわる興味深い話を付け加えてくださることだ。

今日は沈黙時間と遭難信号について:

「船の世界には昔から弱い者の声を必死に聴く習慣がある」 それは「沈黙時間」。
船舶の無線室には「沈黙時間」用の特殊な時計備えられていた。毎時0・15・30・45分から3分間の間に色が塗られている。赤は第一沈黙時間、緑は第二沈黙時間
沈黙時間には全ての船舶は通信を停止し、遭難船の信号の有無に注意を集中した。当時はモールス信号が使用されていた。
私たちがマラッカ海峡に差し掛かった2012年4月14日、タイタニック号の沈没100年を迎えたが、タイタニック号こそが世界で初めて「遭難信号」SOSを発信した船となった。1999年以来モールス信号も沈黙時間も人工衛星の発達によりEPIRB(非常用位置指示無線標識装置=Emergency Position Indicate Radio Beacon)に取って代わった。

しかし、多くの船が役割を終えた沈黙時間時計をまだ大事に壁にかけている。


Every morning a little before 9 o'clock, our Captain gives us an up-to-date cruising information plus an interesting sea-related story by way of broadcasting. This morning it was about "Silent Period".

In the world of ship, there had been a custom to listen with intense attention to the voice of those who were in need for help. It was "Silent Period".

Every communication room of a ship used to have a special clock showing the silent periods, that is, 3 minutes after every 0, 15, 30, and 45. During each period, all the ships at sea stopped waves except for one in distress. They used Morse code those days.

April 14, 2012 was the 100 th memorial day of the tragedy of Titanic. It was the very first ship that sent distress signal "SOS" into the air.

The Morse code and silent period clocks were replaced in 1999 by EPIRB(Emergency Position Indicate Radio Beacon) thanks to the development of the artificial satellite system. But many ships still keep the hitoric clock on their wall. So does our ship ASUKA II.

by magnifika | 2013-03-28 23:04 | クルーズ/Cruise


<< 香水 aruba      早朝赤道通過 Crossed ... >>