人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:美術/Art( 17 )


2011年 10月 20日

Photo Sketch of Nara: 画家の庭/An Artist's Garden

唳禽荘/House of Bird Chirp


e0140365_9482317.jpg




e0140365_947810.jpg




e0140365_9492133.jpg




e0140365_9494156.jpg
上村松篁画伯の妻であり淳之画伯の母の上村たねさんがお植えなさった、と画伯がぽつりとおっしゃる。たねさんは松園画伯の代表作『序の舞』のモデル。今年6月103歳で逝去。/The plant, Maestro said, had been planted by his late mother Tane. She passed away June this year at the age of 103. She is a model of his grandmother Shoen's masterpiece "Jo-no-mai".




e0140365_9501528.jpg




e0140365_951340.jpg




e0140365_9512940.jpg




e0140365_9515362.jpg




e0140365_952867.jpg




e0140365_10302877.jpg
松柏美術館/Shohaku Museum


奈良市登美ヶ丘の松柏美術館から車で20分ほど離れた上村淳之画伯のご自宅兼アトリエの「唳禽荘」をお訪ねする。画伯自らご案内下さる広大な庭園はまるで鳥類の楽園のよう。人を恐がらない鳥たちが数百種、千数百羽大事に飼育されている。画伯の絵画の中でいきいきしとして繊細な鳥たちの動きの秘密が・・・今、目の前に・・・
三代にわたる大芸術家を育んだ庭を飽くこともなく拝見する。

先生、ご案内と貴重なお話の数々、本当に有難うございました。

We met the great artist, Atsushi Uemura at Shohaku Art Museum in Nara City. He is director of the Museum, from where he even led us to his private house and working studio a 20-minute drive away.

There it was, a grand-scale garden of flowers and birds! He himself showed us around his garden. More than 1500 birds of some hundreds of kind live here. They are not afraid of man at all. They are super models well taken care of. No wonder the birds and flowers in his works are very lively and sensitive in detail. The garden that has helped develop talent of 3 great artists for three generations was so enchanting and attractive that I could not refrain from touching this and that around me.

I would like to express my great thanks here to Maestro.


上村松園/Uemura Shoen 1875~1949
女性として初めての文化勲章を受章。気品ある格調高い女性像を描く。
An important woman artist of Japanese brush painting mainly of dignified and refined women & the first woman recipient of an Order of Cultural Merit


上村松篁/Uemura Shoko 1902~2001
文化勲章受章。近代的造形、色彩感覚を取り入れた花鳥画で知られる。
The first son of Shoen, an artist of Japanese brush painting mainly of flowers and birds & a recipient of an Order of Cultural Merit

上村淳之/Uemura Atsushi 1933~ 
松伯美術館 館長 花鳥画
The third generation of this famous artist family, Shoko's son, an artist of Japanese brush painting mainly of flowers and birds & the directer of Shohaku Art Museum in Nara


magnifika's wordpress

by magnifika | 2011-10-20 20:44 | 美術/Art
2011年 05月 02日

田中一村を訪ねて/Tanaka Isson Art Museum

田中一村記念美術館/Tanaka Isson Art Museum

e0140365_114751.jpg



e0140365_11667.jpg




e0140365_16492.jpg
一村の代表作「アダンの木」絵葉書/A postcard of Isson's masterpiece



e0140365_1122840.jpg
美術館敷地内に育つ一村が好んで描いたアダンの木/A tropical tree of the island, Isson's favorite material





More

by magnifika | 2011-05-02 01:17 | 美術/Art
2010年 04月 28日

静岡県立美術館 ロダン館-2 Rodin Wing of Shizuoka Pref. Museum


地獄門 La Porte de l'Enfer (The sixth La Porte de l'Enfer of the existing seven)


1
e0140365_21441748.jpg
The 6 th La Porte de l'Enfer






2
e0140365_21445960.jpg








3
e0140365_2147076.jpg




4
e0140365_21475612.jpg





5
e0140365_21483280.jpg




6
e0140365_21495340.jpg


この門は世界に7つある地獄門のうち6番目に製作されたもの。1番目が川崎造船社長・松方幸次郎の資金提供で鋳造された上野の国立西洋美術館のもの。2番目-フィラデルフィア ロダン美術館、3番目-パリ ロダン美術館、4番目-チューリッヒ美術館、5番目-スタンフォード大学、そして6番目が静岡県立美術館。7番目はソウルのロダン・ギャラリー。4番目までは砂型鋳造法、スタンフォード、静岡はロストワックス法での鋳造。

This is the 6th La Porte de l'Enfer of the seven and owned by Shizuoka Pref. Museum. (Produced in a method of lost wax casting)

1st La Porte de l'Enfer The National Museum of Western Art, Tokyo (sand casting)

2nd Rodin Museum, The Philadelphia Museum of Art, Philadelphia (sand casting)

3rd Musee Rodin, Paris (sand casting)

4th Kunsthaus Zurich, Zurich (sand casting)

5th Stanford University, California (lost wax casting)

6th Shizuoka Prefectural Museum of Art, Shizuoka, Japan (lost wax casting)

7th Rodin Gallery, Seoul



他の展示の一部 Some other exhibits:


e0140365_2158850.jpg
カレーの市民 The Burghers of Calais, Jean de Fiennes



e0140365_21584886.jpg
バルザック Balzac



最初に製作された国立西洋美術館の地獄門 
The 1st "La Porte de l'Enfer" of The National Museum of Western Art, Tokyo



世界遺産暫定リストに登録されているル・コルビジェ設計「国立西洋美術館本館」。地獄門の近くにはブールデルの「弓を引くヘラクレス」や「カレーの市民」もある。

The Museum building was designed by Le Corbusier and is on the World Heritage tentative list. In the front outdoor square is the very first "La Porte de l'Enfer" with "Herakles Hpaklhs" by Bourdelle and "Les Bourgeois de Calais".


e0140365_2203059.jpg
最初の地獄門The first La Porte de l'Enfer of National Museum of Western Art, Tokyo




e0140365_2224945.jpg
国立西洋美術館 The Building of National Museum of Western Art, Tokyo, desighed by Le Corbusie





e0140365_2241524.jpg
Herakles Hpaklhs by Bourdelle National Museum of Western Art, Tokyo

More

by magnifika | 2010-04-28 00:12 | 美術/Art
2010年 04月 26日

静岡県立美術館 ロダン館-1 Rodin Wing of Shizuoka Pref. Museum of Art

静岡県立美術館 ロダン館 Rodin Wing of Shizuoka Prefectural Museum of Art


e0140365_2050417.jpg
考える人 Le Penseur






e0140365_2051446.jpg
ロダン館入口 Rodin Wing entrance




e0140365_20525844.jpg
ロダン館 Rodin Wing




考える人 Le Pense


e0140365_20541470.jpg








e0140365_20543873.jpg







e0140365_20551913.jpg







e0140365_20555465.jpg







e0140365_20562545.jpg



人の背は正面以上に多くを語る。背中にはその人が負っている歴史、苦悩、好ましさ、醜さ、いとおしさ、生活の勢いなどなどが否応無く垣間見えてしまう。この背中にひきつけられ目が離せなくなってしまうのもそのせいなのだろう。

むかし姉が、「背中を好きになれない人をパートナーに選んでは駄目よ」と何気なく言って、自分はその好ましい背中の男性に出会い嫁いだことを思い出す。

Man's back tells more than his front. It often reveals his history, agony, ugliness, agreeableness and vigor involuntarily. That may be the reason why my eyes are fixed on the Thinker's back for a long time. I, then, remember what my elder sister said very casually; "If you don't like the back of a person, he will never be your partner." Soon she was married to a man with the back of her taste and lives her life of "happily ever after" with him since.


e0140365_2173828.jpg








e0140365_21163771.jpg









e0140365_20571546.jpg







Rodin Wing of Shizuoka Prefectural Museum of Art:
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/rodin/

More

by magnifika | 2010-04-26 23:50 | 美術/Art
2010年 04月 23日

美術館 5 竹久夢二伊香保記念館など/Takehisa Yumeji Museum in Ikaho, Gumma


e0140365_19524321.jpg
黒船屋 竹久夢二
One of the most known masterpieces of Takehisa Yumeji <絵葉書写し>




e0140365_1954532.jpg
竹久夢二Memorial Museum



e0140365_2012591.jpg


大正ロマンの森群馬県伊香保温泉の一郭に「大正ロマンの森」がある。大正の彩・大正の音・大正の光をテーマに木々の中に雰囲気のある美術館が数棟ある。ギヤマン(ガラス)、オルゴール、そして竹久夢二の絵や所縁のものが展示されている。丁寧な建築物、レトロな展示品がゆったりと配置されていて好ましい。シーズンオフの静かな温泉地で竹久夢二が見た夢をなぞる時間を過ごす。夢二の代表作「黒船屋」はこの美術館に展示されている。

* Memorial Museum of Art in Ikaho, Gunma Prefecture, Japa
Takehisa Yumeji (English)
竹久夢二記念館


(写真撮影が許されていたギヤマン館/Glasware of Takehisa Yumeji's Days)

e0140365_2024079.jpg
ギヤマン館入口(外から)





e0140365_203553.jpg
ギヤマン館入口(内から)





e0140365_204961.jpg
切子ヘルメット型ランプシェード 'helmet shaped cut glass shade





e0140365_2063811.jpg
用の美の名残り once in daily use





e0140365_2071073.jpg
Ceiling light





e0140365_2073823.jpg
Bonbonniere





e0140365_209493.jpg
Blue Carp at the window side





e0140365_20105520.jpg
The Nature Takehisa Yumeji Loved
夢二が愛した榛名湖畔





e0140365_20113255.jpg
宿から望む谷川岳

More

by magnifika | 2010-04-23 00:35 | 美術/Art
2010年 04月 06日

伊藤若冲展 Ito Jakuchu Exhibition

美術展にいってきました: 

静岡県立美術館 「伊藤若冲 アナザーワールド」

The exhibition of Ito Jakuchu (1716-1800) Japanese painter at Shizuoka Prefectural Museum of Art

開催されるとどこまでも追いかける「若冲展」、静岡県立美術館では1997年以来の2回目。今回の特徴は墨絵が多いこと。 やはり若冲はインスピレーションを放ち人々の目と心を捉える。

駐車して、彫刻の点在する丘陵の林の遊歩道を歩いてゆくと目の前が開け美術館が迎えてくれる。この日は八重桜が周囲に彩りを添えていた。




e0140365_0473743.jpg
静岡県立美術館の森



e0140365_0475750.jpg
2010年 伊藤若冲展



e0140365_0482581.jpg
象と鯨図屏風 右隻 絵葉書写し



e0140365_0484391.jpg
象と鯨図屏風 左隻 絵葉書写し


「樹花鳥獣図屏風」 静岡県立美術館蔵の小型複製
Folding Screen Replica
e0140365_0512848.jpg


e0140365_0522896.jpg



e0140365_053350.jpg
静岡県立美術館蔵 Scaled down Replica of the Screen owned by Shizuoka Pref. Museum of Art


e0140365_0584761.jpg
1997年の展示の「鳥獣草花図」屏風 プライスコレクション (この展覧会では県立美術館蔵と下記掲載の両屏風が展示され壮観であった)The real screen of Joe Price Collection shown at the exhibition in 1997



e0140365_114288.jpg
美術館の庭園の桜/Cherry blossoms of the museum garden in bloom
 


コメント/Comments


[いいですね] !
わあー、いいなー。
半分はプライスさんのお陰でしょうね。
投稿情報: ガイレイ-ガイレオ | 2010/04/26 01:32

とてもスケールの大きな作品で見ごたえがあります。
若冲の作品展示にはプライスさんに負うところが本当に大きいですね。
投稿情報: magnifika | 2010/04/27 00:10

by magnifika | 2010-04-06 00:37 | 美術/Art
2010年 03月 12日

展覧会 Exhibition Hopping


e0140365_0393655.jpg
美術展歩き Art Museum Hopping

Have been visiting several art exhibitions recently. Two of them attract me so much that I repeatedly paid visits.

このところ魅力的な展覧会が多いので美術館ですごす時間が長くなっている。中でも国立博物館の「長谷川等伯没後400年展」には何度も足を運んだ。2月開催が始まった頃は大作も全部視野に入って感動したが、最近は人垣で屏風の下部はほとんど見えない。それでも毎回数作にターゲットを絞って楽しみに出かける。

非常に力の入った展覧会で、等伯の作品をここまで一堂に集めて展示するなどということは今後数十年間不可能に近いと思わせるようなスケール。混雑してきていますがそれを除いてお勧めです。 

この展覧会は4月10日から京都国立博物館に巡回/The same exhibition in Kyoto:http://www.kyohaku.go.jp/jp/tenji/korekara/index.html



東京展:HASEGAWA TOHAKU 400TH MEMORIAL RETROSPECTIVE at Tokyo National Museum

e0140365_0385567.jpg
長谷川等伯 図録 HASEGAWA TOHAKU

「美しき挑発 レンピッカ展」と銘打ったタマラ・レンピッカの展覧会は渋谷のbunkamuraで始まったばかり。いまのところ静かに鑑賞を楽しむ人が多いすてきな会場の雰囲気です。上野の都美術館の「ボルゲーゼ美術館展」は少しがっかり。IZU PHOTO MUSEUMの杉本博司展は興味深かったが3月16日まで。暖かくなって来ましたのでふらっといかがでしょう・・・



TAMARA DE LEMPICKA EXHIBITION at bunkamura museum, Shibuya, Tokyo


e0140365_0392289.jpg
レンピッカ展図録 TAMARA DE LEMPICKA

by magnifika | 2010-03-12 21:02 | 美術/Art
2009年 12月 14日

サルガド写真展「アフリカ」 "AFRICA" Sebastiao Salgado


Sebastiao Salgado Exhibition 「生きとし生けるものの未来へ」

e0140365_208596.jpg





e0140365_20104693.jpg




e0140365_2011133.jpg



sebastian salgado's works


一日延ばしにしていたが、展示最後の週に入ってからセバスチャン・サルガド写真展「アフリカ」に出かけた。出かけなかったら恐らく将来いずれかの時点で後悔してやまなかったろう。大きな感銘というか畏敬の念というか・・・に頭(こうべ)を深く垂れる想いで会場を後にした。

ネット上で何度も見ていたが、やはり現像写真の持つインパクトはすごい。旱魃、飢餓、紛争、殺戮、貧困・・・こんな風に並べると悲惨さだけが浮かんでくるが、この写真展における一連のモノクロ写真は、アフリカに誇り高く生きる人々の美しさで見る者を圧倒する。アフリカの自然、動植物も限りなく美しい。サルガド氏のどの作品も宗教画のような崇高さを湛えている。そして祈りを感じる。サルガド氏の写真は20世紀のアフリカを語る長編叙事詩である。

I had been procrastinating to go out for "AFRICA", an exhibition of photographs by Sebastiao Salgado. It was the last week of the exhibition that I went. I would be regretting at some point in the future if I had had missed it. I was struck with awe of the beauty of Africa and its people.

I had repeatedly seen Mr. Salgado's photos on the net, but the real developed prints of his hold an overwhelming impact. Droughts, famine, tribal conflicts, massacres, poverty...all make us imagine pathetic sights. But a series of the photos on the exhibition, all in monochrome, sweep away our preconceptions about Africa. The proud people and the nature there are endlessly beautiful and sublime in Mr. Salgado's photos that are equivalent to religious paintings. I felt his prayers in them. Mr. Salgado's work is great epic poetry of the 20 th century's Africa.

More

by magnifika | 2009-12-14 23:47 | 美術/Art
2009年 09月 09日

私をクルーズに誘った画集 A Book That tempted Me To A Cruise

2001年、素晴らしい画集に出合った。小野田維さんの「遠い楽園の記憶」である。ページを開くと同時に科学者でもあられる小野田氏の静謐な世界に迷い込んでしまった自分に気づく。

入手してから何度手に取り、一人の時間に時空を越えたミトコンドリア・イヴへの航海につれだしてもらったことだろう。

この画集と出合った翌年から実際のクルーズで南を目指し、世界を回り・・・現在にいたっている。実際の航海も素晴らしいものであったが、この画集が誘ってくれる遠い楽園への航海は私たちのDNAと心の奥深くにひそやかに横たわる海が舞台である。

繰り返しいとしみながら手に取る数冊の中の一冊である。

In 2001, I met a wonderful book of paintings, Memory of the Old Paradise by Onoda Tadashi, Japanese scientist and painter.

How many times have I been taken out to a cruise going beyond time and space by the book. sitting alone in my living room? Countless.

The next year I started going out on a real cruise to the south, and have been cruising many times since. I have found that real cruises are wonderful all right, but Mr. Onoda's book invites us to a cruise on the sea that lies deep in our DNA inherited from mitochondorion Eve and in our heart.


共生椰子 Hotel and Palms Living Together
e0140365_0312420.jpg




ユートピアへの航海 Bon Voyage to Utopia
e0140365_032438.jpg




* 小野田さんより写真掲載のお許しをいただいて2作品をご紹介いたしました。

小野田 維氏サイト: http://members.jcom.home.ne.jp/tadashi-onoda/

More

by magnifika | 2009-09-09 12:21 | 美術/Art
2008年 12月 09日

フェルメール展 art exhibition: Vermeer and the Delft Style

フェルメール展 art exhibition: Vermeer and the Delft Style
東京都美術館(上野) 12月14日まで/Tokyo Metropolitan Art Museum


Vermeer Exhibition postcard フェルメール展 絵葉書
e0140365_22504624.jpg




Vermeer Exhibition フェルメール展
e0140365_22512063.jpg




庭のオブジェに映る東京都美術館 Reflection of the Tokyo Metropolitan Museum on the object d'art
e0140365_22533332.jpg


8月から開催されていたのに最終日の6日前に行くなんて・・・一日伸ばしにしてきた付けは大きかった。待ち時間は45分。後から来た人は一時間から一時間半。それも屠殺場に追い込まれる動物のようにぎっしりと隙間なく並ばせられて、数分毎に群れが50cmほど動くのに押されていく。来なければ良かった、としきりに後悔。でも後戻りしようにも後ろにびっしり並んだ数百人の人を掻き分けて出るのも至難の技。これからはハードなアートは遠慮しようと心に誓う。

口直しと言ってはなんだが、「国立博物館」におもむく。常設展示だけの館内は広々している。外国からの個人旅行者ばかりで10人に1人ほどが日本人入館者。静かにいにしえの人々の残したものに対峙する時間を得て、ようやく人間らしさを取り戻す。

"Vermeer and the Delft Style" exhibition at Tokyo Metropolitan Museum is closing next Sunday. I chose today for a visit, but at the moment I arrived there I realized that was a failure. I had to wait in the jammed crowd for 45 minutes before entering the exhibition room. The crowd must move foot by foot every ten minutes. I wanted to crawl out in vain, for some hundreds of visitors after me were blocking the way without any space for a sole to get through. I cannot say this loud, but I felt as if I were in a herd of animals to be led to a slaughter house. So I determined never to try to enjoy this kind of tough art.

After Vermeer, I visited the Tokyo National Museum to breathe. It has very few visitors, most of them from foreign countries, and I spent enough time to relish interesting exhibits of my culture, such as statues, folding screens, paintings, pottery, wood block prints and many others of a supreme class. And I recovered human in me and came home.

More

by magnifika | 2008-12-09 16:12 | 美術/Art