人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:クルーズ/Cruise( 386 )


2013年 08月 21日

アラスカ ミスティ・フィヨルド  Misty Fjord, Alaska

056.gif次の記事 The following post: アラスカ ジュノーの町中で  Downtown Juneau, Alaska



6月22日(金) 日の出 05:14  日の入り 22:42 
Thu. June 21 Sunrise 05:14 Sunset 22:42

e0140365_18422541.jpg



e0140365_1844635.jpg



e0140365_18474347.jpg



e0140365_1848145.jpg



e0140365_18483455.jpg



e0140365_1850484.jpg



e0140365_18504064.jpg



e0140365_18511831.jpg



ミスティ・フィヨルドに行くには:
e0140365_1853324.jpg



e0140365_18534237.jpg


ASUKA II は今回寄港せず通過したケチカン/Ketchikan with cruise ships, which our ASUKA II just passed this time
e0140365_1911551.jpg


オランダ・アメリカ・ラインの「ザーンダム」6.1万トン
いつぞやサグネイフィヨルドについてお世話になったオランダ・アメリカ客船社の人気キャプテンCap. Albert Schooderbeek(アルバート シューダ-ビーク船長)はひょっとしてこの船に乗っておいでかしら。

Zaandom of Holland America Line 61000 t.at Ketchikan
e0140365_1915771.jpg


セレブリティ・クルーズの「センチュリィ」7万トン 左
Century of Clebrity Cruise 70000 t. at Ketchikan Left
e0140365_1925267.jpg


この日も明るく長~い夜/Another long and bright night
23:00
e0140365_19144461.jpg


e0140365_19153952.jpg


「北のヨセミテ」と言われる広大なミスティ・フィヨルド国定公園の中にあるミスティ・フィヨルドは、雨の多い地形でいつも霧にまかれている.「ミスティ・フィヨルド」と呼ばれるようになった所以である。正式には「国定天然記念物」に指定。

海面から900mの高さにそびえる岩壁は壮観な自然の創造物。約5~7千万年前に出来たのだろうとのこと。雪解け時なのであちこちの岩の割れ目を水流が走りダイナミックな滝になって海面に流れ落ちる。

森林が水辺を覆っているので多様な動物たちが見られると聞いていた。ホテルマネージャーの川上さんが乗客のために双眼鏡で熱心にブラウンベアを探してくれたが今日は熊も休暇なのだろう。現れることもなくちょっとがっかり。このフィヨルドへのアクセスは3方法。
1) これから通るケチカンから60kmをカヤックでくる
2) クルーズ船に乗る
3) ケチカンかジュノーで観光用飛行機を使う。

アラスカはまだまだ興味をそそられる地です。

Excerpt from Wikipedia about Misty Fjord;
The area is called "The Yosemite of the North" for its similar geology. Light-colored granite, about 50 to 70 million years old has been sculpted by glaciers that gouged deep U-shaped troughs throughout the monument. Many of the glacial valleys are filled with sea water and are called "canals", but they are not man-made in any way; the walls of these valleys are near-vertical and often rise 2,000 to 3,000 feet (600 to 900 m) above sea level, and drop 1,000 feet (300 m) below it.

by magnifika | 2013-08-21 10:36 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 19日

あっ、白頭ワシ! Look! A Bald Eagle!

6月21日(木) 日の出 05:11  日の入り 22:04 気温18℃ 水温15℃
Thu. June 21 Sunrise 05:00 Sunset 22:04 Temp. 18℃ Water temp. 15℃

e0140365_122455.jpg


e0140365_132136.jpg


A pair
e0140365_195067.jpg


木のてっぺんの白い点が彼らの巣/A white dot of the tree top is their home
e0140365_17589.jpg


22:00 今日は久々にディスコにも行って、よく眠れそう…おやすみなさい!
      After disco-dancing, another good day has closed. Good night, Alaska!
e0140365_1184565.jpg


アメリカインディアンのほとんどの部族がハクトウワシを聖なる生き物とみなす文化を持つという。またアメリカ合衆国の国章の中心デザインもハクトウワシである。

友人と船内のすし店「海彦」で食事をしていると、対岸の樹上から大きな鳥がすぐ目の前を飛翔してゆく。思わずその雄姿に食事も忘れて見入る。その美しい飛翔を実際目のあたりにして、これはなるほど一国の国章にふさわしいと感じ入る。ハクトウワシは同じパートナーと生涯沿うて生きるという。だからよく見ているといつもペアでいる。「ハクトウワシ保護法」で手厚く守られているがアメリカインディアンがその羽を伝統儀式や正装に使用するについては申告後厳しい条件と審査をクリアーすれば許されるのだそうだ。

The Bald Eagle is a sacred bird in some Native American cultures. It is both the natinal bird and national animal of the United States of America. The figure appears on its Seal. Once you see the beauty and dignity of theirs, you will agree on that. They mate for life. There is always another around when you see one Bald Eagle.

by magnifika | 2013-08-19 15:47 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 18日

アラスカ・マリン・ハイウェイ航路沿いの風景 Photo Sketches along the Alaska Marine Highway

6月21日(木) 日の出 05:11  日の入り 22:04 気温18℃ 水温15℃
Thu. June 21 Sunrise 05:00 Sunset 22:04 Temp. 18℃ Water temp. 15℃


コーモラント島付近 Near Cormorant Island
e0140365_2325414.jpg


e0140365_23433287.jpg



明らかに一軒家とみられる家々が散在していて、アラスカは隠遁生活の第一候補に。
Alaska is the most appropriate for hideaways.
e0140365_23442870.jpg



ベラベラ(昨夕ローカルショーのクワクワカワク族と同系の北系クワクワカワク族の土地)を通過
Passing Bella Bella, the land of Bella Bella tribe, the northern neigbour of Kwakuwakawakw that gave us a wonderful stage the day before.
e0140365_23455167.jpg



e0140365_23464914.jpg


by magnifika | 2013-08-18 23:48 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 18日

狭い航路をアラスカへ Cruising Northward to Alaska

6月21日(木) 日の出 05:11  日の入り 22:04 気温18℃ 水温15℃
Thu. June 21 Sunrise 05:00 Sunset 22:04 Temp. 18℃ Water temp. 15℃

アラスカ・マリン・ハイウェイの航路を行く/Cruising on the same route as Alaska Marine Highway

e0140365_17463719.jpg


e0140365_17544283.jpg


Rocky Mountains
e0140365_1845721.jpg


06:00 セイムーア・ナローズ無事通過/Seymour Narrows
セイムーア・ナローズ: その潮流の速さで知られるこの狭まった海峡はバンクーバー島とクアドラ島間の5キロメートルの水域で幅はその名のとおり平均750メートルと狭い。船乗りの間では「世界でも最悪の航海域」と言われているとか。現在は取り除かれたそうだが、以前はこの水面下に「リプルロック」という二つの峰を持つ活火山があって、時には爆発もしたそうだ。

06:00 Safely passed through Seymour Narrows
Seymour Narrows is the marine passage between Vancouver Island and Quadra Island and known for strong tidal currents. It is about the 5-kilometer stretch of 750 meters wide. Many captains think it is the vilest stretches of water in the world.

生き物の気配: 静かな海域を航行中、あちこちの水中、水面に生き物の気配が・・・
After entering calm sea area, we saw and felt the sign of living creatures in and on the water.
e0140365_17491197.jpg



e0140365_17554545.jpg



e0140365_17495683.jpg



e0140365_1864124.jpg


by magnifika | 2013-08-18 18:11 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 15日

バンクーバー出航風景 Photo Sketches of Departure from Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

21:30 定刻どおりの出港 Departure on time
e0140365_2194564.jpg
 


e0140365_21105310.jpg
              


ライオンズゲートブリッジ/Lions Gate Bridge
e0140365_21112422.jpg



e0140365_2112353.jpg



e0140365_2112402.jpg



e0140365_21133167.jpg


出港と同時に空気感や水の色ががらりと変わり、いよいよ北極と赤道のほぼ真ん中の北緯40度の世界に入ってゆく感覚が五感を通して感じられる。思えばなんと長い航海だったろう・・・40日ほど前には南緯40度付近を航海していたのだから。

Soon after the departure, the touch of the air on my cheeks and the colour of the water changed dramatically. Now we enter the intermediate zone between the North Pole and the Equater. Looking back, about 40 days ago, we were around latitude 40 degrees. south.

by magnifika | 2013-08-15 21:48 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 15日

バンクーバー出港前 Before Departing from Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

船から見えるスタンレーパークとライオンズゲートブリッジ 出港後この下をくぐりアラスカへ
Stanley Park and the Lions Gate Bridge viewed from my ship, uncer which we pretty soon sail to Alaska
e0140365_1510426.jpg




バンクーバーの街とノースショアマウンティンズ The city of Vancouver & North Shore Mountains
e0140365_15112935.jpg



キャビンの真下にゴマフアザラシ君がお別れのご挨拶に
A spotted seal came right down my cabin to say adieu
e0140365_15115480.jpg



「レ ラ ラ ダンサーズ」/ Le-La-La Dancers
e0140365_15121746.jpg



e0140365_1513710.jpg


バンクーバーローカルショー「レ ラ ラ ダンサーズ」 西海岸原住民クワクワカ ワク族の伝統ダンスと歌
トーテムポールが商業的に需要に応じて作られるようになってもクワクワカ ワク族は静かに伝統を守り通したため後に数々の博物館・美術館がこの部族の伝統を手本に修復を手がけることが出来たという。この日は捕鯨の伝統歌と踊りを披露してもらった。

Predeparture Vancouver Local Show by Le-La-La Dancers of the native tribe "Kwakuwaka'wakw" It is a tribe to played an important role in restoring totem poles in the later days. They kept their own tradition when totem poles were commercially made by many other tribes. They showed us their dance of catching a whale.

by magnifika | 2013-08-15 15:15 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 10日

バンクーバー スタンレーパーク Stanley Park, Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

e0140365_11254480.jpg



馬車に揺られて・・・/ Photo-sketches from the horse-drawn carriage

e0140365_11274747.jpg



e0140365_11293466.jpg



e0140365_11301845.jpg



e0140365_1131619.jpg



e0140365_11342827.jpg



e0140365_11352212.jpg


e0140365_11362474.jpge0140365_11363193.jpg












e0140365_11394610.jpg


バンクーバーには世界に名だたる優れた公園スタンレー・パークがある。緑が香る広大な園内には水族館、ビーチ、レストラン、バラ園、ミニゴルフコース、テニスコート、シーウォールと呼ばれる海沿いをぐるっと囲むトレールなどなど数々のアトラクションやアクティビティの施設がととのっている。しかしそれぞれが巨木の針葉樹林に隠れて散在しているのでまるで深い森を散策しているのびやかな感覚がある。

なかでもブロックトンポイントの手前の案内所&ショップのある広場のトーテム・ポールは素晴らしい。ASUKA IIの乗客の方がここにある10分の1ほどのサイズの現代のトーテムポールを購入されたが送料別で50数万円だったとのこと。ご参考までに。

公園ヘは街から歩いても1.5kmくらいなのだけれど、今回は夕刻出港なので、タクシーで直接公園へ。公園には1時間ほどで園内をうまく回ってくれる馬車のツアー(大人1人:30カナダドル)がある。馬車のステーションからそれに乗る。


Vancouver has a world-famous good park next to the downtown area. Stanley Park, that is. In the Park full of green, you will find an aquarium,restaurants, beaches, rose gardens, mini-golf course, tennis courts, a long trail named Seawall along the sea, plus various facilities for attractions and activities.

Above all things, the totem poles in the square on the way to Brockton Point are magnificent. Just for reference; one of the ASUKA II passengers purchased a modern totem pole of about a tenth size of the tallest one here for US$ 5,000 excluding shipping fee.

We took a Horse-drawn Tour of about an hour in the park. It starts from the station every 30 minutes in the season the fare is CAD 30 .

by magnifika | 2013-08-10 11:40 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 08日

バンクーバー市街へ Back to Downtown Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20


e0140365_11393062.jpg



e0140365_11573828.jpg



e0140365_11583835.jpg


街に戻り、サンフランシスコでもそうだったように、我が家のヘッドフォンコレクターのあらかじめの計画に従いシーモア通りのオーディオ専門店へ。

その専門店はいくつも試聴室があって、音楽により各室とも最適条件を完璧に備えている。内装の趣味もとてもいい。あれこれ各室で長時間聞かせてもらい、見積もりなど依頼して店を出る。

オーディオ店の近くのコーヒーショップで素晴らしく美味しいターキーとブリーのサンドイッチで遅い昼食。スタンレー公園へ向かう準備完了!

*オーディオショップ情報 Info of the audio shop: "hi-fi centre" 578 Seymour St. Vancouver

Back in town, I had to follow a Mr. Headphone-collector's plan to visit an audio shop at Seymour St. as well as in San Francisco. He had an engagement of a visit beforehand.

The shop has several audition rooms, each of which is nicely equipped and decorated in a good taste. After spending hours listening to various kinds of music in a perfect condition in different rooms, we asked for a quotation including shipping and left the shop.

We had late lunch of turkey & brie sandwich at the coffee shop nearby, which was super delicious. We were all ready for Stanley Park!

by magnifika | 2013-08-08 12:01 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 06日

北バンクーバーキャピラノ渓谷公園 Capilano Suspension Bridge Park, North Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

e0140365_22505767.jpg


A giant totem pole
e0140365_22521668.jpg



e0140365_22531114.jpg



Capilano Suspension Bridge
e0140365_22551012.jpg



e0140365_22554619.jpg



e0140365_22561410.jpg



e0140365_22571057.jpg



e0140365_22574937.jpg



e0140365_22584467.jpg



e0140365_22592583.jpg



e0140365_2301237.jpg


A forest in the water
e0140365_8524693.jpg




入港後すぐ港からタクシーに乗り北バンクーバーにあるキャピラノ吊り橋公園へ。植物のない海を渡る生活が長くなると、無性に緑のかおりが恋しくなる。きょうはカナダ西海岸の雨林からたくさんのフィトンチッドを分けてもらおう。胸いっぱいにその精気を蓄えアラスカ紀行に備えよう。

公園内にはトーテムポールのコレクション館や、高木間に渡された木製の通路があって木々の間を高い位置で散策できる。

キャピラノ渓谷にかかる吊り橋は全長137メートル、高さ70メートル。横揺れの激しいスリル満点の吊り橋。タクシーのドライバーによると、ちょうど一週間前、手からバックを落としてしまった人がそれをとらえようとして転落死したという。「どうぞきをつけてくださいね」と親切な注意をしてくれた。

そろそろ街に帰ろうという頃、船のキャピラノオプショナルツアーをとったかたたちがやってきた。私たちは公園―港間のシャトルバスの運行を知り、それに乗って港まで帰った。シャトルバスはシーズンには30分に1回、無料で所要時間はタクシーと同じく20分ほど。

Right after the arrival, we took a taxi to Capilano Suspension Bridge Park. We have crossed over the sea day after day and started missing the scent of trees and plants. That brought us to the Park of rain forest on the Canadian West Coast.

The Suspension Bridge over Capilano River is 137 meters long and 70 meters high from the River. It sways much sideways with the weight of the people. Our taxi driver told us that a man fell over to death off the Bridge just a week before. He tried to grip on the bridge wire, dropped his wallet out of his hand, and he reflexively gave a fatal stretch to his body trying to catch it. The driver gave us a lot of local social information and kind wishes on our trip and cruise.

The air in the Park filled us with enough phytoncide. We went back to the town all refreshed.

by magnifika | 2013-08-06 23:20 | クルーズ/Cruise
2013年 08月 04日

バンクーバー入港 Arriving at Vancouver

6月20日(水)
Wed. June 20

e0140365_1540788.jpg



The Lions Gate Bridge
e0140365_15404998.jpg



e0140365_15412646.jpg



e0140365_15415946.jpg



e0140365_15424527.jpg


タクシー同様に使われている水上飛行機/ Sea planes as taxi
e0140365_15501915.jpg


e0140365_1551419.jpg



早朝7:00 「ライオンズゲートブリッジ橋」をくぐりバンクーバー港にゆったりとはいってゆくと街の姿が空を背景に浮かび上がってくる。バンクーバー港のシンボル「カナダプレイス」の白帆のデザインの建物が視界に入ってくる。

バンクーバーは太平洋の暖流と大陸の冷気を遮るロッキー山脈に守られ、過ごしやすい気候に恵まれているので世界でも有数の住みやすい都市。人々も穏やかで優しいし人種差別もブラジル同様ほとんどない。すっかり引退したらバンクーバーにでも移り住もうかしら・・・などと、ちらりとよぎるものが・・・

船の入港時、バンクーバーで行われる独特な検査に「ジプシーモス=マイマイ蛾」検査がある。マイマイ蛾は日本でも時折大発生し果樹や森林に害をもたらしている。カナダでは衛生検査官が乗船しキャビンのベランダ等も対象になる検査が行われる。

また外出するには何の検査もなくカナダに入国し街に出られるが、船に戻るときには次の寄港地が米国アラスカのジュノーになるため手荷物検査、米国入国対面審査がターミナル内でおこなわれる。うっかりパスポートを所持せず下船してしまうと大変なことに・・・
またこの日は2000人を乗せた大型客船「アイランド・プリンセス」と1300人を乗せた「フォレンダム」が同時入港していて入国検査に時間がかかる模様。「これを見越した時間の配分を」と船側から忠告がある。

さあ・・・今日は一日のびのびとバンクーバーを楽しませてもらおう!

07:00 We passed under the Lions Gate Bridge aka the First Narrows into Vancouver Harbour. The city was there waiting for us in the morning light. The harbour's symbolic white sails of Canada Place that I had missed were in sight.

Vancouver is favoured with a mild climate thanks to warm current of the Pacific and the Rocky Mountains shielding the city from the cold continental wind. The people are kind and gentle, and racial stress is next to nothing just like Brazil. Many retired people move in to Vancouver. That I understand very well.

Ships arriving here undergo CFIA's (Canadian Food Inspection Agency) inspection while in the port, that is, of gypsy moth harmful to orchards and forests. They inspect to the velanda walls of each cabin.

Another formality we have to be careful about is that we can go out freely to the town without any formality at the terminal, but when returning to the ship we must have the baggage checked and immigration formality cleared by the US authorities because the next port is Juneau, Alaska. In this kind of situation, make very sure that you have your passport with you. Otherwise, you will never be able to return to the ship especially on the day like today when two other passenger liners, Island Princess with 2000 people, and Forendum with another 1300 keep the officers busy.

by magnifika | 2013-08-04 16:03 | クルーズ/Cruise