人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

和蝋燭/Candles-4 和蝋燭と窯元の蝋燭立 Shaved-type Japanese candles in a pottery master's holder






e0140365_2048287.jpg


by magnifika | 2008-09-30 01:00 | 蝋燭/Candles
2008年 09月 30日

和蝋燭/Candles-4 Japanese Red Candle of Celebrations




和蝋燭 赤 / Shaved-type Japanese candle, red



e0140365_20195824.jpg


by magnifika | 2008-09-30 00:53 | 蝋燭/Candles
2008年 09月 30日

蝋燭/Candles-3 和蝋燭 Japanese candle

2008/09/30 0:52 4 コメント


Tribute to Paul Newman/ポール・ニューマン氏を悼んで


e0140365_1949491.jpg


More

by magnifika | 2008-09-30 00:52 | 蝋燭/Candles
2008年 09月 29日

蝋燭/Candles-2 木製の円いキャンドル Wooden round candle holders 


e0140365_1501391.jpg




e0140365_18395941.jpg




デンマーク製のまんまるな蝋燭立。木製。家族がちょっと座ってお茶を飲んだり、新聞を読んだりする楕円のテーブルとしっくりするものだから、たいていはここにある。

These round wooden candle holders are made in Denmark. As they go very well with our oval table, they stay here almost always. I read newspaper here and the fire alarm is right up on the ceiling. Newspaper, tea, candles.....and fire alarm. Perfect, don't you think?


コメント

AMASAKARUさん: 2008/09/29 [いいですね]
一人暮らししている頃、一時部屋中がロウソクだらけになったことあります。(^^;)
ロウソクの光は何ともいいんですよね、心が落ち着きます。
ススが気になってやめてしまいましたが、今は和ロウソクがイイナーと思います。
こんなキャンドルがほしいです。
magnifikaさんは素敵な生活をしていらっしゃいますね( ´∀`) 

magnifikaさん: 2008/09/30
やはり、そんな時期をお持ちだったのですね。
ロウソクのない生活はちょっと考えられません。ジョルジュ・ド・ラトゥールの絵画を思い出し、あの時代の人のほうが夜昼のそれぞれの良さを深く知っていたのではないかと想像をめぐらせます。
そうそう、私にもススが大問題です。なにかよい解決方法はないでしょうか。ススのでないロウソクを開発したら世界的な市場ができるかもしれませんね(笑)
これから和蝋燭をアップしようと思っていました。お時間があったら覘いてみていただけたら・・・
素敵かどうかわかりませんが、蝋燭だけは結構愉しんでいます(笑)

Magicrystalさん: 2008/09/30 [ciò è buono].... Love It !!!

magnifikaさん:Magicrystalさんのコメントへの返信 2008/09/30 Gracias!!

Magicrystalさん:magnifikaさんのコメントへの返信 2008/09/30 De nada..! X

Emjayさん:  2008/09/29
These are really beautiful. I love wooden "things" - I really like the feel of timber.

magnifikaさん:Emjayさんのコメントへの返信 2008/09/29
I love touching these round ones. It is really soothing.
I will touch them for you before I go to bed tonight. lol

Karen Lynnさん: 2008/09/29 [this is good]
Oh Danish...you touched my soft spot. My grandfather came from Copenhagen many years ago. They are absolutely gorgeous! I love wood things too!
Um right under the fire alarm with a newspaper? you sound like an accident waiting to happen! :))
Oh and by the way, your house looks cleaner than mine.... :))

chika8315さん: 2008/09/29 [いいですね]
丸い形も木目も素敵ですね。蝋燭の光とともに柔らかな時間を楽しめそうで、素敵です。

magnifikaさん:Karen Lynnさんのコメントへの返信 2008/09/29
Oh, that sounds great. Now I have another thing coming to my heart whenever I light this pair.
Yes, it once happened actually. I am such a googer to be carried away by one of the paper articles. The damage was only a corner of the newspaper then. So this place makes me feel safer・・・lol
Thank you about my house! But I am cheating. I have some helping hands come regularly, haha・・・

magnifikaさん:chika8315さんのコメントへの返信 2008/09/29
有難うございます。
心地もいいのですよ・・・撫でられてだんだん独特のやわらかい色になってゆくのも木の特徴ですね。

by magnifika | 2008-09-29 01:12 | 蝋燭/Candles
2008年 09月 28日

蝋燭/Candles-1


e0140365_1363019.jpg


More

by magnifika | 2008-09-28 00:12 | 蝋燭/Candles
2008年 09月 25日

庭の贈物: 彼岸花 gift from my garden: cluster amaryllis

彼岸花: cluster amaryllis

曼珠沙華 白日夢幻 唐突の赤

面影の 数ほど咲けり 彼岸花   真愚爾風花(まぐにふぃか)

Haiku Poems:
1. Sudden red. Oh, are you a day dream, Cluster amaryllis?

2. As many as the number of my people who passed away
bloom cluster amaryllis . Magnifika

(The Japanese name for cluster amaryllis means "flowers on the other shore " )


e0140365_23314616.jpg




e0140365_23325126.jpg




e0140365_23331974.jpg

コメント (12)

More

by magnifika | 2008-09-25 00:57 | 庭の贈物/My Garden
2008年 09月 23日

その赤-田村能里子 Her Red -Tamura Noriko


(The English article follows the photos)

天龍寺宝巌院本堂襖絵完成記念 田村能里子展 2008年9月17日~9月29日 日本橋高島屋                     

楽しみにしていた田村能里子展に先週行ってきた。

天龍寺宝巌院本堂の完成より早く仕上がった田村氏の襖絵のお披露目展。独特の赤。しかし様々な色をくぐりぬけて目に映る赤は一律の赤ではない。インドの赤、それも今のようにハイテク産業が盛んになる以前のインドの大地の黄味帯びた赤である。私個人にとっても、田村氏と同時期にインドの暮らしがあったので、皮膚感覚でこの赤から伝わってくるものがある。

この襖絵名 「風河燦燦 三三自在」

残念ながら、展覧会の図録などから掲載するわけに行かない。そこで2003年、日本郵船の初代「飛鳥」でのクルーズの折撮った、船内の「季の奏」の壁画写真を載せてみたい。初代「飛鳥」は現在ドイツのフェニックス・ゼーライン社の所有となり「アマデア AMADEA」の船名でヨーロッパクルーズ船として現役である。

1991年, 初代「飛鳥」メインホール吹き抜けの壁画「季の奏」
Tamura Noriko's mural in ASUKA I 
e0140365_23274380.jpg



初代飛鳥壁画 「季の奏」The music of seasons
Tamura Noriko's mural in ASUKA I 
e0140365_23281648.jpg



お正月クルーズだったためホールに凧が飾ってある。
Tamura Noriko's mural in ASUKA I (The kites are ornaments of the new year.)
e0140365_23284024.jpg


More

by magnifika | 2008-09-23 21:13 | 美術/Art
2008年 09月 21日

洞穴の空間 Space in a cave

横浜国際客船ターミナル Yokohama International Passenger Terminal


Yokohama International Passenger Terminal
e0140365_2333699.jpg



Yokohama International Passenger Terminal
e0140365_2352799.jpg




Yokohama International Passenger Terminal
e0140365_2364123.jpg




Yokohama International Passenger Terminal Ceiling

e0140365_2375274.jpg





'06 フィンランド・ヘルシンキ テンペリアウキオ教会/'06 Temppeliaukion kirkko, Helsinki, Finland
e0140365_2311438.jpg

2 コメント



フランス・パリ プランタンデパート'04 /Printemps Department Store, Paris, 2004
e0140365_23131122.jpg

2 コメント


「横浜国際客船ターミナル」、通称「大桟橋」は2002年完成。設計はロンドンに本拠を置くFOAという若手建築集団がコンペを勝って手がけたもの。FOAは現在世界的に実績を上げているが、これはその代表的建築物。階段もなく、エレベーターもない。自然な土地の起伏がそのまま建築物になったようなユニークな構造である。目に触れる素材はほとんどイぺの木(と思う)。

このターミナルにはクルーズの出入港の折お世話になるが、入口を入るとそこに洞穴の優しさと心地よさが待っている。数日前訪れた折に、少し立ち止まって、「なぜ」なのか・・・と首を傾げる時間に恵まれた。

写真を撮りながら、「ああ、これは洞穴!」と気づく。光は入口から注いでやわらかく内に届く。包まれた安心感と、コーナーに身をうずめたくなる誘惑に満ちている。そういえば原始から引きずってきた「習性のDNA」が目を覚ました経験が何度かある。フィンランドのテンペリアウキオ教会、そしてヨーロッパの数々の聖堂のヴォールト、パリのプランタンデパートなど・・・ 安心感が欲しくなったら、そうだ洞穴に帰ろう・・・

Yokohama Internationa Passenger Terminal alias Grand Pier was built in 2002 designed by FOA who had won the design competition. FOA is now active on global basis. But YIPT still represents itself as its top masterpiece. It has no stair nor elevator. It seems that they constructed the structure along the natural ups and downs of the land. The material is mainly ipe wood (I guess it is).

I use the terminal whenever I go out on a cruise. Each time when I enter the terminal, there are gentleness and comfort that a cave holds. Yes, that is it! This building is a CAVE! Something I must have dragged in DNA from the primitive cave age awakens me here. I had the same feeling at some other places I visited in the past: Temppeliaukion kirkko in Helsinki, Finland, the vaults of many cathedrals in Europe, Printemps department store in Paris, France etc.

Now I know where to return when I feel uneasy...to a cave.

More

by magnifika | 2008-09-21 21:58 | 日常のあれこれ/Tidbits
2008年 09月 19日

ぱしふぃっく びいなす訪問 A visit to the Pacific Venus




Pacific Venus its top deck & the funnel
e0140365_2221266.jpg



今日、日本で2番目に大きい客船「ぱしふぃっく びいなす」号を訪問する機会があった。台風13号の影響で時間を早めて横浜港を出航するとのことで、その前に乗船させてもらった。びいなすにはまだ乗船経験はなかったが、初代「飛鳥」や「飛鳥 II」に乗船する折、幾度も大桟橋でお目にかかっている。わくわくしながら船内を見せてもらった。規模は小さいが、よく心配りの行き届いたセンスのよい調度品、清潔な絨毯、メインテナンスが細部までほどこされたクローゼットの蝶番、必要スペースの配分のよさ、などが気づいたこと。

Today I had an opportunity to visit Pacific Venus at Yokohama. It is the second largest passenger liner of the Japanese flag. Its home port is Osaka. As the typhoon No.13 is approaching, it had to change the schedule and leave Yokohama half a day earlier. I enjoyed a ship tour and tea in the morning, for which I first had been invited in the late afternoon.

What I have learned about the ship:
Although small in size and scale, its furniture is good-taste and maintained nicely and cleanly.
The spotless carpets looks as new as out of the factory.
All the doors and the hinges of public rooms, private cabins, closets, and bathrooms are well manicured and tight. This is very important for every ship to avoid passengers from injuries.
The allocation of the public space is appropriate enough to make passengers feel comfortable.

Now, I look forward to going out on cruise on this ship.

[ ぱしふぃっく びいなす のデータ: Ship Data ]

母港:大阪 / 総トン数 / 旅客定員 / 客室数 / 全長 / 幅 / 喫水 / 巡航速度
26,561 t / pax capacity 644 / 238 cabins / 183.4m in length / 25m in width / draft 6.5m / cruising speed 18.5 knots

Pacific Venus & its reflection on the terminal glass wall
e0140365_22305182.jpg

コメント/Comments:
Sergioさん: 2008/09/20 Great shot : I love the perspective.

magnifikaさん:Sergioさんのコメントへの返信 2008/09/20
Thank you, Sergio!


Pacific Venus main hall & lounge
e0140365_2232227.jpg



Pacific Venus piano lounge
e0140365_22332717.jpg

コメント/Comments:
Sergioさん: 2008/09/20
A good place to take a cocktail.

magnifikaさん:Sergioさんのコメントへの返信 2008/09/20
Right,...listening to gentle piano music.



Pacific Venus main dining room
e0140365_22341686.jpg

コメント/Comments
Sergioさん: 2008/09/20
Mais c'est du luxe Magnifika !

magnifikaさん:Sergioさんのコメントへの返信 2008/09/20
C'est delicieux aussi !

Sergioさん: 2008/09/21
Ah bon, ah bon, j'en ai l'eau à la bouche !



Pacific Venus a living room corner of a royal suite cabin
e0140365_22385759.jpg


More

by magnifika | 2008-09-19 00:01 | クルーズ/Cruise
2008年 09月 16日

庭の贈物: 藪蘭  gift from my garden: Liriope


9月の藪蘭 Liriope in September
e0140365_084649.jpg



e0140365_091981.jpg




花壇のボーダーの藪蘭。今年も紫の花の時期が巡ってきた。このユリ科の植物は多少生垣の陰になっても逞しく葉を広げる。花後も冬の間中丈夫な葉を保つ。春の芽が出る寸前に前年の葉を丸坊主に刈っておく。すると新しい葉の芽が出てくるところからずっとまた楽しめる。好きな植物のひとつ。別名の「山菅」(やますげ)という響きも好き。ユリ科の植物のほうでも、どうやらここを気に入ってくれているらしい。

Liriope is now in bloom at my place. They are bordering the tall hedge and floor stones. The potted ones are also very hardy. The leaves endure winter well and new shoots of leaves never fail to come out in spring. The plant, therefore, gives me a feeling of stability and quiet but welling energy.

More

by magnifika | 2008-09-16 22:38 | 庭の贈物/My Garden