人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 30日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-24 ダーリング・ハーバー Darling Harbour


2月4日(水) クルーズ16日目/18:30 ダーリングハーバーへ移動
Wed. Feb. 4th, the 16th day of the cruise/18:30 Moving the ship from Circular Quay to Darling Harbour

Darling harbour sydney

サーキュラー・キーのターミナルは世界の大型クルーズ船の人気ターミナル。ひとつの船会社が2日に渡って停泊するのは非常に難しい。オーバーナイトする場合はハーバーブリッジをくぐった向こう側のダーリング・ハーバーに移動する。ASUKA IIも、それぞれのオプショナル・ツアーから乗客が戻る18:30に移動開始。見所は、ハーバー・ブリッジ下の通過。

サーキュラー・キーのターミナルは古い歴史と、郷愁をさそうエリア。

ダーリング・ハーバーは現代シドニーの息吹が溢れているウォーターフロントエリア。ショッピング・センター、水族館、コンヴェンション・センターなどがある。

Circular Quay Terminal is very difficult and too popular a place for one cruise ship to reserve two full days there. ASUKA II also must move to Darling Harbour. Besides, for the passengers it is greater to taste two dishes rather than one. At 18:30 when most passengers are back from tours and shoppings, moving started. We passed under Harbour Bridge.

Circular Quay is a historic and nostalgic area, and Darling Harbour is the place symbolizing modern Sydney. Harbourside Shopping Center, Sydney Aquarium, Convention Center, restaurants, casinos are located at the water front of this side.


まるでひとつの詩のよう a poemlike view
e0140365_21445588.jpg





Looking at outdoor performance of the Opera House
e0140365_21471070.jpg





橋の向こうへTo the other side of the Harbour Bridge
e0140365_21475681.jpg




橋の対岸/The other side of the Bridge
e0140365_21492466.jpg





橋の最高部 The highest part of the Bridge
e0140365_21495841.jpg





橋上を歩くツアーがあるとか・・・ Crossing-rail-of-the-bridge Tour!!
e0140365_2152782.jpg




目のくらむようなご挨拶 Wobbling waving
e0140365_21524962.jpg





間もなくくぐりま~す!Now going under the Bridge!
e0140365_21535563.jpg






ブリッジの真下通過中 Passing right under the Bridge
e0140365_21563726.jpg






ダーリング・ハーバーに帰ってくるヨット
e0140365_221632.jpg


by magnifika | 2009-04-30 23:58 | クルーズ/Cruise
2009年 04月 30日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-23 ブルーマウンテンズ-3 Blue Mountains-3




York Fairmont Resortで昼食。Tooheys Newというオーストラリアのビールを頼んでみる。発音は「 トゥーイーズ」。食後Laura(ルーラ)の町を散策。LauraはKatoombaの隣の駅。昔石炭の富豪たちが住んだ町で瀟洒でお洒落な町。この町を最後に帰途に着く。

Had lunch at York Fairmont Resort. Tried one of the Australian beers, Tooheys New. Good! After lunch, we had a stroll in Leura ( must pronounce as Loora), the town next to Katoomba. It used to be a wealthy people's residential area, they say. There is a little posh air in the town. Now it is almost time to go back to the ship.

York Fairmont Resort
e0140365_21185968.jpg



Leuraで買った物 ・ ルーラの木工芸品 What I bought at Leura: wooden handicraft goods

Leuraのおみやげ/wooden flower vase of Laura
e0140365_21203423.jpg




Leuraのおみやげ ワイン栓/wine stoppers
e0140365_21212484.jpg



Leuraのおみやげ Tray and its folding legs
e0140365_21215571.jpg


by magnifika | 2009-04-30 23:47 | クルーズ/Cruise
2009年 04月 30日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-23 ブルーマウンテンズ-2 Blue Mountains-2

オーストラリア ブルー・マウンテンズ/Blue Mountains, Australia
全回投稿の続き/Continuing from the previous post


トロッコのボトム・ステーションからケーブルのボトム・ステーションまで原生林の中のウォークウエイを歩く。清新な空気、緑の香りを楽しむ。

Took a walkway from the Railway Bottom Station to the Cableway Bottom Station and enjoyed fresh air and smell of greens. There are many walkways in the virgin forest.


ユーカリ Eucalyptus
e0140365_20365386.jpg




Rough Tree Fern 10m
e0140365_20382024.jpg




Ribbon Gum
e0140365_20391269.jpg




昔は炭鉱だったブルー・マウンテンズ/Blue Mountains once flourished in a coal mining industry.

e0140365_20524790.jpg
e0140365_20543155.jpg







Cableway
e0140365_20402963.jpg




e0140365_20443392.jpg




No word is found..."Sheer" Rockface!
e0140365_2041291.jpg





Echo Point エコーポイント
e0140365_20565088.jpg




e0140365_2057404.jpg




・・・
e0140365_2059880.jpg
 



Continued to "ブルーマウンテンズ-3 Blue Mountains-3"

by magnifika | 2009-04-30 23:46 | クルーズ/Cruise
2009年 04月 30日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-23 ブルーマウンテンズ Blue Mountains

2月4日(水) クルーズ16日目
Wed. Feb. 4th, the 16th day of the cruise
Sydney, Australia

Blue Mountans国立公園へ  To Blue Mountains National Park

海上生活が半月にもなるので、シドニー滞在の一日目にはBlue Mountains 国立公園のバスツアーを予約しておいた。

シドニー西約100kmに位置するブルー・マウンテンズ。ちょうど東京から週末に箱根に日帰りドライブをするような感覚である。

9:00に船を出発。郊外に出ると車窓から左に魚市場を見て、アンザック橋を渡りAnzac Bridge(詳しく美しい写真はご近所のEmjayさんのブログ)、やがてミレニアムオリンピックが行われた競技場(ANZスタジアム)を右に見て、バスはパラマッタ川Parramatta River (ご近所のEmjayさんのブログ)を渡り、パラマッタハイウェイを一路ブルーマウンテンズへとひた走る。眺めていると乗用車は5台に3台が日本車。ガイドにその理由を聞くと、ここでは車検が10年に1回なのでそれ以前に壊れるような車は敬遠されるとのこと。

シドニーからは鉄道でもブルー・マウンテンズにアクセスできる。最寄り駅はカトゥーンバ(Katoomba)。採掘された石炭の積み出しに利用された鉄道がそのまま使われている。最近、ブルー・マウンテンズに住み、シドニーに仕事を持つというライフスタイルがが特に芸術分野の人たちの望ましい生活スタイルになっているのだそうだ。

After so many days on the ocean, it could be wise to reserve a bus tour to the mountain side, I thought. Since the ship stays overnight in Sydney, why not visit Blue Mountains on the first day!

Blue Mountains is located about 100km west of Sydney. It is like a Tokyoite making a day trip to Hakone.

Started the trip at 9:00, seeing Sydney Fish Market on the left, crossing Anzac Bridge seeing ANZ Millenium Olympic Stadium on the right, crossing Parramatta River, and the bus ran and ran. I saw many Japanese cars on the highway, 3 out of 5. I asked our guide why so many Japanese cars here, and she explained: The official safety check is required only once in 10 years there. So they tend to buy more durable cars. In Japan, the first safety check comes when purchased NEW cars get 3 years old, and the following check comes at each second year. To avoid repeated expensive safety checks, many car owners think of buying a new car at the early stage while their 3-year-old car still sells at comparably high price. This excessive repetition is ridiculous and waste in various senses! Thank you for standing my complaint.

There is a railway from Sydney to Blue Mountains. The nearest station is Katoomba that was once the shipping point of coal mined at Blue Mountains. Today, living in Blue Mountains and commuting to Sydney or having their job there is a fashonable life-style, said our guide.

e0140365_19391728.jpge0140365_19415195.jpge0140365_19425165.jpg









1) Fish Market and Anzac Bridge e0140365_19473747.jpg2) Parramatta River
e0140365_19485852.jpg













ブルー・マウンテンズは国立公園でもあり、世界遺産となっている。

ブルー・マウンテンズの名の由来:
ブルー・マウンテンズはユウカリの原生林 である。温度が高い季節、ユーカリ油が揮発してそれに陽光があたり、プリズム効果で山全体がボーっと青く見えるのが所以だそうだ。実はこれが山火事の原因になる。雷や自然発火が山火事を招く。しかし子の火事により一筋縄では発芽しない固いユーカリの実が発芽可能になるという自然の仕組みの一部なのだそうだ。

Blue Mountains is designated as World Heritage and one of the Australia's national parks.
Blue Mountains is a huge virgin forest of eucalyptus that emits its oil when heated by the sun. The volatilised oil covers the mountains and makes them look blue. That sometimes causes a bush fire during the season of heat originated by tree-to-tree friction or a lightning. It is a necessary process for very hard eucalyptus nuts to get soft and enabled to germinate.

有名なスリーシスターズの像がお出迎え。The statues of famous Three Sisters at the entrance
e0140365_19545720.jpg姉妹の一人/One of the Sisterse0140365_1956643.jpg













マウンテン・デヴィルと呼ばれるトロッコで40度ほどの傾斜の岩間を降下。スリル満点!
A trolley named Mountain Devil runs on the rails with an inclination of 40 degrees through a narrow gap between high-rise rocks. Wow, it's amusing!

トロッコ駅の鸚鵡たち/Parrots at the Mountain Devil Station
e0140365_2003818.jpge0140365_200593.jpg












Senic Railway
e0140365_2071719.jpg



こわいですか?Is Senic Railway so scary?
e0140365_2085386.jpge0140365_2016083.jpg













ユーカリの原生林とスリー・シスターズ Eucalyptus virgin forest
e0140365_20222387.jpg






本物のスリーシスターズ(魔法が解けるまで岩にされてしまっているのだそうです。) Real Three Sisters in the shape of rock until a magic wand is found.
e0140365_20251565.jpg





e0140365_20275130.jpg





Continued to "ブルーマウンテンズ-2 Blue Mountains-2"

More

by magnifika | 2009-04-30 23:45 | クルーズ/Cruise
2009年 04月 27日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-22 パッセンジャーターミナル Circular Quay

2月4日(水) シドニー
Wed. Feb. 4th, the 16th day of the cruise Sydney

ASUKA IIはサーキュラーキー(Circular Quay)のオーバーシーズ・パッセンジャー・ターミナルに7:00投錨。港の西側は現在のオーストラリア発祥の歴史地区ロックス。美しく保存された建物と高層ビルが融合して違和感がない。ハーバーブリッジもオペラハウスもロックス地区も、そして行き交うフェリーや観光船も一望できる贅沢。一日中船のデッキで過ごしたくなるような魅惑的な風景。でもあらかじめブルーマウンテンのバスツアーを予約してある。9:00には出発。

7:00 ASUKA II cast anchor at Circular Guay. On the westside is the Rocks District where present Australia's history started. The fusion of well-maintained historic buildings and high rising modern buildings, Opera House, Harbour Bridge, moving ferries and tour boats on the water tempt me to stay all day on the ship deck to watch them. But I have reserved a bus tour to the Blue Mountains. I must leave the ship at 9:00.

6:35 間もなく接岸 Almost alongside the Quay
e0140365_23393649.jpg




ロックスのレンガの建物群、ハーバーブリッジ・・・右舷着けなのでこれが私のキャビンからの眺め。ナント贅沢なことか!!!/The old building of the Rocks and Harbour Bridge is in sight from my cabin. What a luxury!!!
6:44 Overseas Passenger Terminal
e0140365_23411161.jpg




ASUKA II in Sydney
e0140365_23414229.jpg




Opera House & ASUKA II
e0140365_2342342.jpg


More

by magnifika | 2009-04-27 22:09 | クルーズ/Cruise
2009年 04月 27日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-21 シドニーオペラハウス Sydney Opera House

2月4日(水) クルーズ16日目
Wed. Feb. 4th, the 16th day of the cruise

シドニーオペラハウス:

世界遺産。1957年公募で選ばれたデンマーク人建築家ヨーン・ウッツソンのデザイン。完成まで16年を要した。

「シェル」と呼ばれる屋根はスイスのセラミックタイルで、日差しによって色が様々に変化する。植物園の緑、海の青などとあいまって、成功裏に建築が大都市景観の中に存在感を持っている。

現在年間400万人の観光客が訪れるという。これは実にシドニー市の人口にほぼ匹敵する。
http://www.sydneyoperahouse.com/


6:23
e0140365_23111297.jpg





6:25
e0140365_23114878.jpg





6:29
e0140365_23121276.jpg






6:29
e0140365_23124461.jpg







7:03
e0140365_23131180.jpg





6:20 オペラハウスの対岸の総督邸/Admiralty House opposite the Opera House at Kirribilli Point
e0140365_174464.jpg



午後のオペラハウス(晴れ渡った空の下での色合いもご覧下さい) Opera House under the blue sky in the afternoon.

17:03
e0140365_2315724.jpg





17:08
e0140365_2316099.jpg


More

by magnifika | 2009-04-27 15:18 | クルーズ/Cruise
2009年 04月 26日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-20 シドニー 入港 Sydney!


2月4日(水) クルーズ16日目
Wed. Feb. 4th, the 16th day of the cruise

いつもそうだが湾内に入ると急に船はおとなしくなり、白鳥のように静々と水面を滑りだす。今朝も4:00ごろ待ち焦がれたそのときがやってきた。始めにひとつの灯りを私の目がとらえる。そしてだんだんその灯りの数は増してゆく。シドニーの灯。

ASUKAよ、あれが シドニーの灯だ!!! 大洋から入ってオペラハウスが目の前に現われてくるのを眺めてみたいと長年思い描いてきた。その瞬間がすぐ数分後に・・・興奮が抑えられない。

Right after entering the bay, the ship starts gentle swan move forward. So it did around 4:00 this morning as was anticipated. One light, my eyes caught. And gradually increasing number of lights...lights of Sydney. The moment I had been dreamed for years was some minutes away...to approach Sydney Opera House from the far ocean side.

4:43
e0140365_2232582.jpg




5:54
e0140365_22323995.jpg




右舷の緑のランプを右に回ると・・・ Just a little more turn right at the green lamp...
6:02
e0140365_22333499.jpg




「あっ!ハーバーブリッジの左に!」 The first sight of the Opera House
6:03
e0140365_22401912.jpg


by magnifika | 2009-04-26 15:00 | クルーズ/Cruise
2009年 04月 25日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-19 節分 Spring Begins


2月3日(火) クルーズ15日目
Tue. Feb. 3rd the 15th day of the cruise



The flag of Australia, the country we visit next is now placed at the leftest position.
次の寄港地オーストラリアの国旗 The Australian Flag
e0140365_2217913.jpg


今日は節分。昨日デッキディナーの最後に鬼が出てきて大々的に豆まき行事も済んだ。明日から「春」か・・・と熱帯で迎える立春を不思議な気持ちで咀嚼しきれないでいる。夕方にはそれでも空の色がいくらかやわらかく感じるのは、正直な気持ちに少し無理をしているのかもしれない。

バヌアツからハンサムなオーストラリアの係官が2名乗船し、昨日今日の2日間で乗客の対面審査を船内で終えている。後は今日は早く床につき、明日早朝のシドニー入港時に、オペラハウスを海側から眺めることだけで心も頭も一杯になっている。

According to the lunar calendar, today is the last day of winter. There is a custom to celebrate this day as the day to divide two seasons and to welcome the coming of spring. We prepare roasted soybeans in a wooden square container and scatter them at those who wear colorful ogre paper masks. Yesterday at the end of deck dinner, that ceremony was done. But you see, a charming carrot ogre was on one of the dishes this evening.

Tomorrow we will land at Sydney. Two handsome Australian Immigration officers came onboard from Vanuatu, and gave us a face-to-face interview onboard yesterday and today. So all we have to do now is just go to bed early to get up early tomorrow morning and see the Opera House from the sea side when we approach the port.

おやっ? 今日は節分 Oh, a carrot red ogre !
e0140365_22181474.jpg



操舵室のガラスに映る夕陽
e0140365_22184348.jpg




The moon over the pilothouse
e0140365_2219825.jpg


More

by magnifika | 2009-04-25 17:49 | クルーズ/Cruise
2009年 04月 24日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-18 夕陽 The Sunset


2月2日(月) クルーズ14日目  
Mon. Feb. 2nd 14th day of the curise

デッキ・ディナー後の夕陽 The Sunset after Deck Dinner

17:43
e0140365_21432415.jpg



17:45
e0140365_21435967.jpg



18:29
e0140365_21442759.jpg



18:31
e0140365_21445591.jpg



18:36
e0140365_21451936.jpg



18:39
e0140365_21454760.jpg



そして夜が・・・ And the night falls・・・
e0140365_21462378.jpg




三島由紀夫の「暁の寺」から「夕焼け」についての記述の抜粋: Excerpt about "sunset" from Mishima Yukio's book, "Dawn Temple"

『夕焼の本質などというものはありはしません。ただそれは戯れだ。あらゆる形態と光りと色との、無目的な、しかし厳粛な戯れだ。ごらんなさい、あの紫の雲を。自然は紫などという色の椀飯振舞いをすることはめったにないのです。夕焼雲はあらゆる左右相称(シンメトリー)に対する侮蔑ですが、こういう秩序の破壊は、もっと根本的なものの破壊と結びついているのです。もし昼間の悠々たる白い雲が、道徳的な気高さの比喩になるなら、道徳に色などついていてよいものでしょうか。芸術はそれぞれの時代の最大の終末観を、何者よりも早く予見し、準備し、身を以って実現します。そういうものすべては、形式を待望していたのです。僅かな時間に人間の生活を悉く寇掠し席巻する形式を。それが夕焼ではありませんか。そして何のために?実になんのためでもありません。

もっと微妙なもの、もっとも枝葉末節の気むずかしい美的判断が、(私はあのひとつのオレンジ色の雲の縁のなんともいえない芳醇な曲線のことを言っているのですが)、大きな天空の普遍性と関わり合い、もっとも内面的なものが色めいて露になって外面性と結びつくのが夕焼です。すなわち夕焼は表現します。表現だけが夕焼の機能です。

人間のほんのわずかな羞恥や、喜びや、怒りや、不快が、天空的規模のものになること。人間の内臓の常は見えない色彩が、この大手術によって、空いちめんにひろげられ外面化されること。もっとも些細なやさしさや慇懃が世界苦と結びつき、はては、苦悩そのものがつかのまのオルギエになるのです。人々が昼のあいだ頑なに抱いていた無数の小さな理論が、天空の大きな感情の爆発、その花々しい感情の放恣に巻き込まれ、人々はあらゆる体系の無効をさとる。つまりそれは表現されてしまい、・・・・十数分間つづき、・・・・それから終わるのです。

夕焼は迅速だ。それは飛翔の性質を持っています。夕焼はともすると、この世界の翼なんですね。花蜜を吸おうとして羽ばたくあいだだけ虹色に閃く蜂雀の翼のように、世界は飛翔の可能性をちらと垣間見せ、夕焼の下の物象はみな、陶酔と恍惚のうちに飛び交わし、・・・・・・そして地に落ちてしんでしまいます』
                   
              

More

by magnifika | 2009-04-24 20:54 | クルーズ/Cruise
2009年 04月 24日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-17 デッキ・ディナー  Deck Dinner

2月2日(月) クルーズ14日目  
Mon. Feb. 2nd 14th day of the curise


パシフィック・デッキ・ディナー/Pacific Deck Dinner

夕刻、船は揺れを極力抑えるために速度を緩め、プールデッキで「パシフィック・ディナー」が開催された。プールを取り囲むように並べられた様々な料理と、音楽、ダンス、オープンな雰囲気の交流を楽しむ。食事後鬼たちが現われ豆まきも。

In the evening the ship slowed down its speed to avoid too much rocking for the Pacific Dinner at the pool side deck. The passengers enjoyed beautiful smorgasbord dishes, music, dancing and a sociable atmosphere.

パシフィック・ディナー Deck Dinner
e0140365_07432.jpg



Marimba player Shinsukeさん
e0140365_081823.jpg



Drummer:Takeshi Inomata alias Ino-san
e0140365_084417.jpg



e0140365_095326.jpge0140365_0104222.jpge0140365_011844.jpg

by magnifika | 2009-04-24 20:44 | クルーズ/Cruise