人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 31日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-43 船上カジノ Casino of the Ship

2月12日(木) クルーズ24日目 洋上
Thu. Feb. 12th, the 24th day of the cruise at sea

ニュージーランド東沖北上航海

ニュージーランドの東の海域を北北東に北上航海。タスマニアを出てからの航海は、豪州大陸と南極大陸にはさまれるRoaring 40度(魔の南緯40度)といわれ、世界でも有数の船の遭難多発海域。外洋に出れば波、風、うねりと3拍子がセットになっている。酔い止め薬のタイミングをはずすと船酔いしたりする。

この日も雨で波も荒い。ジムでしっかり汗を流して、のしかかるような外の空の重みをグランドスパではねのける。ダニーデンからランドツアーに出て再びオークランドで合流する友人夫妻のことなど気がかりだ。せっかくのランドツアーもお天気次第で楽しみが左右されるだろう・・・

ASUKA IIの長期クルーズでは有名な「ボブさんのウクレレ教室」が始まる。海上のハリウッド・シアターには色とりどりのウクレレが一席に一台ずつ置かれて、まるで花が咲いたよう。

それからすぐチーフ・バーテンダーの「ニュージーランド・ワイン講座」。試飲ワインが大判振る舞いされる美味い講座なのだ。オークランドでの購入を予定している人にはとても参考になる。

夜は夕食後の「メルヘン・カジノ・パーティー」へのピンク色の招待状が届いている。カジノがメインラウンジにセットされ、メルヘンの世界の登場人物に扮したスタッフがディーラーを務める。船もこの海域では特にたくさんの楽しみを用意して乗客の心身の疲れを癒せるよう腐心してくれているのだろう。

ASUKA IIは日本船籍なので、日本国内同様カジノによる金銭・商品などを授受の対象にしたゲームは禁じられている。しかし購入したチップや増えたチップを預かって次回のゲームまでストックし、また楽しめるという形で運営している。

なにはともあれブラックジャックや、ルーレットをプレイしていると、なんとはなしに007の主人公になった気分も味わえてスリリングである。

Cruising north-northeast off the east coastline of New Zealand

Since we left Tasmania, we have been cruising the area called "Roaring Forties". The latitude 40 degrees south and around is a notorious area for the wild sea and shipwrecks. If you miss the timing to take sickness preventive pills, it would be a disaster. It is raining with heavy clouds over us, the wind is strong, and we have swells today, too.

So the entertaining staff take a great deal of care about their passengers' better quality of life onboard on these days. They give us ukulele class beginning this day. Entering Holywood Theatre where the class is held, many brilliant color ukuleles are placed on the seat, one on each seat like flowers. There is New Zealand Wine Lecture, too. During the lecture, they serve quite a little wine for tasting. That is another joy for passengers. They also sent a pink invitation card to each cabin the previous day, the invitation for Marchen Casino Party after dinner. They set casino tables in the main lounge and each staff dressed like one of the heros or heroines in the well-known stories.

The Japanese law prohibits the transfer of money and goods through betting on the ship as well as in the mainland. Since ASUKA II is a ship of Japanese flag, they just have a service to keep the purchased chips or increased chips through the game for each individual for a period of a year, so that they come back and take them out to have a good time any time there. But I must say it is quite thrilling to experience a feeling of the 007 movie scenes by playing black jack or roulette.



◆ 船長に 「何にもセンチョウ、言うことキカンチョウ」 などど揶揄された「加藤機関長」はアリスの国からのウサギのディーラー。 この船の前身「クリスタル・ハーモニー」にも長く、一番大変な縁の下の機関部をしっかりと支えていてくれる

Our Chief Engineer Mr. Kato is a rabbit dealer who comes from the Alice's Wonderland.

e0140365_1833559.jpg




Roulette

e0140365_1855868.jpg


More

by magnifika | 2009-05-31 16:50 | クルーズ/Cruise
2009年 05月 27日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-42 さようなら、ダニーデン! Sayonara, Dunedin!


2月11日(水) クルーズ23日目
Wed. Feb 11th, the 23rd day of the cruise



ダニーデン出港/Good-bye, Dunedin!

◆ お見送り・・・ぐんと冷えてきた夕刻の港でいつまでも間断なくバグパイプを吹いてお見送りしてくれた青年の姿が目に焼きついてはなれない。有難う~~、ダニーデン! 有難う~~、ポート・チャーマーズ!

A young bugpiper played the instrument aloof on and on in a chill of the evening port to see us off. I cannot forget his sound and patience out of kindness.   Thank you, Dunedin !!   Thank you, Port Charmers !!

e0140365_1623493.jpg




◆ タイアロアヘッド(岬)の保護区に暮らすロイヤルアルバトロス(アホウドリ)にさようならをして次の港オークランドへ

Saying good-bye to the Royal Albatross Colony at Taiaroa Head http://www.albatross.org.nz/ , ASUKA II sailed away from Duniden for Auckland.

Taiaroa Albatross Colony
e0140365_16262187.jpg


More

by magnifika | 2009-05-27 21:45 | クルーズ/Cruise
2009年 05月 26日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-41 ダニーデン駅 Dunedin Station

2月11日(水) クルーズ23日目 ニュージーランド ダニーデン
Wed. Feb. 11th, the 23rd day of the cruise Dunedin, New Zealand


◆ (ダニーデン駅舎: フランダース・ルネッサンス様式の瀟洒な駅舎。しかし現在ではタイエリ峡谷鉄道が止まるだけである。
(Dunedin Station: The Flemish Renaissance style architecture built in 1906, today in use only by Taieri Gorge Railway)
ダニーデン駅/Dunedin.co.nz/


ダニーデン駅舎 Dunedin RailwayStation
e0140365_1663578.jpg





e0140365_167354.jpg






e0140365_1672550.jpg






e0140365_1675667.jpg






ダニーデン駅ホールの床タイル/Dunedin St. hall floor
e0140365_1682449.jpg





ダニーデン駅舎ホール/Dunedin Railway St. Hall
e0140365_169113.jpg





ダニーデン駅舎ホール天井/Dunedin Station hall ceiling
e0140365_1693679.jpg




ダニーデン駅舎ホールのステンドグラス/Stained glass of Dunedin St.
e0140365_1610424.jpg
 








コメント/Comments


素敵な建築です!
建築マニアなんですよ。
投稿情報: ガイレイ-ガイレオ | 2009/05/27 06:43

これほど素晴らしいとは予期していませんでしたので、本当によかったです。楽しんでいただけて、それも嬉しいです。
良い建築は時代を超えて万人の財産になりますね。
投稿情報: magnifika | 2009/05/27 21:25

This is a beautiful architecture. I love the tiles on the floor.
投稿情報: Emjay | 2009/05/31 20:07

I had never expected it so beautiful. I enjoyed every detail of the building.
投稿情報: magnifika | 2009/06/01 08:21

by magnifika | 2009-05-26 23:10 | クルーズ/Cruise
2009年 05月 26日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-40 タイエリ峡谷鉄道 Taieri Gorge Railway


2月11日(水) クルーズ23日目 (日本では建国記念日)
Wed. Feb 11th, the 23rd day of the ASUKAII South Pacific Grand Cruise (National Holiday back home---National Foundation Day)

◆ 今日はポート・チャーマーズのASUKA II の目と鼻の先までタイエリ峡谷鉄道の列車が迎えに来てくれる。とても楽しみにしていたタイエリ峡谷鉄道乗車。 タイエリとはマオリ語で「ゆっくり流れる水」の意で、タイエリ川がゆったり流れる峡谷を見下ろしながら走行する地形に敷設 されている。ポートチャーマーからプケランギを往復して船まで帰る。一日の行程。

The day I had looked forward to came. I took a Taieri Gorge Railway one-day round-trip ride from Port Chalmers to and from Pukerangi. As "Taieri" in Maori means "water flowing slowly", the Railway runs up high along the Taieri River.

e0140365_046942.jpg




◆  出発: All aboard!!

Port Chalmers まで列車がお出迎え The train at Port Chalmers
e0140365_0473037.jpg




出発 All aboard !
e0140365_048660.jpg



Antique rack of the train
e0140365_0484570.jpg



◆ ご参考までに: 住宅所有が外国人にも許されているニュージーランド。湾沿いの日当たりの良い普通の住宅が5千万円ほど、山沿いの日陰地域は半分の2500万円ほど。日本の平均的住宅よりずっと広々した住宅と見た。

Just for reference: New Zealand permits foreign nationals to own houses. The average price of a general residence on the sunny side of the gulf is around 50 million in Japanese yen, and suppose the same sized house is on the shady mountainside, it will be half the price, 25 million yen.

オタゴ半島の内海側の岸辺の住宅地 Residences on the inland seaside of Otago Peninsu
e0140365_0492846.jpg



◆ 人口約400万人のニュージーランドの羊の数は、人間1人に羊10頭の割合。
The New Zealand's population is about 4million. There are 10 sheep per capita!

羊のいる風景 A view with sheep
e0140365_0515852.jpg



◆ パレラ駅の手前だったろうか、列車に向かって大きな赤い旗を大きく振っている人がいる。車内放送によると上下線全てのタイエリ鉄道の通過時にああして旗を振るのを日課にしているとのこと。欠かすことはないという。帰りの通過時もやはり赤い旗が大きく揺れていた。この方には日課のひとつかもしれないが、旅人には生涯忘れられないともし火が心に点火される。有難うございま~す!! 
I am not sure about the place, but probably before Parera Station, I saw someone waving a very big red flag to the train in front of his house. There was an announcement about him a little later that it is his routine to wave a flag to all the Taieri Gorge Trains bothways, rain or shine. It is his routine all right, but for us travellers that is an unforgettable event. That red flag lights a warm light in our heart. Thank you, Mr. Flag-waiver!!

ご苦労様! そして、有難う! His routine, but an unforgettable event for us
e0140365_0525090.jpg



◆ 車窓風景/Views from the train window

こんな景色も・・・Another way of seeing one's own train
e0140365_0534486.jpg




ノース・タイエリ近くの競走馬牧場 Race horse ranch near North Taieri
e0140365_0552822.jpg




Horse race course near North Taieri
e0140365_0541286.jpg




◆ ヒンドン駅で30分ほどの休憩/30 minute stop at Hindon Station

e0140365_0573430.jpge0140365_0585937.jpg













◆ ダニーデン地ビール「Speight」やニュージーランド産のワイン・スパークリングワイン・チーズ・クラッカーのサービス

Dunedin's local beer, Speight, and New Zealand sparkling wine and wine are served.
ダニーデン地ビールスペイト Dunedin Beer-Speight
e0140365_1392787.jpg




       ロビンやマレーのようなシニア市民がボランティアでサービスを担当している。/Senior citizens like Robyn and Murray are serving the passengers on the voluntary basis.
Robyn and Murray
e0140365_1421053.jpg




◆ 土地で取れたものばかりのとっても美味しいボックス・ランチ/Nice lunch made from local products only

e0140365_148711.jpg




◆ シストxistoという片岩の荒野/Xisto rocks creating figures in the wilderness.

e0140365_1502478.jpg





◆ ウィンガトゥイ高架橋/Wingatui Viaduct, Taieri Gorge Railway
全長197m 高さ47m Length 197m Height 47m

e0140365_1524759.jpg





ウィンガトゥイ高架橋上 Right on Wingatui Viaduct
e0140365_154815.jpg






◆ ティープ・ストリーム高架橋/Deep Stream Viaduct

ディープ・ストリーム Deep Stream
e0140365_1553100.jpg





ディープ・ストリーム高架橋 Deep Stream Viaduct-Dunedin, Taieri Gorge Railway
e0140365_1565450.jpg





ディープ・ストリーム高架橋通過中 Crossing Deep Stream Viaduct
e0140365_1573029.jpg





ディープ・ストリーム・トンネルへ Into Deep Stream Tunnel
e0140365_2014100.jpg






◆ 折り返し地点プケランギ駅 海抜250m/Pukerangi Station, shuttling back point---250m above sea level 

広々とした荒野の中をタイエリ鉄道の線路が通っているだけの大地。駅の前の空き地には土地の人の手作り製品などの露天の店が並んでいる。ダルシーさんの作った布製品をいくつも購入する。なんだか長い知り合いだったようなダルシーさん。

それから荒野を歩いてみる。ここから車で30分ほどのところが「ロード・オブ・ザ・リング」のロケ地で、ホビットの村が造られた所だと聞く。しかしそこまで行かなくとも、十分その雰囲気は味わえる。独特な片岩と乾いた草原の景色に埋まると映画より、本のページから登場人物が踊りだしてくる気がする。

What is around Pukerangi Station is vast desolate land with xisto rocks and dry grass with a big sky over them. Someone told me that thirty minute drive from Pukerangi takes you to the site where they constructed Hobbit Village for the shooting of the Lord of the Rings. But while I was walking around, the surroundings was magical enough to take me into the story.

At the open air local market, where people sell what they made at home, I bought beautiful handmade cloth works from Dulcie. Funny, we had the good chemistry even though it was a short talking.

プケランギ駅 Pukerangi St, the shuttling back point
e0140365_14414084.jpg




プケランギ駅に停車する列車 The Train at Pukerangi
e0140365_14422612.jpg




プケランギの風景 The surroundings of Pukerangi-1
e0140365_14431752.jpg





プケランギの風景 The surroundings of Pukerangi-2
e0140365_14435085.jpg





プケランギの風景 The surroundings of Pukerangi-3
e0140365_14472543.jpg







プケランギに人知れず咲くアザミ The surroundings of Pukerangi-4
e0140365_14453684.jpg





Pukerangi, open air market/プケランギのオープン・エア・マーケット ダルシーさんから布製品を購入しました。
e0140365_14521157.jpg




Dulcie
e0140365_1453173.jpg






Dulcie's iris settled at my home/ 5月のお節句にあやめの屏風といっしょに飾りました。
May 5th is a national holiday in Japan, Children's Day. Irises are favoured to celebrate the day. I put Dulcie's iris on the center of the living room table on the day.

e0140365_14564127.jpg
e0140365_14581940.jpg











◆ タイエリ鉄道で働く人と車内販売品/The people working with Taieri Gorge Railway & souvenir from the train.

e0140365_15452229.jpge0140365_15463272.jpge0140365_15472764.jpg











The wooden train-whistle sounds great!
e0140365_15503139.jpg e0140365_1554530.jpg











◆ (ダニーデン駅舎: フランダース・ルネッサンス様式の瀟洒な駅舎。しかし現在ではタイエリ峡谷鉄道が止まるだけである。)
(Dunedin Station: The Flemish Renaissance style architecture built in 1906, today in use only by Taieri Gorge Railway)

駅舎の記事は次回別記事で/The article of Dunedin Station building will come in the next post.

More

by magnifika | 2009-05-26 21:05 | クルーズ/Cruise
2009年 05月 24日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-39 ダニーデン入港風景 Scenery of Port Chalmers

2月11日(水) クルーズ23日目 (日本では建国記念日)
Wed. Feb 11th, the 23rd day of the ASUKAII South Pacific Grand Cruise (National Foundation Day of Japan)

ニュージーランド南島ダニーデン ポート・チャーマーズ港入港
Port Chalmers, Dunedin in the South Island New Zealand (Māori: Te Wai Pounamu)

http://en.wikipedia.org/wiki/Port_Chalmers

6:14 見えてきたニュージーランド The land has come in sight.
e0140365_0164230.jpg






6:44 右舷から上り始めた朝陽 The sun started to rise from the starboard side
e0140365_0192523.jpg







8:16 南島先端オタゴ半島 The south tip of the South Island in NZ, Otago Peninsula
e0140365_022144.jpg






8:16-2
e0140365_0225452.jpg






8:23
e0140365_0231851.jpg






8:24
e0140365_0342175.jpg





8:28
e0140365_02467.jpg





前方のオタゴ半島 The view of Otago Peninsula
e0140365_0242841.jpg




キャビンからの眺め A view from my cabin
e0140365_0245665.jpg




ポート・チャーマーの岸壁 The Wharf of Port Chalmer
e0140365_0262918.jpg





          港に近づくと良い香りがする。切り出した木材の香り。 The scent of timber comes up to the ship.
材木搬出港らしい風景 Timber port
e0140365_0273291.jpg



ラジアタ松材 Beautiful timbers of radiata pine
e0140365_0281999.jpg





◆ ラジアタ松: 植林木の90%がこの木。、紙、ベニヤ板材。ふと見ただけでは日本との関りが見えてこないが「ネピア」というと思い当たる方も多いだろう。王子製紙の製品は北島のネピア市にある同社の所在地の名にちなんで名づけられたそうだ。(Napier=マオリ名Ahuriri)ちなみにネピア市は同社のある苫小牧市と姉妹都市。

またその木皮はラン栽培のバークに、またその樹形ゆえにニュージーランドのクリスマス・ツリーにも利用される。

Radiata pine: Ninety percent of the planted trees in New Zealand is radiata pine, used mainly for paper and plywood. Japanese people are not familiar with the name of the tree, but once you utter one NZ's city in the North Island, Napier, most of us will say, "I always use that! Not a day goes by without using Napier !"

Napier is tissue paper named after the city where one of the major Japanese paper manufacturers has a plant.

Radiata bark is used for orchid pots, and Christmas trees are radiata pine in New Zealand.



◆ ダニーデンは人口で言うとニュージーランド5位の市。スコットランド移民の多い街の総人口14万人内2万人がオタゴ大学の留学生。中国上海市の姉妹都市でもあるダニーデンには中国からの留学生も多い。

Dunedin has the fifth largest city in New Zealand in population, 140,000. Twenty thousand of the population are foreign students studying at Otago University. Dunadin is a sister city of Shanghai, China, so, many Chinese students are studying here.

by magnifika | 2009-05-24 23:46 | クルーズ/Cruise
2009年 05月 22日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-38 NZの2つのフィヨルド Two Fjyords in NZ

2月10日(火) クルーズ22日目 日本との時差昨日より4時間(船内時間正午12:00=日本時間午前8時)

Tue. Feb 10th, the 22nd day of the cruise



ニュージーランド フィヨルドランド国立公園 ミルフォード・サウンド/ダウトフル・サウンド(世界自然遺産)

ミルフォード・サウンド(原住民の名前ピオピオタヒ)& ダウトフル・サウンド:

ミルフォードサウンドはタスマン海から15km内陸に続き、1200m以上の断崖絶壁に囲まれている。フィヨルドに入ると水面は青いガラス面のように静かだが、冷気もぐっと冷たく毛皮のコートを着てちょうど良いくらい。圧倒的な景観が両岸に迫り、自然の神秘にあらためて畏怖の念を抱く。

ダウトフル・サウンドはキャプテン・クックが先に何があるかわからない「怪しげな入江」と船を進めるのをためらったことが命名の由来。全長160km。道路網の整備がないので実際には海からのアクセスしかなく、中々訪れにくい地である。拙い写真では十分お伝えできないけれど、この日見た景観をこの記事を読んでくださる友と分かち合えたらうれしい。



Milford Sound & Doubtful Sound Fjord, New Zealand (The World Natural Heritage)

Milford Sound, Piopiotahi in Māori, is a fjyord stretching 15 km inland from Tasman Sea with precipitous cliffs as high as 1200m on the both sides. Once entering into the Fjyord, the water surface is like a sheet of blue glass. The air gets so cold as 10°C or below. You need a woolen jacket to keep yourself warm. You see breathtaking awesome views on the both sides.

Doutful Sound was named after Captain Cook's hesitation to go forward saying that the inlet seemed so doubtful. It stretches 160km deep inland. There is no roads properly constructed to Doutful Sound overland. At present the access by sea is the best way. I do not know whether my amateur skill of photography can tell the grandeur of their views, but if you could share a bit of them with me, it would be my joy.


ミルフォードサウンド/Milford Sound

6:33 ミルフォードサウンドの入口/Entering into Milford Sound
e0140365_2346224.jpg





ミルフォードサウンドフィヨルド Milford Sound Fyord 3
e0140365_23475137.jpg





Bowen Falls
e0140365_23481866.jpg





ミルフォードサウンドフィヨルド Milford Sound Fyord 4
e0140365_23484865.jpg





ミルフォードサウンドフィヨルド Milford Sound Fjord 6
e0140365_23495189.jpg






Milford Sound 7
e0140365_2354277.jpg






Milford Sound 8
e0140365_23552588.jpg







Milford Sound 9
e0140365_23543882.jpg







ダウトフル・サウンド Doubtful Sound




13:50 Doubtful Sound 1
e0140365_2357382.jpg





Doubtful Sound 2
e0140365_2358747.jpg






岩の上のアザラシ Seals on the rock at Doubtful Sound
e0140365_23583875.jpg






再びタスマン海へ Out into Tasman Sea again
e0140365_2359327.jpg






この日の夕陽 Today's Sunset
e0140365_23592813.jpg


More

by magnifika | 2009-05-22 23:45 | クルーズ/Cruise
2009年 05月 21日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-37 NZマオリのハカ  Haka performance of NZ Maori


ハカ・ザ・レジェンドの舞台とハカ教室の発表会


(ハカ・ザ・レジェンドはニュージーランド・オークランド国立博物館の専属舞踏団 メンバーは皆その分野の家元級の出身者ばかり。実に9日間をASUKA II船上で共に過ごす折に恵まれ色々教えてもらった。)

Haka The Legend is a Haka Dance group attached to National Museum in Auckland, New Zealand. Each member is from the main branch of a family of each performance. It was very lucky for us that they spent 9 days with us on the ship from Sydney to Auckland and taught us much about their culture.)

◆Official site of Auckland Museum: http://www.aucklandmuseum.com/80/maori-cultural-performance

◆All Blacksのハカ Haka of All Blacks: 
http://www.youtube.com/watch?v=zmM7QeoCP1Y&NR=1

http://www.youtube.com/watch?v=kd0kDxP04eI&feature=related


◆ハカ専門学校の卒業発表会のハカ Haka of the Graduation Performance of Haka School:
http://www.youtube.com/watch?v=c-lrE2JcO44&feature=related

◆ポイ・ダンス:Poi dance
http://www.youtube.com/watch?v=0wwRDKTp9CE&feature=related


船上でのハカ・パフォーマンス/Haka Performance at ASUKA II by Haka The Legend

独特な威嚇の大声 Uniquely loud voice of threatening
e0140365_0582652.jpg



ハカ戦士 Haka Warriors
e0140365_059441.jpg




目をむき出しての威嚇 Widely opened eyes to threaten enemies
e0140365_0593568.jpg




「ワイアタ」という伝統的な謡・とても力強い声!Waiata singing
e0140365_103548.jpg




体を打ち鳴らして鼓舞 Slapping the body to make threatening sounds
e0140365_111761.jpg


                        

ハカ・クラスとポイ・ダンスクラスの発表会で/At the graduation stage of Haka & Poi Dance Class

ハカ・ザ・レジェンド,アスカスタッフ&Magnifika/ An Asuka staff and Magnifika with Haka The
Legend
e0140365_16620.jpg



◆有名なハカ 「カマテ」

リード
カ マテ! カ マテ!
コーラス
カ オラ、カ オラ!
リード
カ マテ! カ マテ!
コーラス
カ オラ、カ オラ!
テネイ テ タンガタ プッフル=フル ナア ネ イ ティキ
マイ ファカ=フィティ テ ラ!
ア ウパネ! ア フパネ!
ア ウパネ! カ=ウパネ!
フィティ テ ラ!
ヒ!


意味:私は死ぬ!私は死ぬ!
私は生きる!私は生きる!
見よ、この勇気ある者を。
ここにいる毛深い男が再び太陽を輝かせる!
一歩はしごを上へ!さらに一歩上へ!
そして最後の一歩、そして外へ一歩!太陽の光の中へ!
(ウィキペディアより)

マオリ族について (日本語)

ニュージーランド全人口の約15%を占めるポリネシアの先住民族。

優れた芸術文化をもつ。特に豊かな声楽の伝統を持ち、一般にその声楽は高低差の少ないメロディーか、または語りと歌の中間の声楽様式。話声よりやや高い狭い音域で歌われ、途切れることのない正確なリズム。

伝統的な踊りにハカ、ポイダンスがある。

◆ハカ:

ハカは戦いに出陣するマオリの戦士たちが、勝利を祈願して自らを鼓舞するために行っていた踊り。眼をむき出し、時には舌を出しながら手を叩き、足を踏み鳴らして叫ぶ。その様には畏怖を覚える。ハカが世界的に知られるようになったのは、ラグビーニュージーランド代表のオールブラックスが試合開始前におこなうようになって以来である。現在では国賓を歓迎する折にも行われる。(以上2月9日付けASUKA DAILYの記事を要約)

◆About Maori:

Maori is known as a tribe of the most artistic culture among the Polynesian aboriginal people. Their culture has been handed down orally from generation to generation. Their vocal music is generally of the melody with less ups and downs. It is something between singing and narration in a little higher range than talking voices. The accurate rhythm goes on without a break.

About Haka (English)

Haka dance and poi dance are their traditional dances. Haka is often explained as "war cry". The Maori warriors used to dance Haka to pray for a victory and encourage themselves before a fight. The dancers open their eyes widely, thrusting out their tongues, clapping, stamping and shouting. They arouse awe in us.

It is now widely known since the New Zealand's Rugby team, All Blacks, performed Haka before games. Nowadays it is performed to welcome their state guest as well.

More

by magnifika | 2009-05-21 21:26 | クルーズ/Cruise
2009年 05月 20日

ASUKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-36 タスマニア海 Tasman Sea


2月8日(日) クルーズ20日目 タスマン海をニュージーランド・ダニーデンに向け終日航海
Sun. Feb. 8th, the 20th day of the cruise All day at Tasman Sea heading for Dunedin, New Zealand

船は南緯30度、東経150度、次の寄港地ニュージーランドのダニーデンまで2000km。風速5-6m。海上にはうねりがあり余り愉快ではない。

引き続き船上ではたくさんのクラスが開かれている。またあちこちのラウンジでは日本茶からアイリッシュ・コーヒーまでありとあらゆる飲み物と美味しいお菓子類が目を奪う。

ハカ・ダンスクラスと社交ダンスクラスに出た。それ以外の時間はあちらでお茶を飲んだりこちらでお菓子をつまんだり焦点の一切ない一日を過ごす。これもクルーズの贅沢と、いいわけじみた理屈をつけて、一日の終わりを彩ってくれる夕陽を眺める。

The ship is at lat. 30° S, long. 150° E, 2000km away from the next port, Dunedin. The wind is 5-6m, and the swell of the ocean is not agreeable at all.

There are again many classes going on and each lounge is ready to serve any tea or coffee from Japanese to Irish with eye-catching sweets.

Went to Haka dance class, and social dance class. Spent most of the other time sitting and having tea here and there. A day spent thus out of focus is another luxury on the ship, is what I murmured for an excuse for declining some invitations for other lectures and classes by my friends. The beautiful sunset colored the end of the day.

Today's musicians:       

レパートリーの多いフィリピン・バンド"ナマナ" / Philippine Band 'Namana'
e0140365_0344280.jpg

                   ー                    


アコーディオンの"ロス・マイオ'は今宵のゲストエンターテーナー/Accordionist Ross Maio
e0140365_0354617.jpg





072.gif今日の夕陽/Today's Sunset
タスマン海の夕陽/The Sunset at Tasman Sea

e0140365_0394161.jpg





e0140365_0392255.jpg


by magnifika | 2009-05-20 21:01 | クルーズ/Cruise
2009年 05月 18日

AUSKA II 南太平洋グランドクルーズ2009-35 TRS旅行者払い戻し制度 Tourist Refund Scheme

Australiaの税金払い戻し制度の利用

Tourist Refund Scheme of Australia
➣ 詳細は http://www.australia.or.jp/travel/trs.html (日本語)
   Details: http://www.customs.gov.au/site/page.cfm?u=4366 (English)          

オーストラリア国内での購入品で、下記の条件を満たしている場合出国時に申告すると消費税等税金の払い戻しが受けられる。今回はホバートがオーストラリア出国地となるので、船の場合係官が乗船してきて手続きをしてくれる。シドニー、ホバートの購入品を申告。

In the case of international passenger cruise liners, custom officers come aboard at the last port of Australia, Hobart this time, and handle the procedures.

➣条件: 1. 同一店での購入合計がA$300以上

       2. 商品が未使用であること

       3. 購入店が発行し、必要項目を満たしたTax Invoiceがあること。

➣ ワインはワイン平衡税(WET=Wine Equalisation Tax)の払い戻し対象。(要Tax Invoice) ただし免税店で購入したものは対象外。

➣ Tax Invoiceなどというととても面倒な印象があるが、要はレシートにこれこれの商品購入に際しこれだけの税金を払ったという記載のある正式レシートでOK。

➣ 返金は小切手、あるいはクレジットカードへの返金を選択。小切手は手数料が高いのでクレジットカードへの返金が賢い。


面倒がらず手続きをすると、思いがけない額が返金されてきますので、手続きをお勧めしま~す。

More

by magnifika | 2009-05-18 00:08 | クルーズ/Cruise
2009年 05月 17日

歌舞伎座さよなら公演 Kabuki Theatre

一年後に建て替えを予定している歌舞伎座さよなら公演が始まった。さよなら公演の始まった4日夕の部に早速でかける。上演舞台は撮影禁止なのでご覧いただけないが、許される範囲の写真を掲載してみる。懐かしむ人も多いことと思う。

A year long Kabukiza (Kabuki Theatre) Farewell Performance has started. They plan to demolish the present Kabuki Theatre in Ginza, Tokyo, and build a new theatre on the same site. I went to see the first Farewell program on May 4. Since the photo and video taking is strictly prohibited during the performance, here are the photos of limited range. Those who ever saw stages here may miss the present building.

1
e0140365_23571285.jpg




2
e0140365_2358478.jpg




3
e0140365_23583958.jpg




4
e0140365_23593468.jpg




5
e0140365_005717.jpg




6
e0140365_034812.jpg




7
e0140365_044596.jpg

This bridge of photo 7 is called "Hanamichi" literally "flower way", connecting the stage and a dressing room. Actors walk right in front of the audience on the way performing. Hanamichi is very unique to Kabuki. The Hanamichi of the photo is likened to the sea for the next stage. Actually, a big wooden boat with several actors on it moved on the Hanamichi into the curtains behind. If you sit close to it, you can hear the breathing of actors and are drawn in to the story.

Commemorative cloth Tenugui for a frame

e0140365_0123613.jpg



e0140365_0134910.jpg e0140365_0162315.jpg

More

by magnifika | 2009-05-17 21:37 | 日常のあれこれ/Tidbits