人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 27日

金木犀酒オンザロック Fragrant Olive On The Rocks

                NEW: 金木犀酒の作り方を記事の最後に加えました。ご利用下さい。
                  HOW TO MAKE FRAGRANT OLIVE LIQUOR is added at the end.

 

家の2本の金木犀が馥郁と香っています。この香りと、1985年に仕込んだ自家製の「金木犀酒」をお届けします。

そしてこんな歌も: It Was A Very Good Year 

歌詞の日本語訳/Japanese lyric


Two fragrant olive trees have been perfuming the air in my garden for the past several days. Let me deliver the fragrance and the taste of magnifika-brand fragrant olive liquor made in 1985 plus a song as above.


Fragrant olive '09
e0140365_23503474.jpg





Smells so good!!
e0140365_23512382.jpg





通路の右に生垣と同化している金木犀の木
One of my fragrant olive trees on the right side of the passage
e0140365_2352871.jpg





e0140365_23525467.jpg





e0140365_23533053.jpg






金木犀酒の作り方/HOW TO MAKE FRAGRANT OLIVE LIQUOR

材料・What to prepare

1. 金木犀の花 300 g (3日ほど晴が続いた後の、満開状態の収穫が望ましい)  重要ポイント:洗わない。 不織布など目の細かい袋に詰める。

   Blossoms of fragrant olive 300 g ( Harvest after 3 consecutive fine days, and avoid washing or getting them wet.)
   Put them in a cloth bag to make it easier to take out the blossoms later.

2. レモン 4個 (皮、綿を剥いて中身だけをスライス)
   Lemons 4 (Remove skin and white parts and slice them.)

3. 砂糖類 200~300 g、 果糖の場合は3割減、 蜂蜜の場合はカップ1杯が目安
   Sugar 200~300 g, or 30% less quantity of fructose than sugar, or honey 200 ml

4. ホワイトリカー 1.8リットル
   I have no idea what kind of base liquor is used in other countries to enjoy making home liquor. Aquavit?   Kirschwasser? Vodka? In Japan we use distilled clear color liquor without any smell. And the materials above is for a 1.8 litre of, what we call, "white liquor" on the market in Japan.


1, 2, 3, を広口ビンにいれて、4を注ぐ。5日後にレモンと花の袋を取り出して出来上がり。薄めずオンザロックで味わうのが最高。
Put 1, 2, 3, in a wide-mouthed bottle and pour 4.

Remove the lemon slices and the blossom bag 5 days later. Now you are ready to taste "Autumn On the Rocks". (Thinning is not recommended.)

こんな記事もよろしかったら Another liqueur post of mine:自家製リキュール 

More

by magnifika | 2009-09-27 23:23 | 日常のあれこれ/Tidbits
2009年 09月 25日

ベロタクシー Velo Taxi

街を歩いていたら、見慣れない乗り物を見かけた。ドライバーに尋ねると、「いかがですか、お乗りになりませんか」と誘われ、好奇心に勝てず乗り込んでみた。

通りの人たちから注視されるので少し恥ずかしいのだが、そのうちとても不思議なことに気づく。この乗り物に乗った途端に街行く人が立ち止まってにっこりし、手まで振ってくれるのだ。人と人との親密距離がとても縮まった感覚。

街路樹を渡ってくる風の心地よさ、なじんだ街がまるで旅先の街のように目に映る新鮮さ。ドライバーとの会話もはずむ。

このベロ・タクシーと呼ばれる乗り物はドイツが発祥の地で、特殊な自転車が動力、つまり人力で走行するエコな乗り物。エコなデバイスにはセグウェイもあるけれど、一人しか乗れないし、覆いもない。愛知万博以来、このベロ・タクシーは静かに日本のあちこちで増えている。

お見かけになったら、ためしにいかがでしょう。なじんだ町が旅先の町のように新鮮ですよ。

On the street of central Tokyo, I happened to see a vehicle not familiar to my eyes. I asked the driver about it. Then he told me to give it a try. I gave in to my curiosity and became its passenger with my partner.

This vehicle called Velo Taxi originated in Germany moves by driver's pedaling alone as a bicycle. It took me some time to get used to the gaze of the people on the street, though it was not long before I noticed that their smile and hand waving were very friendly and could not be gained if you were simply walking. The cute vehicle plays a role to make the atmosphere more friendly on the street of a big city.

Besides, you feel breeze so refreshing in the vehicle. It also gives you a fresh view of your city from it. In many cities all over Japan, Velo Taxi has been steadily increasing in number since EXPO 2005 AICHI JAPAN, where they introduced it as transportation from one site to another. If you happen to see one of them on the street, why don't you give it a try.



ベロ・タクシー/Velo Taxi
e0140365_23304583.jpg




動力はこの足/Motive power is legs.
e0140365_23312057.jpg




                             街を行く可愛らしいベロ・タクシー
e0140365_2331492.jpg


More

by magnifika | 2009-09-25 02:30 | 日常のあれこれ/Tidbits
2009年 09月 17日

黒猫 Chat Noir


我が家の黒猫 / Our "Chat noir"

e0140365_1472754.jpg




e0140365_1475069.jpg




犬には縁があって随分一緒の暮らしがあった。ジャーマン・シェパードは幼い頃からずっと一緒だった。しかし最後に家族だった犬は拾ってきた雑種の犬で老衰死を迎えるまで17年間を共にした。

猫はというと、一度だけ友人から貰い受けた真っ白な「サンタ」のみ。サンタは3ヶ月ほどでまた友人宅に帰っていった。家族の一人が猫の毛にアレルギーを起こし強烈な蕁麻疹に苦しんだことが原因だった。

しかし猫のしなやかな姿態や、その動きは私を魅了してやまない。ある日出合った「黒猫」の版画を衝動的に購入した。これがアレルギーを誘発しない我家の猫。

過日、ご近所のElenaさんのジジちゃんの写真を拝見し驚いた。絵の「黒猫」のモデルはジジちゃんだったのではと思うほど似ていたからだ。でもジジちゃんは青い目。私の絵のジジちゃんは金色の目。

本物の猫が飼えたらな~ モデルにして絵を描きたいな~~~ ところで、最後の犬の名前は「ネコ」でした・・・

There had been canines in my life since my childhood, German shepherds mainly. The last dog was an abandoned mongrel that was our family member for 17 years until her death.

When it comes to a cat... yes, just once I kept a pure white beautiful one which I adopted from my friend. We named him Santa. But after only three months, Santa was returned to my friend. The reason of sad good bye was that one of my family developed an allergy to cat's hair and suffered from hideous nettle rash.

I still love cat's pliancy and each movement, though. One day I impulsively bought this chat noir which never causes allergy.

Recently when I visited my blog neighbour Elena, I was surprised to see her cat, Gigi ジジ . "Gigi must have been the model of the picture I own", I thought. But Gigi's eyes are blue, mine golden.

I wish I could have my cat, which would make a wonderful model of my painting. By the way, my last dog's name was "Neko", literally "Cat".

More

by magnifika | 2009-09-17 23:07 | 日常のあれこれ/Tidbits
2009年 09月 15日

伊香保温泉 Ikaho Spa


伊香保温泉  [Japanese site]

Ikaho is known as a spa town of stone steps. The main street of steep 360 stone steps leads to Ikaho Shrine.

今週末は「蘆花祭」/Ikaho Spa Festival is coming this weekend.
e0140365_1221645.jpg


360段の石段の旧市街/Town of stone steps
e0140365_1225796.jpg



     伊香保神社の狛犬/One of the pair guardian dogs at the shirine entrance                  
e0140365_1233546.jpg





      伊香保神社/Ikaho Shrine
e0140365_124107.jpg




「切れた腱板の痛みを癒す」という大義名分をかざして 少し贅沢をする。都合のいい大怪我をしたものである。

I have had a good excuse to fulfill a bit luxurious desire. I used it this time, too, about a hotel.

腱板断裂 rotator cuff injury

1分ごとにライトの色が変化する部屋付の露天風呂 /Private open air bath attatched to my hotel room
e0140365_1274289.jpg




お部屋の係りの女性が折ってくれた箸袋の孔雀/A peacock folded by our room attendant out of chopstick paper cover.
e0140365_1281869.jpg


More

by magnifika | 2009-09-15 22:33 | 国内 Trips & Travels
2009年 09月 14日

もうひとつの富士山 Another Mt. Fuji


榛名富士 Mt. Haruna-Fuji

群馬県榛名湖に影を映す秋の気配の榛名富士(標高1390.3m) About 100km north of Tokyo, Mt. Haruna-Fuji, 1390.3m, rises near Haruna Lake.

e0140365_152933.jpg




Haruna Lake lakeside
e0140365_17222.jpg





Haruna Lake lakeside road
e0140365_173268.jpg


by magnifika | 2009-09-14 20:07 | 国内 Trips & Travels
2009年 09月 14日

久々の富士山 Mt. Fuji After Long Cloudy Days


富士山が人を惹きつけて止まないのはなぜだろう。きっと答はその山を愛する人の数と同じだけあるのだろう。病の人を見舞いに出かける早朝、久々に神々しい姿を仰いだ。

Why so many people are attracted by Mt. Fuji, I wonder. There are maybe as many answers as the number of the people who are charmed by this mountain. Very early in the morning of Sept. 11, I saw the sublime mountain on my way to visit my friend in the hospital.


2009年9月11日赤富士 Mt. Fuji at dawn of Sept. 11, 2009
e0140365_0464653.jpg





赤富士 Mt. Fuji coloured red at sunrise
e0140365_047394.jpg


More

by magnifika | 2009-09-14 17:20 | 富士山/Mt. Fuji
2009年 09月 09日

私をクルーズに誘った画集 A Book That tempted Me To A Cruise

2001年、素晴らしい画集に出合った。小野田維さんの「遠い楽園の記憶」である。ページを開くと同時に科学者でもあられる小野田氏の静謐な世界に迷い込んでしまった自分に気づく。

入手してから何度手に取り、一人の時間に時空を越えたミトコンドリア・イヴへの航海につれだしてもらったことだろう。

この画集と出合った翌年から実際のクルーズで南を目指し、世界を回り・・・現在にいたっている。実際の航海も素晴らしいものであったが、この画集が誘ってくれる遠い楽園への航海は私たちのDNAと心の奥深くにひそやかに横たわる海が舞台である。

繰り返しいとしみながら手に取る数冊の中の一冊である。

In 2001, I met a wonderful book of paintings, Memory of the Old Paradise by Onoda Tadashi, Japanese scientist and painter.

How many times have I been taken out to a cruise going beyond time and space by the book. sitting alone in my living room? Countless.

The next year I started going out on a real cruise to the south, and have been cruising many times since. I have found that real cruises are wonderful all right, but Mr. Onoda's book invites us to a cruise on the sea that lies deep in our DNA inherited from mitochondorion Eve and in our heart.


共生椰子 Hotel and Palms Living Together
e0140365_0312420.jpg




ユートピアへの航海 Bon Voyage to Utopia
e0140365_032438.jpg




* 小野田さんより写真掲載のお許しをいただいて2作品をご紹介いたしました。

小野田 維氏サイト: http://members.jcom.home.ne.jp/tadashi-onoda/

More

by magnifika | 2009-09-09 12:21 | 美術/Art
2009年 09月 06日

丸の内ブリックスクエア Newly Opened Shopping Area


丸の内ブリックスクエア/ Marunouchi Brick Square near Tokyo Station

9月3日にオープンした丸の内ブリックスクエアを覗いてみた。

馬場先通りと丸の内仲通りを繋ぐように開拓され、緑の豊かな居心地のよいスペースを中心に大規模複合商業施設となっている。近くにはレンガの建造物が移築され美しい空間に華を添えている。

日本の都会にはこんな空間が少なかったが、これがさきがけとなりあちこちに人の憩える空間が増えるといいと思う。

ジョー マローン、ブルックスブラザーズ、エシレ メゾン デュブール、カカオサンパカ、三國・・・などに反応してしまう人にもご紹介したい界隈である。

A new oasis-like shopping square opened on September 3 in the center of Marunouchi Naka-dori, near Tokyo Station. I just dropped by and liked the place. This is to introduce the place to my blog friends. I hope you would like it, too.

http://ee-news.seesaa.net/article/127353860.html (Japanese article)

e0140365_0142514.jpg




e0140365_015495.jpg




e0140365_0165710.jpg




e0140365_0162266.jpg


More

by magnifika | 2009-09-06 19:59 | 日常のあれこれ/Tidbits
2009年 09月 04日

my gallery 21: ジャイプール Jaipur ©





e0140365_17144748.jpg

'09 ジャイプール Jaipur© F50 油彩50号 Oil on canvas (116.7 x 90.9cm)





初めての50号(116.7 x 90.9cm)キャンバスと向き合っておりまして、大変ご無沙汰してしまいました。お許し下さい。

I had been struggling with the first big size oilpainting canvas [116.7 x 90.9cm]. Now I stopped adding a brush, because I came to know that this is my limit. I would like to attach my excuse for my absence from my VOX friends to my new painting.

More

by magnifika | 2009-09-04 23:58 | my gallery