人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 29日

クリスマスデコレーション Season's Decoration In Town

ご近所で美しいクリスマス・ツリーやイルミネーションのリポートを拝見したので、私もうろついている界隈のものを載せてみようと思う。光や色は本当に人の心を高揚させてくれる。ぶらぶらして、目に触れるだけで楽しい気分になる。

I find many photos of season's decoration in town in my neighborhood since the last week. It is strange that the bright colors and illuminations have the magic power to uplift our feelings. So, here are some of the snap shots of seasonal decorations in my living area.

銀座 Ginza

e0140365_19103611.jpg
資生堂/Shiseido



e0140365_19115434.jpg





e0140365_19131512.jpg




日本橋 Nihonbashi

e0140365_1914111.jpg
日本橋三越/ Mitsukoshi Department Store, Nihonbashi




e0140365_19161573.jpg




日比谷 Hibiya

e0140365_19164277.jpg
帝国ホテル/Imperial Hotel


e0140365_19171439.jpg





e0140365_19193779.jpge0140365_1921347.jpge0140365_1931511.jpge0140365_1922370.jpge0140365_19233832.jpg








e0140365_19251262.jpg e0140365_19271772.jpg e0140365_1928512.jpg

More

by magnifika | 2009-11-29 20:29 | 日常のあれこれ/Tidbits
2009年 11月 25日

my gallery 23: オキーフの赤色のポピー  O'Keeffe's Red Poppy ©

1988年ニューヨークのMOMAでの展覧会ポスターが長く家の一室にかけてある。ジョージア・オキーフの「赤色のポピー」の絵。

模写をしてみると、オキーフの色の重ね方、筆勢、早い仕上げ、そしてオキーフの息遣いまでが伝わってくる。新たな疑問もわいてくる。オキーフは左利きか、または両手利きだったのではないか・・・ 好きな画家オキーフに思いを馳せながらする模写は庭の秋の空気とあいまって黄金の時間を紡ぎ出す。



An O'Keeffe's exhibition poster at MOMA NY in 1988 has been on the wall of one of our rooms. It is "Red Poppy" originally oil on canvas.

I gave it a try to copying it and learned a lot about how she painted, what colors were mixed, and how fast she finished it. And that left me one question if she was a good left hander as well. I checked about that through my several books of Ms O'Keeffe's paintings, but no such description was found about it. I enjoyed thinking about the painter in the autumn atmosphere woven in golden colors.



O'Keeffe's Red Popy poster 原画ポスター サイズ: 71 cm X 64 cm 
(70 cm X 54.5 cm excluding the border white & advertisement ヘリと広告を除いた絵画部分の寸法)

MOMAの展覧会ポスター オキーフの「赤いポピー」 MOMA's Poster of the O'Keeffe's
e0140365_2011591.jpg



模写 Copied by magnifika サイズ:15F号 65.2 cm X 53 cm
'09 [赤いポピー]模写 Reproduction of O'Keeffe's Red Poppy© F15
e0140365_2023922.jpg


More

by magnifika | 2009-11-25 11:55 | my gallery
2009年 11月 25日

5年生存者/Five-year Survivor


今月はこんなことも/ November is a month of celebration for my family such as this:
e0140365_23441355.jpg



こんなことも/ and this:magnifika's birthday cake as was served by the hotel
e0140365_2345550.jpg

あったけれど、今年はもうひとつの記念日が加わった5年生存記念日。/ and today is another anniversary for me to be happy about, magnifika's Five-year Survival anniversary from cancer.

2004年11月25日、癌の手術。荒海を一人必死で泳いでいるような日々。

その海から今日陸に上がる。再発も無く5年を無事生き延び晴れて生存者の仲間入り。

この5年は私自身には当然ながら、否応無く家族のそして私を取り巻く人々の日常にも余波が及んだ。仕事も何もかも全部手放し、長期戦に備えた。その当時を思い起こすと身勝手で大変申し訳ないことをしたという思いに捕らわれる。

術後、少しずつ日常生活が戻ってくると、勝間和代さんのような私は消えうせていた。人生でしたいことは本当はなにか、自分はどうありたいかを自らに静かに問うた。答えを無理に出すこともせず過ごしていくうち、泉から水が湧き出すように新鮮な望ましい私のありようが届けられた。

今日、日常そのものが至福である。病を経なければ心は今日にたどり着けなかったとしたら、5年前の手術は私の心の大手術でもあったと思う。

家族や私を取り巻く人たち、そしてわたしを今日という日に送り届けてくれた全ての人たち、私は感謝と生への愛しさで溢れそうです。


定期健診の勧めとストレスとの付き合い方
私のガンは定期健診で早期発見されたため今日を迎えることが出来たと思います。是非定期健診を!

またガン発生の原因はストレスが最大の因子であったと確信しています。ストレスを上手にあしらってください。

Underwent cancer operation on the 25 th of November, 2004. The days like swimming and struggling in the rough sea all by myself followed.

Finally I landed today from the sea. Without recurrence, I find me living today. I am now publicly added to the data of the 5-year survivors. Looking back over those days, a stir then leaves me a dull ache deep in my heart.

The past five years have changed not only my daily life and life style but also those of my family and the people related to me as I had to prepare for the coming fighting days with my disease. I abandoned my job career, too.

As my daily life came gradually back after the operation, I repeatedly asked myself about the priority in what to do in my life, and how I can be an ideal being as I and others can agree in the coming years. I did not force myself to form a hasty answer. In my slow but steady recovery, it welled up as fresh water from a spring and spread in me. It is a simple form of fresh and desirable life:

Today, daily life itself is a bliss. If it had not been for the cancer operation, my mind could not have reached this stage. In that sense, it may have been an operation of my mental being.

My trite but important advice: 1. Do not postpone your regular medical checkups!
2. Avoid stressful life or tame stress into a harmless one by all means.

More

by magnifika | 2009-11-25 08:35 | 日常のあれこれ/Tidbits
2009年 11月 17日

伊豆高原温泉/The Izu Highlands Hot Spring

波の記事の次に予定していた記事だが、落葉が甚だしくてそれに気をとられたり、月に水があるニュースが入ってきて興奮したりしているうちに今頃になってしまった。

11月11日大室高原の宿で誕生日を祝ってくれると言うのででかける。天候には恵まれなかったけれど、露天風呂でゆっくり新たな一年のことに想いを馳せた。欲張らない、ただ健康でいたい。

This post should have come after " The Rough Waves" But I was excited and carried away by the fallen leaves and the news of moon water.

Here are some of the photos of the Japanese style hotel at the Izu Highlands where I stayed on the 11 th of November.

伊豆高原へ To the Izu Highlands 11-11-09
e0140365_22153583.jpg




09-11-11 県道111号線を11月11日に走る!  See the date and the route number!
e0140365_2216123.jpg




11-11-09 Mt. Oomuro
e0140365_2216321.jpg





部屋からの大室山 Mt. Oomuro from my hotel room
e0140365_2217648.jpg



宿・Japanese style Hotel


e0140365_22404425.jpg
かん座聴松風 [The calligraphy says "Sitting calmly under a tree, all I do is listening to the winds through pine trees"

It was written by the highest priest of Daitoku-ji Temple in Kyoto.]





e0140365_22414429.jpg
1 st fl.: entrance hall, tatami mat living room, tea and light meal table of Japanese country style & hot spring bathroom
一階:玄関ホール、居間、囲炉裏コーナー、浴室




e0140365_22424376.jpg
2 nd fl.: bedroom, bathroom & private open air hot spring
二階:ベッドルーム、洗面所、広い露天風呂




e0140365_2243285.jpg
部屋の露天風呂 Private open air bath looking down at the Pacific Ocean



e0140365_22435049.jpg
1st fl. bath



e0140365_22442127.jpg
Mt. Oomuro



e0140365_22443761.jpg
料理長の心づくし Chef's complimentary dish of celebration




e0140365_2246699.jpg
Lamp shade made of thin-bark


数々の受賞をしているこの宿にご興味のある方への付記:

「お宿うち山」 

良いと感じた点: 1) 湯加減が絶妙に快温度

           2) 1泊用に用意された良質の浴衣数とアイロン仕上げ具合:

              婦人用は模様の異なる3着(付属品共)/紳士用2着

           3) ソフト仕上げな良質かつ清潔なタオル類がふんだんに備えてあること

           4) シーツの糊加減、アイロン仕上げがよい。

           5) 契約のエステティシャンが優秀。


気になった店:  1) 洗面台の水道が凝った細口の蛇口になっているのだが、水圧で陶器の洗面ボールに               当たった水が跳ね返る。

           2) 2階にトイレがない。

           3) 住宅地が隣接している。

More

by magnifika | 2009-11-17 20:55 | 国内 Trips & Travels
2009年 11月 15日

月の土地/Lunar Real Estate


2006年に親しい人から月の土地1エーカー(約1200坪)の権利書を誕生日プレゼントとして頂戴した。国際法に則った物で正式の書類一式が整っている。

しばらく忘れ置いていたが今朝のJapan Timesの一面に載った記事でにわかに思い出した。記事には、月に大量の水が存在することが判明した、と記されていたのだ。きっと月の自分の土地に住むことはあるまいと思っていたが、今日、心が色めきたっている・・・もしかしたら・・・もしかしたら・・・と。

My close friend presented me with a deed of 1 acre lunar land in 2006. It is in accordance with the international public law and all the formal documents are in one set.

I kept the deed away in my album closet and had almost forgotten about it until I read an article on the front page of the Japan Times this morning that said they found that there exists water in abundance on the moon. I never thought of actually living on the moon, but the article shook me up. Might・・・could・・・should・・・ I feel that a new desire has arisen and started sprawling in me.


Japan Times記事 A Lunar Water article
e0140365_23232866.jpg
「月に豊富な水存在」を告げる今朝(11月15日付)のジャパン・タイムズ/The Article


                      月の土地権利書

e0140365_2320523.jpg
月の土地所有権利書/Lunar Real Estate Deed of mine



e0140365_2322445.jpg
月の所有地地図 The Location Map of My Lunar Real Estate
赤い小さな点が私の土地/Small red-marked dot is my estate.



New:  この権利書と共にクローゼットに眠っていた日本人飛行士の方たちからもらったものもでてきたので追加します。毛利さんとはしばらくの間毎週のようにお会いしていたのでそんな気軽さから記念に一筆頂きそびれ後悔しています。

Additional photos: Japanese astronauts' writings had also been kept along with the deed. They are super-famous people worldwidely as well as in Japan . It would, therefore, be nice if my blog friends could share them with me.


e0140365_23245872.jpg
向井さんから頂いたもの/Payload Specialist Ms Chiaki Mukai's writing 2



e0140365_23252799.jpg





e0140365_23255512.jpg
土井隆雄さんから頂いたもの Science Astronaut Mr. Takao Doi's writing

More

by magnifika | 2009-11-15 22:13 | 日常のあれこれ/Tidbits
2009年 11月 15日

風雨の後/My garden after wind and rain

庭の風景

この季節は庭の風景が刻々と変化している。その変化に喜んだり、淋しがったり、センチメンタルになったり・・・と私自身の感情の起伏も左右される。今年は新型インフルエンザの流行などあるので、南の国へ逃げることも控えて、余り好きでない冬とも仲良く付き合ってゆこう・・・と落葉を掃きながら自分に言って聞かせる。

My garden view changes every moment at this season of the year. That influences my emotion, too. Mostly in a sentimental way. I used to leave my garden behind during winter to escape from cold season here to the south. But this year I will stay home and be good friends with winter as I do not have enough confidence to keep the new-type flu at bay wherever I go. What a nice thing it is, though, to sweep fallen leaves myself and smell them!


e0140365_22253093.jpg
キッチンの窓の外 Out of my kitchen window




e0140365_22254378.jpg
今日の夕空 Today's twilight sky





e0140365_22255652.jpg
風雨の後 My garden after wind and rain






e0140365_222693.jpg
少し見えてきた海 The sea is slightly in view after some leaves are gone





e0140365_22262182.jpg
早い日没 Sunset at my garden

by magnifika | 2009-11-15 01:06 | 庭の贈物/My Garden
2009年 11月 13日

伊豆の海/The angry sea along Izu Peninsula


11月12日 西伊豆 R136沿いの海  The rough sea along the west of Izu Peninsula

e0140365_23551777.jpg





e0140365_2355353.jpg
右前方は大島 Oshima Island is on the far right.





e0140365_23555213.jpg






e0140365_23564468.jpg






e0140365_2357191.jpg





荒海を眺めながら、こんなことが起こらなければ良いが・・・と頭をよぎったことが起こってしまった。

The anxiety I had felt while watching the sea came true. A ferry boat was capsized by the rough waves and winds. No life was lost luckily but it turned out to be a big disaster.


海難事故

大きく傾いたフェリー「ありあけ」。第4管区海上保安本部は巡視船艇6隻やヘリコプターなどを出し、乗客7人と乗員21人を全員救助。2人が軽傷を負った(13日午前=同本部提供)(時事通信社)

急激な傾斜「三角波か」=船長ら会見-三重沖フェリー事故
 三重県尾鷲市沖を航行中の東京発那覇行きフェリー「ありあけ」が傾き、同県御浜町の海岸に座礁した事故で、海上保安庁に救助された松元浩人船長(49)らが13日午後、尾鷲海上保安部で記者会見し、船が急激に傾いたことについて「(複数方向からの波がぶつかってできる)三角波のような特殊な波ではないかと思う」などと話した。(時事通信)
[記事全文]

More

by magnifika | 2009-11-13 22:34 | 国内 Trips & Travels
2009年 11月 09日

蝋燭/Candles-32 美味しそうなロウソク A candle looking tasty

寒くなってくるとあちこちにローソクの明かりが欲しくなる。ついでに美味しそうなら尚いい。

As it gets colder, I get restless without candles here and there in the house. If one looks delicious, the better, like this one.




e0140365_23391694.jpg


More

by magnifika | 2009-11-09 20:26 | 蝋燭/Candles
2009年 11月 07日

蒲郡でひろった風景 Picked-up Views of Gamagori




e0140365_23262926.jpg
蒲郡 ユリカモメ Seagulls' November








e0140365_23264758.jpg
11月の光と風 Lights and winds of November






e0140365_2327427.jpg
ひなたぼっこ Sunbathing





e0140365_23271876.jpg
11月の光 Lights of November

by magnifika | 2009-11-07 23:21 | 国内 Trips & Travels
2009年 11月 07日

蒲郡/Gamagori

蒲郡プリンスホテル

常滑のある知多半島から蒲郡に移動。楽しみにしていた蒲郡プリンスホテルに投宿。ちょっとした祝い事を口実にやってきた。

ホテルは、大阪高島屋、千葉佐倉高校校舎、宇治山田駅など身近な建築を残した久野節 (くの みさお)設計のいわゆるクラシックホテルである。創業は昭和9年。

明治・大正・昭和初期といった時代の粋を残すクラシックホテルの宿泊はタイムトラベルの気分もちょっぴり味わえる。

Gamagori Prince Hotel

After Tokoname, my partner and I drove to Gamagori to stay at Gamagori Prince Hotel. It is one of the, what we call, classic hotels, designed by Misao Kuno and opened in 1934. A stay at this kind of hotel takes you back to those good old elegant days for a moment.


e0140365_2243025.jpg
蒲郡プリンスホテル Gamagori Prince Hotel viewed from its garden



e0140365_2246813.jpg
蒲郡の空にはとんびが多い Black kites over Gamagori



e0140365_2245207.jpg
左向こうにかすんでいるのは渥美半島/Atsumi Peninsula on the far left
自室からの竹島の眺め A view of Takeshima from the hotel room




e0140365_22462545.jpg
ホテルの庭から A view from the Hotel garden



e0140365_22463910.jpg
夕刻からライトアップされる橋 The Bridge lit up at night



e0140365_22465010.jpg
蒲郡 三ヶ根山に沈む夕陽 Sunset at Gamagori



e0140365_22575455.jpge0140365_22562042.jpg
e0140365_22583780.jpge0140365_225953.jpg









e0140365_2315563.jpge0140365_2323475.jpge0140365_233138.jpge0140365_234654.jpg













e0140365_2248555.jpg
Gamagori Prince Hotel Dinner Menu 11-02-09



e0140365_22482624.jpg
蒲郡プリンスホテル日本庭園 Japanese garden of the Hotel


e0140365_22491490.jpg
庭園 Japanese Garden of the Hotel


竹島/Takeshima Island

蒲郡の風景に欠かせない竹島は三河湾に浮かぶ島で内陸と387mの橋で結ばれている。安徳天皇の御世1181年創建の八百富神社が祀られている。またその特異な植生のため天然記念物に指定されている。周囲は変化に富んだ水辺の散策路になっているのだが10月始めの台風18号の直撃でダメージがひどく閉鎖されていた。

Takeshima is the main specialty of the Gamagori view. It faces the Bay of Mikawa famous for the local lobsters and other sea food. The Island is connected to the inland by the 387m-bridge. On its top is Yaotomi Shirine built in 1181. The Island is designated as National Monument to preserve its unique vegitation. They used to allow visitors to have a walk around on the island's water edge, however, the typhoon No. 18 this year damaged the route bitterly and the route has been closed since then.



e0140365_22503191.jpg
蒲郡 三河湾朝陽 Sunrise at Gamagori


e0140365_22505228.jpg
蒲郡 竹島獺岩に当たる朝陽 Morning light on the Otter Rock



e0140365_225113100.jpg
Clean your hands and mouth here before visiting the Shrine of the Island.


e0140365_22513211.jpg
竹島へ To Takeshima Island


e0140365_225205.jpg
蒲郡 竹島側からホテルを望む Hote view from the Island side


e0140365_22522058.jpg
蒲郡竹島 Steps to & from the Shrine with well-wishers' banners on both sides


e0140365_2253094.jpg
八百富神社/Yaotomi Shrine


e0140365_22531637.jpg
蒲郡 前方に渥美半島を望む

by magnifika | 2009-11-07 21:47 | 国内 Trips & Travels