人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 30日

南大西洋を渡る 7日目 グリーンフラッシュ/Crossing the South Atlantic 7th Day Green flash

5月9日(火) 南大西洋を渡り始めて7日目 グリーン・フラッシュの見えた日
Wed. May 9 The 7th day of crossing the South Atlantic
The sunset of Green flash

e0140365_22575173.jpg




e0140365_22583113.jpg



e0140365_22585889.jpg


by magnifika | 2012-11-30 22:59 | クルーズ/Cruise
2012年 11月 27日

南大西洋を渡る 6日目/Crossing the South Atlantic 6th Day

5月8日(火) 南大西洋を渡り始めて6日目 ようやく熱下降 
Tue. May 8 The 6th day of crossing the South Atlantic  My high fever starting to drop.

夕陽 右舷30℃方向/Sunset: starboard 30 degrees ahead
e0140365_1920369.jpg


夕陽 右舷90℃方向/Sunset: starboard 90 degrees
e0140365_1921623.jpg


船は前線の通過で午後から揺れる。私にしっかり憑りついた高熱を今日は最終手段で退治しよう・・・ドクターの検査では肺炎は起こしていない そうだし・・・
こうなったらイチかバチか・・・

バスタブに氷をどっさり入れてざくざくの氷水風呂を用意。「死んだら海に水葬を」と遺言して40度Cの身をタブに沈める。ジュッと・・・音がした・・・ような。氷がみるみる溶けて5分ほどすると久々に頭がすっきりし体がすっと軽くなる。この文字通り身の凍るような荒療治が功を奏しこの日を境に元気を回復してゆく。

The ship was swaying due to passing of the front. But my decision to practice a last resort to get rid of high fever possessing me since Africa was firm. According to Doctor’s checkup, I had no pneumonia. So the time came.
To prepare an ice water bath, I asked our room maid for a lot of ice, and left my will to my partner that I desired burial at sea just in case. Are you asking me whether a sizzle was heard at the moment when I put 40-degree-C (=104-degree-F) me in the water? Yes, I did! At least I felt the sound! The ice rapidly melted, and 5 minutes later my head got very clear for the first time in the past one week and felt myself so light. My fever started to go down since this desperate remedy.

by magnifika | 2012-11-27 18:22 | クルーズ/Cruise
2012年 11月 25日

南大西洋を渡る 3日目/Crossing the South Atlantic 3rd Day

5月5日(土) 南大西洋を渡り始めて3日目 ゼロ経度を通過
Sat. May 5 Passed longitude-zero

今朝はこんな朝がベッドに届けられ・・・/The morning of the 5th delivered me in bed a sky like this :
e0140365_1511418.jpg


そしてこんな夕焼けとともに一日が閉じる/ And a day closed with a sunset like this:
e0140365_1582321.jpg


夜10:12、経度ゼロ度を東から西へ通過。北にまっすぐ進めばグリニッジ・・。でもここは4mのうねりを受ける南大西洋のど真ん中。気温18℃、発熱39.8℃/Crossed the longitude-zero point from east to west at 22:12 staying in bed with a fever of 39.8 degrees C (=about 103 F)
船内TV「航海ルートチャンネル」/Ship TV display of Cruise Route Channel
e0140365_15215946.jpg


船は揺れを極力避けるために南大西洋をブエノス・アイレスに向け北に膨らむ弧を描くように航路を取って航行している。南緯40度線付近にかかると荒れるので、距離的にも燃料量的にもロスの多いコースなのだが、
そこが客船の良いところである。
Our ship is taking a rainbow-archlike course from Capetown to Buenos Aires to avoid the rough sea along the Lat. 40° on the straight line course dispite a longer distance and more fuel cost. That is a considerate part of ocean liners.

by magnifika | 2012-11-25 14:31 | クルーズ/Cruise
2012年 11月 23日

Africa-29 Sayonara, Africa

5月3日(木) ケープタウン出港 17:00
17:00 Thu. May 3 Departure from Capetown

e0140365_18594273.jpg



e0140365_1905987.jpg



e0140365_1914433.jpg



e0140365_192371.jpg



あっという間に雲に覆われ彼方になってしまったテーブルマウンティンとケープタウンの灯/Table Mountain and the lights of Capetown getting farther and farther in a short time.
e0140365_1931642.jpg


昨2日、ASUKA IIは予定より3時間早い11:30にケープタウン入港。
船客の入国審査終了後すぐにすっかりだらしなくダウンしてしまった私をお迎えに来て下さる。(前回の投稿で記したように発熱してしまったものですから)

船の乗船口には恐縮なことにオフィサーの方たちが心配顔で待機していて下さるし、直行した船内クリニックでもドクターが外出せず待っていて下さる。多くの方々にご迷惑をかけてしまい、身の縮む想い。しかしそれも蜃気楼の中の出来事のようにゆらめいて・・・

4日ぶりにキャビンに戻りくずおれる。以来南大西洋を渡りブエノスアイレスに着くまでの10日間、、クリニック以外一歩もキャビンを出ずじまい。内3日間は高熱で朦朧世界をさまよい何も覚えがない。2011年に亡くなった姉が「私のいるところは楽だからいらっしゃい」と美しいままの姿で迎えに来てくれた。亡き母が花畑のずっと遠くでほほえんでいた。「うん、では3Gが心配するといけないのでちょっと知らせに行ってくるわね・・・」
そう言って戻ってくると目が覚めて、それが現ではなかったことを知る。こんなお迎えの話、どこかで聞いたことがある。私はこういった話をたやすく信じる性質ではないのだけれど・・・不思議なこともあるもの。姉の優しさ、懐かしい母の笑顔が・・・忘れられなくて・・・その夢を何度も反芻・・・

Yesterday, May 2, my ship, ASUKA II, luckily arrived at Capetown 11:30, 3 hours earlier than the schedule. Soon after immigration clearance, they sent one of a staff member to drive totally exhausted me back to the ship. The officers were kindly at the entrance, and sent me straight to the clinic. Doctor was ready to see me. I was feeling very sorry to trouble them, but looking at them as if seeing mirage.

The fever lasted so high as I was half unconscious for the worst 3days. During that time my late mother and late sister came to invite me to their world to ease suffering. But I told them to wait as I had to go and tell my partner where I was going. Then I woke out of the dream and knew it was only a dream.
The fever left heavy coughing, too. Since we left Capetown to Buenos Aires, I could not go out of my cabin even once for 10 days, the 10 days to cross the South Atlantic Ocean.

 
「ASUKA IIの関係者の皆様、その節は大変お世話になりましてありがとうございました。優しいご配慮の数々心にしみました。」

by magnifika | 2012-11-23 22:03 | クルーズ/Cruise
2012年 11月 20日

Africa-28 ボルダーズ・ビーチのベンギン / Penguins of Boulders Beach

5月2日(水) アフリカン・ペンギン
Wed. May 2 African Penguins

e0140365_20381582.jpg


e0140365_2039160.jpg


e0140365_20394551.jpg


e0140365_2040288.jpg


ボルダーズ・ビーチでペンギンに会うのをたのしみにしていた・・・のだけれど・・・結果として私はペンギンたちに会わなかった。

この内陸旅行の当初ポート・エリザベスから乗ったモザンビークの航空会社の飛行機、窓側のシートに座ったのはいいけれど、ウィンドーの枠が緩んで外れる寸前。隙間から圧縮空気がシューシューと音立てて入ってきてあっという間に歯がかみ合わないほど体が冷え切ってしまう。毛布を所望しても無愛想なアテンダントが「ノーブランケット」とのたまう。まるで大笑いして見ていたTVCMみたい。「テープはないの?」というと、これしか、と言ってなんとバンドエイド1枚。

そんなこんなでこの旅の当初からすっかり体調を崩してしまった。サファリのあたりから熱が出始め、昨日ケープタウンについたときは39℃近く発熱。船はまだケープタウンに入港していないので、この朝も予定通り喜望峰へ行っては見たものの、ボルダーズ・ビーチのころには身動きもできないほどに消耗してしまう。一人バスの中で海岸べりの住宅地を吹き渡る強風のビュービューという音を聞いて伸びていた。

よってここに掲載した写真はパートナーの撮影になるものです。

I had looked forward to seeing Boulder's African penguins, but as a result I did not see them.

On the outset of the inland trip, we took the flight of Moçambique airline from Port Elizabeth. My seat was on the window side, the frame of which was loose and half hanging. During the flight, the sizzling compressed air hit me and froze me. Of course, I asked one of the attendants for a blanket, then she instantly and flatly said, "No blanket."
Magnifika: "How about masking tape or something?"
Attendant: "This is all we have"
What she brought me was a piece of adhesive plaster for the use of finger cuts.

From around the Safari drive, my fever started going up. At night when arrived at Capetown, it went up to almost 39℃=102°F
Our ship had not arrived at Capetown yet from Port Elizabeth. I just went on the trip as scheduled. But finally at Boulders Beach, I consumed all my energy and stayed in the bus hearing the strong wind from the sea blowing over the residential area near the beach.

So this long story is an excuse that the photos here were taken by my partner "3G".

by magnifika | 2012-11-20 20:42 | クルーズ/Cruise
2012年 11月 18日

Africa-27 喜望峰自然保護区の動物たち / Life of the Cape Area

5月2日(水) 喜望峰フィンボスで見かけた動物
Wed. May 2 Natural life I saw at the Cape area

予期せぬことにずいぶん何回も出合うことの多かったアフリカの旅であったが、掲載の動物たちをフィンボスで見かけるとは・・・これも予期せぬことでうれしい驚きだった。豊かな植生が豊かな生物を育んでいる。

This time in Africa, I came across many unexpected things and living things. Here are photos of another amazing wild life on the fynbos of the Cape area, which I least expected. Rich vegitation is the mother of rich living things.

ダチョウ/Ostrich
e0140365_1851987.jpg



エランド/Eland
e0140365_188963.jpg



ケープ・チャクマ・バブーン/Cape chacma baboon
e0140365_18101588.jpg



e0140365_18265146.jpg


by magnifika | 2012-11-18 18:27 | クルーズ/Cruise
2012年 11月 14日

Africa-26 喜望峰自然保護区の植生 / Vegetation of The Ecoregion of The Cape

5月2日(水) 喜望峰の自然灌木植生地
Wed. May 2 The shrubland of the Cape of Good Hope

喜望峰のフィンボスと呼ばれる保護区には実に約9000種の植物が自生しており、うち6200種が土地の固有種だという。エリカの自生種だけでも600種あるとか。購入してきたルイボス・ティーもこの地にだけ生える植物のお茶で、日本でも高額で売られている。抗酸化作用が高く、ノー・カフェインが魅力。味は少し酸味がかっていて、色は赤みがかった茶色。後にこのルイボス・ティーに大いに助けられる日がやってくる。

The wide shrubland around the Cape of Good Hope called "fynbos" is UNESCO's World Asset. The wide ecoregion embraces 9000 species of vegetation, and of which 6200 are endemic. The number of endemic ericas only amounts to 600. Rooibos tea is the product only to this region. It is rich in antioxidant but contains no caffeine. It is on the market in Japan at rather high price. It is called "bush tea" as well. It has a little sour taste and the colour is reddish brown. I bought some rooibos tea at the Water Front. I did not know then that the time to survive on it would come later.
 
e0140365_20453693.jpg e0140365_204763.jpg










e0140365_2054041.jpg e0140365_20555296.jpg











e0140365_2057323.jpg e0140365_2059910.jpg












e0140365_2142954.jpg e0140365_216920.jpg











フィンボス/Fynbos
e0140365_2181490.jpg


ルイボス・ティー/Rooibos Tea
e0140365_21104085.jpg


by magnifika | 2012-11-14 21:11 | クルーズ/Cruise
2012年 11月 13日

Africa-25 喜望峰 / The Cape of Good Hope

5月2日(水) 喜望峰
Wed. May 2 The Cape of Good Hope

ケープポイントの高台から海沿いの道に降りて約1㎞、ケープ半島の突端が喜望峰。
たけり狂うような荒海に面した石ころの浜辺に座標が建っている。さすがに「やってきたな」の感がある。このまま南に下ればあるのは南極大陸のみ。
喜望峰: 東経18度28分19
       南緯34度21分29

From the Cape Point, about one kilometer trail along the seashore takes you to the Cape of Good Hope at the tip of the Cape Peninsula.
The signboard is on the stony shore facing the rough angry sea. The place is overwhelmed with strong wind. Suppose you sail down straight southward from there, what you bump into is Antarctica.

e0140365_20414127.jpg



e0140365_2043178.jpg



e0140365_20444026.jpg



e0140365_20454638.jpg



e0140365_2047026.jpg



e0140365_20474647.jpg


アフリカ大陸の最南端と今でも流布している喜望峰だが、実は私たちがアフリカ大陸に入港し内陸部旅行をスタートしたポートエリザベス方向(東南東)150㎞にあるアグラス岬(=アガラス岬)が実際のアフリカ大陸最南端。ここがインド洋と大西洋の分海域となる。
アグラス岬: 東経 20度18分19
        南緯 34度50分00

Many people still believe that the Cape of Good Hope is the southernmost point of Africa. But actually it is not. The Cape of Agulhas that is located 150 km ESE from the Cape of Good Hope is the southernmost tip. The Cape is where Indian Ocean meets the South Atlantic Ocean.
The Cape of Good Hope: Lat.34°21'29 Long.18°28'19S
The Cap of Agulhas: Lat.34°50'00 Long.20°18'09E

by magnifika | 2012-11-13 20:54 | クルーズ/Cruise
2012年 11月 13日

Africa-24 ケープ半島ケープポイント / Cape Point of Cape Peninsula

5月2日(水) ケープポイント
Wed. May 2 Cape Point

ケープタウン市街からバスに乗っておよそ2時間後ケープ・ポイントに到着。ケープ・ポイントはユネスコの自然世界遺産となっている灌木植生地保護区(フィンボスと呼ばれる)の一部。この時期は冬の入り口で、この地区は猛烈な風と荒れた海にそなえてでかける必要がある。私はセーターの上にジャケットを羽織っていましたがそれでもぶるっとするほどでした。

About a two-hour bus-ride from the City of Capetown brought us to the Cape Point. It is a part of "Fynbos", a widely spreading natural shrubland, also a UNESCO World Heritage. It almost winter there at this season of the year. You must prepare for the very windy cold climate at this season of the year. I wore a woolen sweater under the jacket.

ケープ・ポイント/Cape Point
e0140365_0214883.jpg


ケーブル・カーで3分ほど。旧灯台のある高台へ。インド洋と大西洋が一望のもとに見渡せる。帰りは息をのむようなパノラマ景色を見ながら徒歩で下る。You can either ride a tram from the Cape Point building or walk up to the old lighthouse enjoying a variety of plants on both sides of the trail. The place at the top commands a breathtaking panoramic view of the area and both Indian Ocean and the South Atlantic Ocean at the same time.
e0140365_038943.jpg


e0140365_0391354.jpg


e0140365_040465.jpg



e0140365_0415368.jpg



e0140365_042514.jpg



e0140365_0454070.jpg



この写真の小さな半島の先端が「喜望峰」 次回に投稿いたします。
The Cape of Good Hope is at the tip of the peninsula. In the next post, I will be visiting there.
e0140365_0544356.jpg


by magnifika | 2012-11-13 00:58 | クルーズ/Cruise
2012年 11月 10日

Africa-23 喜望峰へ/To the Cape of Good Hope

5月2日(水) ケープタウン市街から喜望峰への海岸線
Wed. May 2 The coastline from the City of Capetown to the Cape of Good Hope

早朝ホテルを出て喜望峰へ。、独特な岩肌をした切り立つ山を左に、海沿いの道を東方向に美しい海岸線をバスライド。喜望峰まで約2時間。
Left the Hotel early in the morning for the Cape of Good Hope . The two-hour bus ride to thebCape gave us time to enjoy the beautiful coastlines on the right and bare rocky mountains on the close left side.

朝のテーブルマウンティン/Morning Table Mountain
e0140365_07048.jpg



瀟洒な邸宅が海沿いの高台に連なり、インド洋と南大西洋を見下ろしている/Beautiful houses on the seaside height comanding both Indian Ocean and South Atrantic Ocean below.
e0140365_0323517.jpg



ライオンズヘッドを後に/Lion's Head behind
e0140365_0363495.jpg



e0140365_0365938.jpg



e0140365_037586.jpg


by magnifika | 2012-11-10 00:49 | クルーズ/Cruise