人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 31日

1週間ほど失礼します!/ Excuse my absence during the coming week!

ご友人のみなさまへ

いつも拙いブログにお立ち寄りいただいてありがとうございます。
果てるともないだらだらとしたペースの「世界一周紀行」にお付き合いいただき、大変励みとなっております。

さて今日から1週間ほど台湾に出かけます。「世界一周」もその間お休みさせていただきますが、帰国後またよろしくお願いいたします。では・・・


Dear Friends,

Thank you for visiting my blog often. How big a support your visits are to push forward a slow-paced person like me !

I will be away for the coming week and out of my blog room as well. I am flying to Taiwan today. Japan has an extraordinarily cold winter this year. So it is a relief to be able to go down to the south even for a short time.

Warmest regards in the cold season!
Magnifika


by magnifika | 2013-01-31 00:11 | 海外 Trips & Travels O
2013年 01月 30日

ハイラム・ビンガム号の車窓から-1 / The Views from Hiram Bingham-1

5月17日(木) 
Thu. May 17


古の朽ちた段々畑(アンデネス)があちこちに・・・ Ancient ruins of destroyed terrace fields, "Andenes" are here and there.
e0140365_23333131.jpg



現在の居住地 A present village
e0140365_236230.jpg



赤いキヌア畑 / Red quinua fields
e0140365_2310104.jpg



山がだんだん近づいて・・・Mountains coming closer and closer
e0140365_23362798.jpg




ハイラム・ビンガムのこと / Hiram Bingham

以前乗った、ベニスシンプロンオリエント急行は旧来のままを復元した車両なので、優雅で優れた装飾性は見事だったがハイラムビンガム号より車内を狭いと感じた。ハイラムビンガム号ではたっぷりとした車内をあちこちの車両に移動し、左右の車窓に迫る圧倒的な景色を堪能した。また3500mのクスコから2430mのマチュピチュに向かうに従い身体的にも楽になり皆食欲も出て饒舌になる。

ハイラム・ビンガム号の名はマチュピチュを世界に知らしめたアメリカ人ハイラム・ビンガム氏にちなんでつけられた。同氏はインディアナ・ジョンズのモデルとも言われるが、掲載の写真はマチュピチュ発見当時のものとか。著書「Lost City of the Incas 」のマチュピチュ発見の瞬間を記述したページが右。

I felt the train is more spacious and comfortable than Venice Simplon-Orient-Express, although the latter is decorative and posh. We could move freely in the train to see the overwhelming views of mountains on the both sides. Moreover, as we descended from Cusco, 3500m above sea level down to 2430m-Machu Picchu, we started recovering appetite and got more talkative.

They named the Orient-Express style train to Machu Picchu after the famous explorer who revealed Machu Picchu to the world. The photo is Mr. Bingham of the days when he found the forgotten Inca city of Machu Picchu. The right is a page from his book "Lost City of the Incas that tells the moment of discovery of Machu Picchu.




by magnifika | 2013-01-30 23:43 | クルーズ/Cruise
2013年 01月 29日

ハイラムビンガム号の列車内 The Compartments of Hiram Bingham Train

5月17日(木)
Thu. May 17

ハイラムビンガム号の編成

1号車は機関車
2号車は電源車とキッチン
3号車&4号車はテーブル付パッセンジャー車
5号車はバー付ラウンジ車
6号車は民族音楽グループ付の展望車

食事は往きにランチ、クスコへの帰りにディナー付

The composure of Hiram Bingham train:
1st car Engine room
2nd car Power generating room & Kitchen
3rd & 4th cars Passenger cars with dining tables
5th car Lounge car with the bar
6th car Observatory car with a music group

Lunch served on the way to Machu Picchu and dinner on the way back to Cusco


ラウンジ  Lounge & the service staff
e0140365_22482790.jpg


バー / Bar Countere0140365_2252524.jpge0140365_22544662.jpg













最後尾の展望車 / The observatory car at the end
e0140365_22595350.jpg



e0140365_232087.jpg



最後尾のオープンデッキ / The open deck at the very rear end
e0140365_2343081.jpg



目の前にそびえる3000m級の山々を眺めながら座席のテーブルで昼食 / Lunch served at the table of a passenger seat looked down by the 3000m-class mountains
e0140365_23135746.jpg


by magnifika | 2013-01-29 23:20 | クルーズ/Cruise
2013年 01月 26日

マチュピチュへ To Machu Picchu

5月17日(木) オリエント・エクスプレス「ハイラム・ビンガム号」にのってマチュピチュへ
Thu. May 17 Taking Orient-Express train " Hiram Bingham" to Machu Picchu

ホテルから車で約20分。ペルーレール-オリエントエクスプレス鉄道のポロイ駅へ
About a 20-minute bus ride from the Hotel took us to Poroy Station of PeruRail –OrientExpress.

ポロイ駅 Poroy Station
e0140365_22271038.jpg


e0140365_22291722.jpg


駅では歌舞団が期待に満ちた旅をさらに盛り上げ見送ってくれる。
The local Andean musicians and dancers aroused expectation for the train trip and what lay ahead.
e0140365_2230494.jpg


e0140365_2231688.jpg



e0140365_223373.jpg



e0140365_2234413.jpg



e0140365_22364100.jpg



e0140365_22371280.jpg


マチュピチュへのルートマップ:峡谷を流れるウルバンバ川沿いに走るハイラムビンガム。
The railroad route map to Machu Picchu: The rail runs along the Urubamba River at the bottom of the ravine.
e0140365_22384871.jpg


早朝にはクスコでは時に気温が0℃にも落ち込む。しかしその寒さも今朝は気にならない。いよいよマチュピチュに向かう。マチュピチュ線はレールは一本だが3通りほどの列車運行がある。私たちは人生に一回の折かもしれないので、噂に聞いていたペルーレールとオリエント・エスプレス社が共同経営するハイラム・ビンガム号で往く。


by magnifika | 2013-01-26 22:40 | クルーズ/Cruise
2013年 01月 26日

小休止! 南アメリカ原産の花 Flowers originated in South America

フクシア&ランタナ
Fuchsia & Lantana

フクシア:花言葉「温かい心」
Fukusia: The code is "Warm heart"
e0140365_1964621.jpg




ランタナ:花言葉「協力」
Lantana: The code is "Cooperation"
e0140365_1971472.jpg



クスコを歩いていると強い日差しの中でフクシアやランタナが力強く育っている。日本で私が苦労して育ててもすぐうどんこ病などでみじめな姿になってしまう2種。

調べてみるとなんと2種とも南アメリカ原産の花たちであった。双方とも開花期間の長い種で、ここでは壮健な風情である。やはり気候の適した地でないとお花はかわいそうなのかもしれない・・・そうおもいながらクスコの街の花々を楽しませてもらった。

Under the very strong sun in Cusco, familiar flowers such as Fuchsia and Lantana are beautifully growing and blooming. I came to know later that South America is their original home. No wonder I have a difficult time to keep them in my garden. They easily get affected with mildew in the humid climate of Japan. For the flowers, the happiest place to grow may be their original home, I thought. I enjoyed the lovely colours of healthy flowers in bloom.


by magnifika | 2013-01-26 19:09 | クルーズ/Cruise
2013年 01月 25日

クスコ-7 伝統 / Cusco-7 Traditions

楽器 アルパ Music Instrument, Arpa
e0140365_23311274.jpg



クスコ伝統織物センター
"The Center for Traditional Textiles of Cusco" near Plaza de Armas
e0140365_2331573.jpg



デザインには数千年の伝統柄が使われそれぞれ意味がある。
The textiles have some thoussand-year tradition. Their designs have meanings as "meandering river", "footprints of the puma, "a medicinal plant" etc.
e0140365_23331296.jpg



センターで購入したかわいいアンデスの耳付き帽子「チューヨ」 
Cute "chullos", Andean caps with the ear covers, which I bought at the Center
e0140365_2334611.jpg



ホテルのTupay Restaurant 夕食時の歓迎の儀式
Traditional welcome ceremony at Tupay Restaurant of Hotel Monasterio
e0140365_2336857.jpg



e0140365_23375727.jpg



e0140365_23414798.jpg



歓迎の聖なる花びらや葉を頂くことになった私。その折の花びらは乾燥してメニューに貼り思い出に。
I had an honour of receiving their sacred gift of flower petals and leaves. I dried them. and pasted on the day's menu card for a memory.
e0140365_23431082.jpg


e0140365_23441982.jpg


by magnifika | 2013-01-25 23:45 | クルーズ/Cruise
2013年 01月 23日

クスコ-6 ホテル・モナステリオ聖堂 / Cusco-6 The Chapel of Hotel Monasterio

5月16, 17, 18日 ホテル・モナステリオのサン・アントニオ・アバド聖堂
May 16, 17 & 18 The Chapel of San Antonio Abad of Hotel Monasterio


magnifika's another blog


e0140365_17104478.jpg



e0140365_17115687.jpg



e0140365_17123195.jpg



e0140365_17142479.jpg


思わず敬虔な気持ちになる静かな空間。外の光が堂内に柔らかくはいりこみ聖像の姿を浮かび上がらせる。
聖堂の内部は全て厳かに輝く金。ペルーは現在でも金産出国のランキング7位。銀は2位。現在も多くの外国資本が入っているとのこと。

The Chapel is a quiet space with tranquility. Lights outside get soft when they reach the statues and the inside. The chapel is so elaborately decorated with gold. Peru is ranked 7th in gold mining, and second in silver today, still attracting foreign capital.


by magnifika | 2013-01-23 17:24 | クルーズ/Cruise
2013年 01月 22日

クスコ-5 ホテル・モナステリオ / Cusco-5 Hotel Monasterio

5月16日(水)憧れのホテル・モナステリオに宿泊
Wed. May 16 How much I had looked forward to staying at the Monasterio!

The entrance of Hotel Monasterio
e0140365_2042333.jpg


e0140365_20503331.jpg



中庭/The courtyard
e0140365_215105.jpg




もう一つの中庭/Another courtyard
e0140365_2175178.jpg


e0140365_211321100.jpg



客室: 特筆すべきは、このホテルではすべての客室の空気濃度がおよそ海抜1000mほどに調整されている。おかげで安眠できる。クスコは前にも記したが何しろ海抜3500mにある街。また、客室には古い絵画が複数かかっている。
Guest rooms: What is unique about this hotel is air density is adjusted to that of 1000 m above sea level. Despite staying at 3500 m above the sea level, we can have a good sleep. We also enjoy old art pieces on the room walls.
e0140365_2228466.jpg


e0140365_2229575.jpg



e0140365_2230550.jpg



e0140365_22351678.jpg

1592年に建てられた修道院は現在オリエント・エクスプレス社が5つ星ホテルとして経営している。
The Hotel constructed in 1592 as a monastery and now belonging to Orient-Express.

『ホテル・モナステリオの歴史

この建物は、元々修道院として1592年にインカ帝国のアマル・カラ宮殿があった場所に建造されました。 1598年、クスコの第6代司教のサン・アントニオ・アバドによって神学校が設立され、アントニオ・デ・ラ・ラヤがカトリックの牧師を養成していました。

ホテルは、今でも国の歴史的に重要な建造物としてINC (国立文化センター)によって保護されており、当時の雰囲気と魅力がそのまま残されています。 統治時代のルネッサンス・スタイルの典型的な建物で、異なる階に位置する3つのセクションによって成り立っています。 ホテルの中心には噴水と、300年以上の樹齢を誇る杉の木を囲む中庭、そして石でできた回廊があります。』・・・ホテル・モナステリオの公式ページより拝借

Excerpts from the official Hotel Monasterio site:

“The Hotel Monasterio is only a ten-minute drive from the airport and just two blocks from the Plaza de Armas, Cuzco's central square, where the cathedral and most important museums are located.
This unique hotel museum is an architectural treasure built on Inca foundations with a beautiful chapel adorned with extraordinary gold ornaments. It combines the solemnity of a colonial monastery with the luxury, elegance, comfort and excellent quality of a modern five-star hotel”



by magnifika | 2013-01-22 22:38 | クルーズ/Cruise
2013年 01月 21日

クスコ -4 12角の石とその界隈 / Cusco-4 A 12-angled Stone and its surroundings

5月16日(水)
Wed. May 16


12角の石(La Piedra de Los Doce Augulos)
A 12-angled stone (La Piedra de Los Doce Augulos)
e0140365_21273485.jpg



e0140365_21284018.jpg



e0140365_2130595.jpg



e0140365_21355131.jpg



e0140365_21323291.jpg



e0140365_21333787.jpg



Hatunrumiyoc通りはインカ時代の石組が寸部のずれもなく今に残されている細い通り。アルマス広場からも遠くない。大きさも形状も異なる石が接合剤を一切使用せず隙間なく積まれた様は驚異的。中でも12角の巨石は建築の専門家ばかりでなく、どんなツールが使用されたか、力の分散をいかに割り出したのか、など様々な分野の人々の疑問と興味を惹き付けている。この石積みを形容してよく「剃刀の刃も通らないほど精緻な」といわれる。実際眺めて、触れて納得以上の驚きだった。

Hatunrumiyoc Street is not far from Plaza de Armas. It is a narrow pedestrian street with the Inca stone walls on one side and houses on the other. Precisely carved huge polygonal stones are fit together without any bonding agent. A 12-angled stone is one of them. They say the Inca skill of stonework never allows even a razor blade to go in between the stones. That is why the structures were not destroyed at all by the great earthquakes of the past.



Magnifika's another blog

by magnifika | 2013-01-21 21:38 | クルーズ/Cruise
2013年 01月 21日

クスコ -3 アルマス広場 / Cusco-3 Plaza de Armas

5月16日(水)クスコの中心 アルマス広場
Wed. May 16 Plaza de Armas, the city center of Cusco
e0140365_09550507.jpg
カテドラル: インカの時代には創造神ビラコチャ・Viracochaの神殿であったカテドラル 鐘楼の鐘は年一回復活祭にのみ鳴らされる。
Catedral: The place that was the shrine of God Viracocha, the Creator, in the era of the Inca The bells ring only once a year on Easter.
e0140365_1375859.jpg


e0140365_1384953.jpg



e0140365_140298.jpg



e0140365_141585.jpg



ラ・コンパーニャ・デ・ヘスス教会: スペイン占領前は第11代インカ皇帝ワイナ・カパックの宮殿
Iglesia de la Compañía de Jesús: Before Spanish occupation the place was the Palace of Wayna Qhapaq, the 11 th emperor of the Inca.
e0140365_1441264.jpg



e0140365_1453255.jpg



e0140365_1463979.jpg



クスコのおまわりさんはセグウェイで。
A policeman in Cusco patrolling on a segway
e0140365_1484282.jpg


e0140365_1493639.jpg


アルマス広場の中央に立つ、クスコを首都にした第9代インカ皇帝パチャクティの銅像
The statue of Pachakutiq, the ninth emperor of the Inca, who made Cusco his capital
e0140365_1502267.jpg


サンマルティン通り7月28日通りの交差点にあるパチャクティ銅像
Another Pachakutiq statue that is at the cross point of Saint Martin Street and July 28th Street
e0140365_152841.jpg


by magnifika | 2013-01-21 01:54 | クルーズ/Cruise