人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

オランダ領アンティール諸島アルーバ-4 つけたし! Antilles Aruba-4 Additional Pieces about Aruba

6月2日(土) 
Sat. June 2

e0140365_2256286.jpg


e0140365_22582352.jpg


e0140365_22593117.jpg

街の大通り「L.G.スミス・ブールバード」沿いのイグアナたち。7変化の衣で身を隠しているつもりなのでしょう・・・それがなんだか滑稽でかわいくて。

The iguana live along the main street of Aruba, L.G. Smith Blvd. So funny that they think they are hiding by changing colours from the human world and never know they give us a lot of joy and amusement.



e0140365_2311147.jpg
これは小さいけれど・・・アルーバの「ディビディビの木」はいつも西に向いている。まるで自然の羅針盤のよう。
Aruba's Divi-divi trees always stretch toward west. It is like a natural compass to show us the directions.The ones in my photo are small but already pointing west.



e0140365_2342319.jpg
通貨はアルバ・フロリンまたはアルバギルダーともいう。1アルバ・フロリン=1アンティル・ギルダー=1.79米ドルで固定。補助単位はセント(100セント=1アルバ・フロリン)。USドルもそのまま使用可。
おもしろいのはアルーバの5フロリンと50セント硬貨。四角い形をしている。ここに掲載したのは手元の5フロリン

The currency of Aruba is Aruba florin or guilder. One Aruba florin=1 Antilles guilder = Fixed $US1.79 They accept US dollar anywhere. Their Aruba 5-florin and 50-cent coins are unique in a squareshape. Here is my 5-florin coin.


e0140365_236446.jpg
のびのびと過ごしたアルーバでの一日も終えてコロンビアのカルタヘナに向け出港。 
A happy carefree day is over and now it is time to resume sailing for Cartagena, Columbia.

by magnifika | 2013-03-31 23:09 | クルーズ/Cruise
2013年 03月 31日

オランダ領アンティール諸島アルーバ-3 ナチュラルブリッジ Antilles Aruba-3 Natural Bridge

6月2日(土) 
Sat. June 2

ナチュラルブリッジ Natural Bridge:
2005年まであった自然が作った長さ30mの天然橋は突然崩壊。今は小さな天然橋が崩壊場所の隣にあるばかり。
The top tourist spot of the Island was famed for the 30m-long natural bridge until it suddenly collapsed in 2005. There is a small one next to the collapsed site.

崩壊した橋 The collapsed bridge
e0140365_144231.jpg


e0140365_1452190.jpg



残っている小さな橋 The small natural bridge remaining nearby
e0140365_156931.jpg


e0140365_157375.jpg



e0140365_1584196.jpg



e0140365_1591953.jpg



e0140365_204429.jpg



e0140365_212438.jpg



e0140365_242946.jpg


by magnifika | 2013-03-31 02:06 | クルーズ/Cruise
2013年 03月 31日

オランダ領アンティール諸島アルーバ-2奇岩群&チャペル  Antilles Aruba-2 Chapel & Rock Formations

6月2日(土) 
Sat. June 2

パームビーチ Palm Beach
e0140365_0551598.jpg



カシバリ奇岩群: 島のほぼ中心の自然が形成した奇岩群。もっとも大きな岩のてっぺんからアルーバの地形を見渡せる。
Casibari Rock Formations: In the center of the island, the nature formed a peculiar landscape. You can have a view of the geographical features of Aruba.
e0140365_0573365.jpg



e0140365_115373.jpg



1 岩をくぐって上へ Climbing up to the top
2 象の岩 Elephant Rock e0140365_0581130.jpge0140365_0593537.jpg
















アルトビスタ教会 サボテンの茂る乾燥地にたたずむ1780年創設のカトリック教会
Alto Vista Chapel A Catholic Church founded in 1750 in the dry cactus land
e0140365_1193987.jpg



e0140365_11718.jpg



e0140365_118661.jpg



e0140365_1272783.jpg


e0140365_1231481.jpge0140365_1251132.jpg

by magnifika | 2013-03-31 01:32 | クルーズ/Cruise
2013年 03月 31日

オランダ領アンティール諸島アルーバ-1 Antilles Aruba-1

6月2日(土) 
Sat. June 2

アルーバ Aruba

e0140365_23523653.jpg


e0140365_23531862.jpg



e0140365_23552247.jpg



e0140365_23561877.jpg



e0140365_23572490.jpg



e0140365_23591593.jpg


アルーバはベネズエラの北沖合25kmにあるオランダ領アンティール諸島の小さな島。アンティール諸島を「州」とすれば「県」にあたる。近くにあるボネール島の「B」、キュラソー島の「C」と合わせてABC諸島などと呼ばれる。1600年代からオランダ、イギリスの植民地の歴史を経て現在はオランダの統治下にある。

小さな島なので観光スポットへのアクセスも車で10~20分ほどなのがうれしい。気温は高いのだが北西からの風が心地よく、安全情報も良好なので久々に街路をのびのび歩く。

Antilles Aruba is a small Dutch island 25 km north of Venezuela. The distance from each tourist spot to the other is only 10~20 minutes. What made me so light-hearted was good safety information by the Ship. I walked a lot in the sea breeze of Aruba.

by magnifika | 2013-03-31 00:01 | クルーズ/Cruise
2013年 03月 30日

香水 aruba

香水 aruba "Shell" of SEAJEWELS


e0140365_22103096.jpg



e0140365_22113219.jpg



e0140365_22262812.jpg



e0140365_22221712.jpg






2012年6月2日、世界一周クルーズの途でカリブ海に浮かぶオランダ領の小さな島"アルーバ"に寄港した折に求めたその名も"aruba"という香水。カリブ海の海辺で纏うにふさわしいさわやかな海風の香り。ミニボトルのセットはホタテガイに加えてヒトデ、タツノオトシゴ、ホラ貝のとてもチャーミングなセットなのだけれど、売り切れていて入手を逃した。また残念ながら日本の市場には知る限りで回っていない。カリブ方面に旅する折には、いかがでしょう・・・

これを眺めるだけで久々に、海風を浴びて海辺をのびのびと歩いた一日を思い出す。それまで寄港した南米各地では劣悪な安全情報の中気の抜けない日々が続いていたからだ。

ノート:
    トップ: ベルガモットと木々
    ミドル: リリー、カーネーション、イランイラン、ローズ、ジャスミン、バイオレット
    ラスト: シーダー、バニラ、アンバー、ジャコウ   

Bought in Aruba, the Netherland, a small island in the Caribbean Sea.
It will set you free into the Caribbean breeze. They have a charming mini-bottle set of Shell, Starfish, Sea horse, and Conch, but it was sold out and I could not get one.

Whenever I see or use Shell, I remember the day I walked in the sea breeze of Aruba so freely. Bad safety information had required us to pay careful attention to our surroundings and belongings at each port since Africa.

The explanation about Shell by SEAJEWELS Co.
"Creating its own story, this fragrance becomes a woman. Shell is unique and classic, with a hint of elegance and maturity.
Characteristics
This fragrance has a high visual impact with its sea shell shaped bottle that makes it a unique product in the market.
Advantages
It is an eau de parfum with an 18% of concentration, Green-Floral with fresh notes of tangerine that amalgamate the ylang-ylang and jasmine.
Benefit
This fragrance creates a romantic and elegant atmosphere joined with an intense and seductive Perfume, that evokes an evening on a Caribbean beach where the warm breezes subtly strokes your skin.

NOTES
Top notes: bergamot and green notes.
Heart notes: lilies, carnations, ylang-ylang, rose, jasmine and violets.
Bottom notes: cedar, vanilla, amber and musk.

by magnifika | 2013-03-30 22:17 | 香水/Perfume
2013年 03月 28日

海の遭難信号と沈黙時間 Maritime Distress Signal & Silent Period

5月30日(水) 終日航海
Wed. May 30 At Sea

e0140365_2323282.png


毎朝9時少し前にキャプテンから最新の航海情報が放送で流れる。それに加えて、楽しみなのが、船や海にまつわる興味深い話を付け加えてくださることだ。

今日は沈黙時間と遭難信号について:

「船の世界には昔から弱い者の声を必死に聴く習慣がある」 それは「沈黙時間」。
船舶の無線室には「沈黙時間」用の特殊な時計備えられていた。毎時0・15・30・45分から3分間の間に色が塗られている。赤は第一沈黙時間、緑は第二沈黙時間
沈黙時間には全ての船舶は通信を停止し、遭難船の信号の有無に注意を集中した。当時はモールス信号が使用されていた。
私たちがマラッカ海峡に差し掛かった2012年4月14日、タイタニック号の沈没100年を迎えたが、タイタニック号こそが世界で初めて「遭難信号」SOSを発信した船となった。1999年以来モールス信号も沈黙時間も人工衛星の発達によりEPIRB(非常用位置指示無線標識装置=Emergency Position Indicate Radio Beacon)に取って代わった。

しかし、多くの船が役割を終えた沈黙時間時計をまだ大事に壁にかけている。


Every morning a little before 9 o'clock, our Captain gives us an up-to-date cruising information plus an interesting sea-related story by way of broadcasting. This morning it was about "Silent Period".

In the world of ship, there had been a custom to listen with intense attention to the voice of those who were in need for help. It was "Silent Period".

Every communication room of a ship used to have a special clock showing the silent periods, that is, 3 minutes after every 0, 15, 30, and 45. During each period, all the ships at sea stopped waves except for one in distress. They used Morse code those days.

April 14, 2012 was the 100 th memorial day of the tragedy of Titanic. It was the very first ship that sent distress signal "SOS" into the air.

The Morse code and silent period clocks were replaced in 1999 by EPIRB(Emergency Position Indicate Radio Beacon) thanks to the development of the artificial satellite system. But many ships still keep the hitoric clock on their wall. So does our ship ASUKA II.

by magnifika | 2013-03-28 23:04 | クルーズ/Cruise
2013年 03月 27日

早朝赤道通過 Crossed the Equator Early Morning

5月29日(火) 終日航海
Tue. May 29 at sea

e0140365_21314560.jpg


e0140365_21322946.jpg


e0140365_21332684.jpg


e0140365_2134298.jpg



今日、日が変わって間もなく南半球から北半球に向け赤道を通過。航海図のディスプレイの緯度に4つの「0」が並ぶのを待って撮影しようとスタンバイしていたのに・・・なんということ…不覚にも居眠りをしてしまった。はっと目覚めてみると、「緯度:00-08 N」になっていた。キャプテンのお話では通過時間は00:49だったとのこと。14分の居眠りは禍根を残すことを知る。シュン・・・・,

でも今日はダンスの大泉先生にクラブ2100で素敵なジルバを踊らせていただいたから、元気を出そう!

A little after the date turned today, the ship crossed the equator from the southern hemisphere to the northern hemisphere. I had been on standby to take a photo of four zeros in line on the display of cruising map. That I should fall into a doze at the very moment, of all things! When I woke to myself, the digit was 00:08 N. The taste of regret from the 14-minute doze was bitter. Captain told us this morning that the time was 00:49.

At the Club 2100 in the evening, brisk jitterbug with our wonderful dance instructor, Mr. Ohizumi, offset my silly day. 

by magnifika | 2013-03-27 21:35 | クルーズ/Cruise
2013年 03月 27日

ブラジル ベレン Belem, Brazil

5月28日(月)
Mon. May 28

樹齢300年のマンゴーの並木の茂るアマゾン河口の街と聞いていた土地。しかし入港したのは街の中心から車で1時間ほどかかる場所にあるイコアラシという小さな漁村のような港町沖。いわゆる「錨泊」。街と反対側の河岸にはジャングルが広がっている。

ASUKA IIの通船でイコアラシ桟橋に着くと魚のにおい、廃船の残骸、残飯を漁るコンドルのような鳥などに今までとは異なる印象。大変興味をそそられるが、船から十数項目にわたるベレン上陸の際の注意事項がでており、それを守るとほぼ自由に街を歩くことは不可となる。残念ながら治安は劣悪と言わざるを得ない。素晴らしい絵の題材がゴロゴロある土地なので、本当はこんなところに腰を据えてしばらく滞在したいのだけれど・・・

そこで仕方なくASUKA IIのシャトルバスの発着地「エスタサン・ダス・ドッカス」へ。ここはウォーターフロント開発された人気の施設で海辺沿いに広々としたショッピングセンター、レストランなどがあり、船の唯一のおすすめポイント。

I had looked forward to visiting Belem as I heard it is a city at the mouth of the Amazon River and has a boulevard lined with 300-year-old mango trees. But the port we entered was a small fishing village called Icoaraci 1-hour drive away from the centre city area. Our ship ASUKA II anchored off the Trapiche de Icoaraci (Icoaraci Pier). On the opposite bank of the Icoaraci jetty lies the jungle of Amazon.

What I saw when landed was totally different from those we usually saw at the passenger port. We rarely see abandoned boats on the shore left in decay, black birds like condor looking for food, and local people coming over just to see us passengers of the Japanese ship. The place aroused my curiosity and interest, but we must observe the warning list of so many items as 12 given to the passengers by the ship to keep us safe in Belem. I am sorry to say this, but Belem is not safe for tourists. Otherwise I would like to stay here for some time to paint. The place is full of materials for painting.

After all, my partner and I went by the shuttle bus to the newly developed water front area called "Estacao das Docas", the only place our ship recommended to go.

朝、光の中に未知の街が浮かび上がってくるわくわくする瞬間。
The moment the unknown city appears in the morning light swells our expectation.
e0140365_23544393.jpg


e0140365_23551598.jpg


e0140365_23555755.jpg


e0140365_23585510.jpg


イコアラシ桟橋からASUKA IIを望む Our ship ASUKA II viewed from Icoaraci Pier
e0140365_23595130.jpg


e0140365_003679.jpg


e0140365_052596.jpg


桟橋近くのお店 The market near the Pier
e0140365_024470.jpg


イコアラシは焼き物の産地  7000~8000年の歴史を持つマラジョー焼 Icoaraci's Marajó pottery has 7000~8000-year history.
e0140365_04828.jpg


妙に存在感のある鳥たち The birds that strangely make their presence felt
e0140365_0105770.jpg


e0140365_012257.jpg e0140365_0132531.jpg













ウォーターフロント「エスタサン・ダス・ドッカス」の風景 The views of Estacao das Docas
e0140365_1133787.jpg



e0140365_0172670.jpg


マンゴの木の並木 The mango tree boulevard
e0140365_0183970.jpg


街中 Down town
e0140365_0201319.jpg


日系人の農家の人が販売していた胡椒、とってもいい香り!A Japanesw-Brazilian farmer was selling pepper he produced. Good smell!
e0140365_022652.jpg


by magnifika | 2013-03-27 00:23 | クルーズ/Cruise
2013年 03月 24日

ブラジル東沖北上 Sailing Northward Off the Eastcoast of Brazil

5月26日(土)
Sat. May 26th


e0140365_2337297.jpg
‏‎17:37 こんな美しい夕陽が・・・ The sunset off Cape Branco

船は次のポート、ブラジルのベレンに2日後28日の入港を目指して航海している。
18:00 ブラジルにある南米大陸最東端の岬、セイシャス岬またはブランコ岬沖70マイル=110kmを通過。

The ship is sailing for the next port, Belem, Brazil.
18:00 Sailing 110km off Cape Branco. Ponta do Seixas or Cape Branco is a cape on the Atlantic coast of eastern Brazil, that forms the easternmost point of the South American continent.

by magnifika | 2013-03-24 23:42 | クルーズ/Cruise
2013年 03月 24日

ブラジル サルバドール-6 出港  Salvador, Brazil-5 Good-bye, Bahia!

5月24日(木) 18:00
18:00 Thu. March 24

e0140365_2258535.jpg



e0140365_23142452.jpg



バイーアの一日はあっという間に過ぎて、出港の時間がやってくる。いつもそうであるように、きょうも夕刻の光がともり船が陸から遠ざかるにつれ、すでに思い出になってしまった時間や土地の人々との交流ががどんどん大きくて大事な宝石になってゆく。さようなら~、バイーア!

One day in Bahia was like a flash. When the evening lights are on, the time to sail out comes. It is the moment I feel that the farther the distance becomes from the land, the more precious become the time I spent and the people I met there. They will soon be a jewel in my heart.
Good-bye, Bahia!

by magnifika | 2013-03-24 22:59 | クルーズ/Cruise