人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 16日

イルカの躍動とウミガメ The Flashes of Dolphins & The Sea Turtles

6月12日(火)  クジラの保護区カボサンルーカス岬沖を航行。
Tue. June 12 Cruising off the Cape of Cabo San Lucas


なんという命の躍動! What breathtaking views of life!
e0140365_23463414.jpg



e0140365_23472486.jpg



e0140365_23513669.jpg



e0140365_23581879.jpg



e0140365_23503716.jpg



e0140365_23521094.jpg



船のエンジン音でぷっと浮上するおびただしい数のウミガメ
A number of sea trutles floating up
e0140365_043855.jpg


e0140365_061017.jpg



カリフォルニア・カボサンルーカス沖
e0140365_23454053.jpg


by magnifika | 2013-05-16 00:09 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 14日

アカプルコ‐6 お土産  Acapulco, Mexico-6 Souvenir

ジャヴィエール・セルヴィン作陶器 Javier Servins
e0140365_21255542.jpg



e0140365_21222013.jpg



e0140365_21231670.jpg




オリナラ漆器  Olinalás
e0140365_21293441.jpg


e0140365_21331768.jpg


e0140365_21302160.jpg e0140365_21315446.jpg













今回はグアナファト州タランダクアオにあるセルヴィン工房(Ceramica Servin)の品々とオリナラ漆器をおみやげに・・・

ジャヴィエール・セルヴィンさんの作品購入。海外でも人気が出ている工房の作品はひとつひとつことなり二つと同じものがない。楽しい作品の数々は帰国後それぞれ友人知人たちのもとへ。それぞれの楽しみ方をしていてくれるかしら・・・

オリナラ漆器はゲレロ州オリナラ村の伝統工芸品。細かな動植物の模様が特徴。


I bought beautiful pieces of ceramic ware made by Javier Servin, which are getting known worldwide in recent years. Ceramica Servin is in Tarandacuao, Guanajuato State of Mexico.

Olinalá lacquer ware is the traditinal industrial handicrafts of Olinalá Village, Guerrero State, the state where Acapulco is.

Both the Javier Servins and Olinalá trays may be settling nicely at our friends' and acquaintaces' home by now in Japan.

by magnifika | 2013-05-14 21:36 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 13日

アカプルコ-5 民族舞踏 Acapulco, Mexico-5 Mexican Folkloric Show

6月11日(月)
Mon. June 11


e0140365_03950.jpg


出港前のローカルショーはメキシカン・フォルクロリコ・フェスティバルというグループのメキシコ民族舞踏。あでやかな衣装とメキシコ独特のマリアッチのリズムで出港前のひと時心が高揚する。

みなさまにも楽しんでいただこうと、動画も載せてみました。よろしければ・・・各イメージの上の矢印をクリックしてお楽しみください。

Acapulco's local show was the stage of "Mexican Folklorico Festival ". Their bright-coloured costumes and lively Mariachi music was the wonderful farewell show. The time for us to say good-bye to Acapulco, the last port of Latin America, was around the cornor.

I hope you would enjoy the stage in movie by clicking on an arrow on the image.

マリアッチの楽団 Mariachi Group














2006年メキシカン・フォルクロリコ・フェスティヴァル  Mexican Folklorico Festival 2006

by magnifika | 2013-05-13 00:23 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 12日

アカプルコ-4 港界隈 Acapulco, Mexico-4 Harbor Area

6月11日(月)
Mon. June 11

船のデッキからのフォトスケッチ Photo Sketches from the ship deck

サンディエゴ要塞 港から通りひとつ隔てたところにある要塞。空から見るととてもきれいな星形をした要塞
Fuerte de San Diego across the first street from the Portwhose shate is of a star if looked from above 

e0140365_19481099.jpg



e0140365_19583114.jpg



船を下りてターミナルを出たところにあるレイナ公園とその先のオルノス・ビーチ Parque de la Reina, Terminal Maritima, and Playa Hornos
e0140365_19522545.jpg



e0140365_19531345.jpg



e0140365_1956849.jpg


カニを取る土地の人たち Grabbing crabs for dinner?
e0140365_19565120.jpg



ターミナル内のコーヒーハウス Coffee shop in the Terminal
e0140365_201282.jpg



e0140365_202980.jpg



e0140365_203546.jpg



e0140365_204047.jpg


by magnifika | 2013-05-12 20:07 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 12日

アカプルコ-3 街を歩く:壁画 Acapulco, Mexico-3 City Walks: Murals

6月11日(月)
Mon. June 11

ラ・ケブラータ通り市役所前の道路下トンネルの壁画群
The murals along La Qubrada street under the road in front of the City Hall 
e0140365_0464811.jpg



e0140365_0481499.jpg



e0140365_0485129.jpg



e0140365_0494237.jpg


今回、港周辺で仕事をする人が口々に言っていたことは、アカプルコの経済の悪化。今までアカプルコに入港していた大型客船が、カリブ海のクルーズ人気とともに皆カリブ海側の港に入港してフロリダ方面に行ってしまうので、ASUKA IIの入港が半年ぶりの大型客船の入港だというのだ。子供の進学費用もままならなくなりつつある、と嘆かれる。せいぜいお財布の許す限りのお買い物をして参りましょう・・・

この前、2006年7月23日に訪れた時もメキシコは大統領選挙の年であった。2006年7月2日の大統領選挙で、ライバルである民主革命党のロペス大統領を微妙な票差で破り、カルデロン氏が勝利した。

今回も街中でたくさんの選挙運動のビラを手渡されたが、候補のペニャニエト前メキシコ州知事の優勢が垣間見えた。帰国後知ったが7月1日の投票結果はやはり制度的革命党(PRI)のベニャニエト氏(45)の勝利となった。

カルデロン氏の敗因は、強硬な麻薬組織撲滅政策の過程で多くの死者を出して失敗したこと、失業率の悪化、メキシコペソの弱体化などが挙げられている。新たな大統領の元で人々が良い日常を欧化できる日が実現されますように・・・

We heard a lot of local people around the port complaining a downturn of economy. Big ocean liners that used to come to Acapulco have shifted their cruising area to the Caribbean side. They say ASUKA II is the first big ocean liner visiting Acapulco. One of the workers said he was wondering if he should allow one his sons to go to university.

It is the year of the presidential election in Mexico. The upcoming election day is July
1. We got many campaign handouts on the street, which we still keep. Through the impression in the town, We felt that present Mexico State Governer PenaNieto (PRD) might win over President Calderon, who was elected President in 2006 when we visited here last around this time of the year.

We came to know later that Mr. PenaNieto was elected President, who is rather so young as 45.

Mr. Calderon, they say, failed in wiping out drug trafficking, stopping the lowering unemployment rate, and downturn of Mexican Peso. Especially on the process of exercising strong force to get rid of drug trafficking, some tens of thousands died.
I hope new President will be successful in implementing his pledges.

by magnifika | 2013-05-12 00:51 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 11日

アカプルコ-2 街を歩く:ソカロ  Acapulco, Mexico-2 City Walks:Zocalo

6月11日(月)
Mon. June 11

タスコの銀山に行くつもりでいたが、少し疲れも出てきていたのでアカプルコはのんびり過ごすことにした。以前訪れた折に、ほとんどの観光スポットを歩いてしまっていたので、きょうはぶらりと旧市街を歩いてみよう、ということに。

We changed our first plan to visit Taxco, a town of silver mining as we felt a little tired. As we visited most of the tourist spots last time we were here, we decided to enjoy taking a walk in the old quarters of the city.

土地の人たちの生活が垣間見えるソカロ(中央広場)
Zocalo, Central Square, is the place you can see local people's life
e0140365_22375721.jpg



e0140365_22383468.jpg



e0140365_22391056.jpg



ソカロにあるカテドラル Cathedral at Zocalo

ソカロには美しい聖堂があって善男善女が立ち寄っては祈りをささげてゆく。木陰には物を売る人、休息を取る人、楽しく買い物をする人、遊ぶ子供たち・・・そんな日常の生活が、聖堂の前の広場に繰り広げられていて見飽きることがない。

People just stop by at the beautiful Cathedral facing Zocalo, the Central Square. In the shade of big trees, people gather・・・people who sell things, buy them, have a break,and there is carefree laughter of children playing. Such ordinary sights of their life never bore me.

e0140365_22484554.jpg



e0140365_22491379.jpg



e0140365_22494177.jpg



e0140365_2250258.jpg



e0140365_22504373.jpg


by magnifika | 2013-05-11 22:59 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 11日

アカプルコ-1 入港  Acapulco, Mexico-1 Arrival

6月11日(月)
Mon. June 11

e0140365_1033092.jpg



e0140365_1034917.jpg



左にオルノス・ビーチを望む。その海岸沿いの奥が新市街。The Hornose Beach on the left with the new city area at the far end of the sea line.
e0140365_10345134.jpg



メキシコ民族舞踏団が埠頭まで歓迎のあいさつに Mexican Folkloric group for welcome greeting to us at the pier
e0140365_10353382.jpg



巨大なコンテナ船がASUKAIIの後ろで新車の積載作業中  A huge cargo ship behind our ship, busy with loading cars
e0140365_10361315.jpg



早朝5:00ごろからアカプルコの灯が視界に入ってくる。宝石をちりばめたような地形のフォルムが少しずつ少しずつ近づいてきて、5:30には土地のパイロット船が水先案内をし始める。入港はいつもクルーズにしかない一つのドラマの幕開けのようである。デッキに出ると昨日とは異なる空気、音、香りなどが五感を通して伝わってくる瞬間。アカプルコは灯がきれい!

In the early morning, around 5:00, Acapulco shaped with thousands of jewelry-like lights started gradually coming closer. At 5:30, a local pilot ship approached our ship to guide us. Entering the port is alway like an overture of a stage special to a cruise. You go out to the deck, and that is the moment we feel through our five senses the different air, sound, scent, from yesterday's. Acapulco's lights are pretty, one of the very best in what I saw.

by magnifika | 2013-05-11 10:37 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 10日

メキシカン・デッキ・ディナー Mexican Deck Dinner

6月10日(日)
Sun. June 10

明日にメキシコ、アカプルコ入港を控えて、夕刻から「メキシカン・デッキ・ディナー」が開催される。プールサイドはすっかりメキシコの雰囲気にしつらえられている。メキシコの歌手マウロ・カルデロンとマリアッチのトリオ・バガブンドスが乗客を海上にいながらにしてメキシコのど真ん中に誘う。

Mexican Deck Dinner was held in the evening prior to arrival at Acapulco, Mexico, tomorrow. The pool side party site was full of Mexican atmosphere with Mexican dishes and music. We had Mauro Calderón, a Mexican great singer and Los Vagabundos, a trio Mariachi group. Their music brought us to Mexico on the ocean.

e0140365_2335331.jpg



マウロ Mauro
e0140365_23355350.jpg



バガブンドスの面々 The Vagabundos
e0140365_233714.jpg
 


e0140365_23375361.jpg


by magnifika | 2013-05-10 23:41 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 09日

エルニーニョ&ラニーニャ誕生の海 The Birthplace of El Niño & La Niña

6月9日(土)
Sat. July 9

e0140365_21231021.jpg
パームコート(11階ラウンジ)の中央でいつもで静かに竪琴を奏でる彫刻像: 富永直樹作「天国への賛歌」
"Paean for Heaven" a bronzえ statue by Naoki Tominaga playing the harp at the Palm Court Lounge on the 11th floor

e0140365_21323639.jpg

 
昨日19:00過ぎプンタアレナスを出港し今朝はニカラグアとの国境沖を航海中。
天気は晴。東北東の風が15mと強いが波は1.5mと静かである。太平洋はいつも東風が吹いている。

この海域の海水温が12月ごろ上昇する現象を「エルニーニョ」という「。ちょうどクリスマスごろに起こるのでエルニーニョ(男の子、イエス・キリスト)と呼ばれるそうだ。この現象は長期にわたりオセアニア、アジアの気象に大きな影響をあたえる。日本では梅雨が長引き、暖冬となる。

これに対しここ東太平洋海域の温度が下がると「ラニーニャ」現象が起こる。日本海の豪雪地帯は大雪に見舞われ厳しい冬となる。

We left Puntarenas at 19:00 yesterday and now are cruising off the border between Nicaragua and Costa Rica. The east wind is a little strong as always in this area of the sea, but it is fine and the sea is rather calm.

This is the birthplace of El Niño and La Niña. They named the phenomenon of the rise in sea water temperature in the area El Niño as it happens around Christmas. It gives big influence for a long period on the climate of the Oceanian and Asian countries. In Japan we have a longer rainy season and warm winter due to El Niño, and viceversa when the temperature fall invites La Niña.

by magnifika | 2013-05-09 21:23 | クルーズ/Cruise
2013年 05月 05日

コスタリカ プンタアレナス Puntarenas, Costa Rica

e0140365_1251642.png


6月8日(金)
Fri. June 8

07:00 ニコヤ湾にあるプンタレナス客船大桟橋入港  Muelle de Cruceros, Puntarenas, in Golfo de Nicoya
e0140365_0285091.jpg


e0140365_0301984.jpg



アエリアルトラム(ゴンドラに乗って熱帯雨林を観察できる)への途中タルコレス川の橋の上から見たアメリカワニ(およそ4m)6頭目撃
About 4-meter alligator in the Tarcoles River viewed from the bridge on the way to Aerial Tram to tour the tropical rain forest from above There were 6 of them。
e0140365_0303935.jpg



手塚治虫氏の「火の鳥」のモデルにもなったという世界で最も美しい鳥「ケツァール」に出会えることも・・・と少し思いながらアエリアルトラムの乗って On the Aerial Tram vaguely expecting to see a quetzal, the most beautiful bird in the world, if I am lucky enough
e0140365_0373349.jpg



e0140365_0382381.jpg e0140365_0391822.jpg











e0140365_0411354.jpg e0140365_0415982.jpg












e0140365_0423371.jpg e0140365_0431356.jpg












e0140365_0444367.jpg




e0140365_0514592.jpg




e0140365_112870.jpg



残念ながらケツァールにはお目にかかれなかったけれど珍しいカエルや鳥たちを目にすることができた。
I could not see a quetzal this time, but luckily saw a very rare frog and other birds.


ロス・スエーニョス・リゾートは素晴らしいビーチとヨットマリーナ、そしてゴルフ場のある素敵なリゾート
こちらでランチ いつかゆっくり訪れたい場所の一つ ガージョ・ピントが美味でした。
Lunch at Marriot Resorts Hotel Los Suenos with a beautiful beach, an international yacht harbour, and a golf course, the place I would like to come back some day
e0140365_0541273.jpg



e0140365_0542158.jpg



e0140365_055521.jpg



e0140365_056143.jpg


e0140365_0564462.jpg


e0140365_0572357.jpg



海岸からのわれらがASUKA II Our ship, ASUKA II viewed from the beach side
e0140365_0581672.jpg



e0140365_0585312.jpg



桟橋と陸を結ぶトロリー A trolley to connect the landing pier and the peninsula
e0140365_0593734.jpg


日本はコスタリカから多くを学んできた。まずはエコツーリズム。これは多くの国がコスタリカをお手本にしている。いわばエコツーリズムの先進国。国土の30%は緑に覆われ、850種の野鳥類、200種の哺乳類、110種のコウモリ、137種の蛇(うち22種の毒蛇血清を輸出)・・・およそ30,000種の生物がこの地に棲息している。
でも何より私が羨ましかったのは、マンゴが大きな箱一箱で3米ドルと知った時。迷いに迷って日本で500円のマンゴを購入し大事に抱えて帰宅する自分に憐れみを感じてしまった瞬間でした。

また小選挙区比例代表並立制を「コスタリカ方式」と命名し、かなり内容が異なってしまったものの、その導入をしている。コスタリカの人口は430万人、国会議員の総数は45人。日本は12000万人、国会議員の総数はなんと722人。何かおかしい・・・

コスタリカは常備軍を持たない中立国で、軍の維持に使う国費を教育、福祉に回し国公立大学までの教育と全ての福祉無料という政策を実施している。そのため識字率も高く海外からのインテルなどハイテク産業の投資を呼び込むことに成功して、質の高い経済メカニズムを維持している。しかし労働人口が一番多いのはやはり観光関係とのこと。中南米地域でのクーデターの心配もいらない数少ない国である。しかしどこに悩みはあるもの。首都サン・ホセ界隈では麻薬がらみの犯罪が年々増えているという。中米という立地のジレンマがうかがえる。

Japan has learned a lot from Costa Rica, first of all, ecotourism as well as many other countries have. Costa Rica is very advancing in this field. Thirty percent of its land is covered with green and has 5 percent of entire world fauna and flora. It has 850 species of wild birds, 200 species of mammals, 110 species of bats, and 137 species of snakes, the serums produced out of 22 species of which are exported. The land is home for some 30,000 species of living things.
What made me very jealous of them, though, was when I came to know that a big box of mangos cost only US$3.

We, the Japanese Diet introduced electoral system of single‐seat constituencies and proportional representation from Costa Rica, although the content is pretty far from that of the Costa Rica’s original concept. Costa Rica’s population is 4,300 thousand and the number of the assembly representatives is 45, while Japan has 722 to the population of 120 million. 

Costa Rica has no armed forces and is a nutral nation. Instead of spending tax for arms, they spend it to enrich the content of education and welfare. As a result, education at public schools and universities, and welfare expenses are free. Literacy rate is high and that invites many high-tech industries to the country. Intel is one of them. Accordingly the jobless rate is very low and the economy is stable. They do not have to worry about the outbreak of a coup d'etat. But every country has a headache. For Costa Rica, that is an increase of drug-trafficking and drug abusers in the area of its capital city San José.

by magnifika | 2013-05-05 01:13 | クルーズ/Cruise