人気ブログランキング |

My Gallery

magnifika.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 30日

ファン・デ・フカ海峡 Juan de Fuca Strait

6月19日(火)
Tue. June 19

e0140365_0263945.jpg



e0140365_027914.jpg



右舷アメリカ、左舷カナダ
e0140365_027355.jpg



e0140365_0275656.jpg



サンフランシスコ出港の日はたまたま「父の日」で男性諸氏には飛鳥IIのスタッフからゴディバのチョココーティングのクッキーのボックスが手渡されて、その日は各氏が船の若々しいスタッフたちの「お父さん」 楽しい雰囲気が広がる。

昨日18日は、気温もぐんと下がり12℃、海水温は9℃。サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフで昼食に食べたカニがいけなかったか、パートナー3Gにとっては惨めな航海の一日となるも夕刻には回復。サンフランシスコで交代乗船の副船長のテーブルでフォーマルデイの楽しいのディナーテーブルを囲む。
またこの日のエンターテインメントはアヴナー・アラッドさんというピアニストの本格的なショパンの夕べで、コンサートはスタンディング・オベイションとブラボーで拍手が鳴りやまなかった。素晴らしい演奏家を招いてもらったASUKA IIのスタッフに心底感謝したものである。

今日も気温は11℃で、船上はみなさんセーターを着用し始める。デッキに出るときは真冬のいでたちでも寒い体感である。米国の東海岸沖合は鯨の保護策のため一定区間航行速力10ノット以下に制限されている。静かに航行する船を囲む海上にはあちこちにクジラの潮が吹きあがる。

19:00ごろからいよいよアメリカとカナダ間のファン・デ・フカ海峡に入る。右舷にアメリカ側のオリンパス山、
左舷にバンクーバー島の先端ヴィクトリアが同時に見られる海峡で、前方にはカスケード山脈が望める。

The temperature dropped drastically to 12℃. My partner 3G was not feeling well and spent a miserable day yesterday. We had gorgeous crab lunch at the Fisherman's Warf restaurant in San Francisco. Probably something did not suit him. By the time we had to dress up for a formal evening, he recovered and enjoyed wonderful dinner table of our newly embarked co-captain, and later a piano concert of Chopin by pianist Mr. Avner Arad. The concert ended in standing ovation and long-lasting applause.

The temperature stayed around 10℃ this day, too. The passengers started to wear winter outfit. Out on the deck, we needed something like a down coat.

The speed of the ship cruising along the east coast of North America is ristricted up to 10 knots as one of the measures to protect whales. While cruising gently, we saw whales spout many times.

Around 19:00, we approached Juan de Fuca Strait, the strait between Canada and America. On the right is Mt. Olympus, America, and on the left is Victoria, the tip of Vancouver Island.

by magnifika | 2013-06-30 00:29 | クルーズ/Cruise
2013年 06月 21日

サンフランシスコ 2日目フォトスケッチ 水族館など Photo Sketches of the Second Day in SF

6月17日(日) サンフランシスコ 2日目 朝のジョギング・水族館・出港
Sun. June 17 The Second Day of San Francisco

6:00 フォートポイントまで海沿いをジョッギング&ウォーキングし折り返す。  Started jogging along the bay coastline up to the Fort Point and back for breakfast at the Ship.
e0140365_0221737.jpg


フォート・ポイント Fort Point  
e0140365_0374630.jpg


10:00 「アクエリアム・オブ・ザ・ベイ」 Aquarium of the Bay
e0140365_0293271.jpg



e0140365_0231751.jpg



e0140365_025479.jpg e0140365_0263992.jpg










e0140365_02723.jpg
e0140365_0285916.jpg


e0140365_0455849.jpg
e0140365_0471011.jpg



21:00 霧の中をバンクーバーへ向け出港 Departure in the fog for Vancouver
e0140365_0585689.jpg

e0140365_0585349.jpg

e0140365_0594511.jpg

e0140365_10890.jpg



Sayonara, San Francisco!

by magnifika | 2013-06-21 01:04 | クルーズ/Cruise
2013年 06月 13日

サンフランシスコ夕景 Evening Views of San Francisco

6月16日(土) サンフランシスコ停泊
Sat. June 16 Overnight in San Francisco

部屋のバルコニーにて迫りくる夕暮れを眺める
Watching dusk gathering at the cabin balcony


e0140365_225932100.jpg



e0140365_2312051.jpg



e0140365_2322097.jpg



e0140365_233022.jpg



e0140365_2333588.jpg



e0140365_234761.jpg


何度か訪れているサンフランシスコだが、今日はほんとうに美しいと思った。人工の街と自然とが黄昏の色彩の中で完璧な調和を見せていた。飲み物を片手にバルコニーで無言で長時間、私もその調和の一部になったかのような時間に恵まれた。謙虚で素直な気持ちに包まれながら・・・

In the evening, I was in the stunning dusk at the cabin balcony with a glass of drink. I thought San Francisco was a beautiful city in the past several visits, too. But the beautyiful coloration this time carried me away into a strange feeling as if I were a part of an exquisite harmony of its nature and artificiality . The time wrapped me magically with a modest and gentle feeling.

by magnifika | 2013-06-13 23:08 | クルーズ/Cruise
2013年 06月 13日

サン・フランシスコ 乗物2種 Two means of Transportation in San Francisco

6月16日(土)
Sat. June 16

e0140365_1381994.jpg



e0140365_1384549.jpg



キャデラック・ショールーム=ドン・リー・ビルディング Cadillac Showroom [aka Don Lee Building]
e0140365_1393719.jpg



e0140365_1401150.jpg


キャデラックビルの名物「ゴールデン・ベア」 Golden bear statue on Cadillac Building
e0140365_1404958.jpg



e0140365_1413341.jpg



Our ship, ASUKA II
e0140365_1421138.jpg



e0140365_1423834.jpg



早速、すがすがしい午後を楽しもうと外出。タクシーを待っていると自転車の後ろに客席を取り付けた乗物のハンサムな青年から声をかけられ、交渉成立。30ドルでユニオン・スクエアまで。土曜日で静まり返ったフィナンシャル・ストリートにはさわやかな6月の風が吹き渡り、一味違った乗物を選んで大正解。ユニオン・スクエアまで20分ほどで到着。

ユニオン・スクエア近くの専門店でパートナーのおもちゃさがし。しかしお目当てのものが入手できず、その店で郊外のショップに「ミュニ・バス」38番に乗っていってみたら、とすすめられる。「ミュニ・バス」ははじめて。バス停で戸惑っているとやさしいサンフランシスカンがあれこれルートマップを調べてくれ、バスの運転手さんにも行き先を確かめてくれ、乗り方も教えてくれた。ミュニ・バスは乗車時2ドル払えば90分以内なら何度でも乗り換えられる。乗り換え降車時トランスファー・チケットを必ずもらって、と丁寧な説明だったので戸惑うことがなかった。またどの運転手さんもとても優しい。

パートナーの求めていたものは結局郊外店にもなかったので、面白くなってきたミュニ・バス乗車でいくつも乗り継ぎVan Nessに到着。Van Ness 1000番地には有名なキャデラックショールーム=ドン・リー・ビルディングがあるのでそれを見て、またミュニ・バス47番に乗りフィッシャーマンズ・ワーフへ。ピア39の通りを夕風に吹かれて船に帰る。

We took a bike-ricksha pedaled by a young man from the port to the Union Square. The June breeze was very pleasant under the blue SF sky while going through the empty Saturday Financial Street to the Square. Only 20 minutes and US$30 took us to the destination.

My partner wanted something at a specialty store near the Union Square. But they did not have one and advised him to visit a store in the suburb by taking a muni bus No.38. It was a very first time for us to use a muni bus. At the bus stop, we might have looked bewildering when a San Franciscan lady kindly asked us, "Which bus are you taking?" Then she checked the route, told us to pay two dollars each to the driver, that enables us to transfer as many times as we need in 90 minutes, but not to forget to get a transfer ticket when getting off, and finally made sure of No. 38 when a bus came. We gained confidence and enjoyed muni bus rides transferring a few times, although my partner could not get what he wanted at the suburb shop, either.

We even transferred to Van Ness and went to famous Cadillac Showroom Building [aka Don Lee Building] built in 1921. and took muni bus No.47 to the Fisherman's Wharf. In the evening breeze, we walked back to the ship through Pier 39.

P.S. パートナーのおもちゃ/My partner's toys
他の人と同じく耳は2つしかないのになぜ何十個も必要なのかしらん・・・
My partner has only two ears as other people do.
I always wonder why he needs some tens of them.

e0140365_1482149.jpg


by magnifika | 2013-06-13 02:04 | クルーズ/Cruise
2013年 06月 10日

サンフランシスコ入港 Golden Gate Bridge, SF

6月16日(土) ゴールデンゲート・ブリッジをくぐりサンフランシスコ入港
Sat. June 16 Entering the Port of San Francisco

e0140365_23512929.jpg



e0140365_23521357.jpg



e0140365_23522797.jpg



e0140365_2353260.jpg



e0140365_2354272.jpg



e0140365_038350.jpg



アルカトラス通過 Passing Alcatraz
e0140365_01060.jpg



e0140365_012090.jpg



SFのパイロット船
e0140365_031112.jpg



キャプテンたちの多忙な時間 Busy for controlling
e0140365_054927.jpg



e0140365_063352.jpg


毎日のようにイルカの跳躍やクジラの潮吹きなどを眺めて過ごすうちに、アカプルコを出港して6日目、14時入港予定であったが、後方よりの速い潮流で3時間以上早く9:45にゴールデンゲート・ブリッジをくぐり、10:40サンフランシスコに着岸。よく晴れて霧の都らしからぬ美しい朝の入港。

11:10 入国審査の係官が乗船(サンフランシスコではたいていのポートと同様、船内で入国審査が行われる。(ニューヨークなどは下船してターミナル内で延々と指紋、虹彩、書類、面接が行われる。) 結局ここでもすべての審査を終えて外出可能になったのは13:30頃。こういうことが当たり前の時代となっているが、その方が本当は異常なのだ。純粋に旅を楽しみたい人々が、いったんはあたかもテロリストか犯罪者のようにあつかわれるのだから。

While we enjoyed watching dolphins following our ship and whales spouting day after day, the ship went on cruising and brought us to San Francisco after 6 days from Acapulco. The scheduled arrival time was 14:00 but the current from the back of the ship was unexpectedly rapid and we were under the Golden Gate Bridge so early as 9:45. We anchored at the Pier 35 at 10:40. The weather was beautiful. There was no sign of noted fog at all.

At 11:10, immigration officers got onboard for clearance of the passengers just as at most of other ports, but not like N.Y. There we disembark and must make a long line in the terminal building for individual checkups of the finger prints, irisea, passports, plus a direct interview with one of the officers.

After all, here in San Francisco, we were free to go out finally around 13:30. How much I miss the days of easier travels before so many hijacks and terrors took place.

by magnifika | 2013-06-10 00:08 | クルーズ/Cruise